« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

TVがきた。

 店の二階で昼寝してたら、階下の親父から電話。
 「TVが来るからすぐ帰れ」

 なんですとー?!

続きを読む "TVがきた。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報。飯田馬之介さん、ご逝去。

 アニメーション監督であり、漫画も描いていた飯田馬之介さんが11月26日14字36分に亡くなられました。
 大手ニュースではまだあまり流れてませんが、オフィシャルサイトアニドウのホームページでも公示されてます。2ちゃんねる系でもスレッドがたってますが、たしか最初に見かけたのは、どなたかのツイッターの言葉だった気がします(直にではなくて、ニュースネタ記事越しです)。

 死因は肺ガンだったそうです。享年49歳だったそうで、若すぎる。ここんとこ漫画アニメ関連のひとの早世が続きますが、本当に若い……まだ同世代というほどではないにしろ精力的に活躍されている年代の方が亡くなられていくのは、一消費者としても一ファンとしてもつらいところです。
 監督作品は(後半を受け継いだものだけど)『ガンダム第08MS小隊』くらいしかまともに見たことありませんが、その関連の漫画などは少しジブリっぽくもありながら独特のガンダムものでおもしろかったです。『タイドライン・ブルー』はいつかちゃんと観たい作品です。

 心よりお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやくにんげんになりたい!

 『妖怪人間ベム』というアニメは、今となってはあまり知られていないでしょうが、放映当時は大人気だったようです。ようです、というのも、なにせ本放送は幼児のころだったのでよく覚えていないから。絵本見た覚えはあるのでアニメも見てたはずとは思ってたのですが(OPはうろ覚えだけど覚えてた)、中学か高校のときに再放送されてそれを見てたときに母親に「子供のころもこれよく見てたわ」と言われました。

 お話。暗くどこともわからない小屋の中。実験機材の中からドロドロした液体がこぼれ、それが増え分裂して生まれた三つの生き物。稲光に振り返るその顔は怪物の顔だった! そんな妖怪人間がベム、ベラ、ベロ。姿形は醜くとも正義の心を持ち、人間になる方法を求め悪人や悪霊を退治しつつ旅をする。

 初の完全DVD化だそうです。発売元ビクターの公式サイトはこちら。以前にもDVD化はされてますが、なにせ放送禁止用語がバンバン出てくる作品なせいか、セリフが消えてるのは当然のこと題名やタイトルロール含めかなりの修正が加えられていたという話。修正無しなのは、初期のLD-BOXやVHSのセルビデオくらいだそうです。それもあってか今回は初回放送('68年)オリジナル版という文句がついてるわけです。

 問題は限定品で2万6千円ほどという価格と12月発売か。早すぎる。ほんと懐具合が厳しいのよね……。もっともamazonでも既に予約開始されていて、そこはamazonですから当然26%引きというお値段。安いんだよね……。しかも数量限定生産品は指人形がついてるくらいで2万切るのがせいぜいだけど、通常版BOXは元が二万円ほどなので15,325円。これならまだ手が出る価格です。

 なにせいくら無修正でもそもそものアニメの出来はそう凄いものではないので(お話としてはよくできてるものもありますし、怖いアニメとしては希少)、あまり高いと観てがっかりする可能性もある作品(笑)。絶対お勧めとは言い難いですが、この手の一旦修正されたものがオリジナルで出る可能性なんてまずありえないご時世だけにコレクターとしては悩むところです。正直それほど売れるとも思えないのでしばらく放っておいても大丈夫かもしれませんが、本当にオリジナルのままなら、いつなんどき発売中止にならなくもないもんなぁ……。

 ああ、もう一つ悩ましいