« ミラクルペイント、六番勝負。 | トップページ | 訃報。飯田馬之介さん、ご逝去。 »

はやくにんげんになりたい!

 『妖怪人間ベム』というアニメは、今となってはあまり知られていないでしょうが、放映当時は大人気だったようです。ようです、というのも、なにせ本放送は幼児のころだったのでよく覚えていないから。絵本見た覚えはあるのでアニメも見てたはずとは思ってたのですが(OPはうろ覚えだけど覚えてた)、中学か高校のときに再放送されてそれを見てたときに母親に「子供のころもこれよく見てたわ」と言われました。

 お話。暗くどこともわからない小屋の中。実験機材の中からドロドロした液体がこぼれ、それが増え分裂して生まれた三つの生き物。稲光に振り返るその顔は怪物の顔だった! そんな妖怪人間がベム、ベラ、ベロ。姿形は醜くとも正義の心を持ち、人間になる方法を求め悪人や悪霊を退治しつつ旅をする。

 初の完全DVD化だそうです。発売元ビクターの公式サイトはこちら。以前にもDVD化はされてますが、なにせ放送禁止用語がバンバン出てくる作品なせいか、セリフが消えてるのは当然のこと題名やタイトルロール含めかなりの修正が加えられていたという話。修正無しなのは、初期のLD-BOXやVHSのセルビデオくらいだそうです。それもあってか今回は初回放送('68年)オリジナル版という文句がついてるわけです。

 問題は限定品で2万6千円ほどという価格と12月発売か。早すぎる。ほんと懐具合が厳しいのよね……。もっともamazonでも既に予約開始されていて、そこはamazonですから当然26%引きというお値段。安いんだよね……。しかも数量限定生産品は指人形がついてるくらいで2万切るのがせいぜいだけど、通常版BOXは元が二万円ほどなので15,325円。これならまだ手が出る価格です。

 なにせいくら無修正でもそもそものアニメの出来はそう凄いものではないので(お話としてはよくできてるものもありますし、怖いアニメとしては希少)、あまり高いと観てがっかりする可能性もある作品(笑)。絶対お勧めとは言い難いですが、この手の一旦修正されたものがオリジナルで出る可能性なんてまずありえないご時世だけにコレクターとしては悩むところです。正直それほど売れるとも思えないのでしばらく放っておいても大丈夫かもしれませんが、本当にオリジナルのままなら、いつなんどき発売中止にならなくもないもんなぁ……。

 ああ、もう一つ悩ましいのが、PSP-3000のモンスターハンターモデルの在庫が今になってamazonで復活してること。いやもうほんとに金ないんだけどさ……どうしたもんかと悩んでるすきに、またキエター(笑)


 追記。
 今公式サイト見てたら期間限定壁紙配布してました。しかし中を見ると1280×1024が最大……1980×1200とは言わないがせめてフルHDサイズまではおいとくべきだと思いますー。

 なんか三人のキャラでツイッターも流れてますね。聞いたことのある気がするので、どうもシナリオからランダムにセリフ抜き出してるようです。しかしベラのセリフがなんともなー(笑)。初代ツンデレかい。

 さらに追記。

 幼児のころ見たはずと書きましたが、よく考えたら本放送はまだ1歳にみたないので、多分見てたのも再放送ですね。田舎ですし一年くらい遅れての本放送だった可能性もないとはいいませんが。

 幼児期の『妖怪人間ベム』について今でも覚えてるのは、小学校に上がる前の多分3、4歳のころに近所の歯医者だか耳鼻咽喉科だかに行った際に待合室でベムの絵本を見てた思い出。それ以前からベムについて知ってたかどうかははっきりしませんが、初めて知ったという感じでも無くそこで面白く読んでた記憶はあります。ただ幼児期に読んでた漫画雑誌などでは特に漫画のベムの記憶はありません。あきらかにアニメの絵の記憶しかないので、絵本とかTV雑誌のカットくらいしか見てなかったのかも。

 その後中学か高校のころだかの再放送時期には既に内容も知っていましたが、多分雑誌等での知識でしょうね。当時は映像を見る機会はほぼなかったですし(TVの思い出番組で数カットくらいは見たかもしれない)。もっとも映像自体の古い記憶、OPだけはありました。歌もうろ覚えでしたが、最初の方と後ろと1/3くらいはなんとなく歌えてましたね。劇中のイメージはほぼ覚えてなかったけれど、これはやはり幼稚園ころに再放送で見てたのかもしれません。当時のこの手の番組の思い出は『ジャイアントロボ』かウルトラシリーズくらいですが、あちらほど本編の内容覚えてなかったのは好みの問題かな? 小学校に上がるころからは最低でも番組を見た記憶くらいは残ってるんですが。

 子供のころのイメージだと少年型のベロよりもやはり大人型のベムが、タイトルにもなってるだけあって主人公というイメージでした。もっとも絵本や実際に本編見るとベロのほうが主体の話が殆どですが。そういえば当時は覚えてませんが、後々もよく問題視されてたのは主役三人が人間に化けてるときも怪物のときも三本指ということ。いわゆる奇形なわけですが(そもそも人間じゃないのでどこが問題だと思うけども、人の姿をとっているとそうは思わない人は多いわけです)それもあって修正を押しつけられたり古いアニメがビデオになりはじめた十数年ほど前から再放送あまりかからなくなったんでしょうね。『妖怪人間ベム』は以前にも復活させようという流れがあって、早期の続編が結局ぽしゃった後も、90年代には話をまったく変えた少年向けの未来を舞台にした漫画版『妖怪人間ベムRETURNS』が出たり(そもそもアニメ復活プロジェクトだったようですが漫画だけ出来た)、数年前にも完全新作アニメが出たりもしましたが、指が五本に変更されていました。
 子供心にも怪物姿は怖すぎましたが(キバとか口元がね)、三本指は特になんとも思わなかったなぁ。特に人間姿でも。異形ではあるがそれが特別な証でもあると認識してたんでしょう。漫画ではよくあること(指の本数じゃなくて)でしたし。ああ、ベラは別。あれの怪物姿はマジで怖かったワ(笑)


 おお、調べてるとこのDVD-BOX絡みでしょうか、ニコニコ動画の「フルアニMAX」という古いアニメ向けチャンネルで現在この元祖『妖怪人間ベム』を配信中とのこと。11/8から開始してたそうです。第1話と今週の配信分(毎週月曜日に配信。現在は第5話)が無料で、第2話からあとは期限切れから有料。ニコニコ動画も貼れるようになってるので、第1話だけ貼っておきます。本作を全く知らない人はこの機会に御覧あれ。タイトルがビデオ向けになってるので、これは編集版ですね……ということは今後はつながらないカットとか修正されたぶち切れセリフが出るんだろうなー。

 ついでに2006年に放送された新作アニメ『妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM』も。上記のリンク先のアニメワンから第1話が無料で視聴できます。元祖の設定を踏襲してますしキャラクターデザインも当時のものをブラッシュアップしたイメージで、アニメとしての出来はいいです。話はまあなんだ80年代の『ゲゲゲの鬼太郎』をちょっと思い出しますが。個人的にはOPがなぁ……元祖のもの使えばよかったのになー。人間時に5本指になってたり声優が違ってるのはしょうがないとも思いますが(小林清志さんのほうが好きだけど、井上和彦さんもいい演技でした)、歌とか音楽は昔のほうがシブくてよかったなぁ。
 元祖もアニメワンで配信してますね。同様に第1話だけ無料。ニコニコ動画だと今なら毎週配信時に無料なので、5話以降はニコニコで毎週見るといいよ!

 『妖怪人間ベム』に興味が出たなら、2007年に出版された『妖怪人間ベム大全』もお薦めします。製作時のことが詳しく載っていて、なかなか興味深い本です。

|

« ミラクルペイント、六番勝負。 | トップページ | 訃報。飯田馬之介さん、ご逝去。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやくにんげんになりたい!:

« ミラクルペイント、六番勝負。 | トップページ | 訃報。飯田馬之介さん、ご逝去。 »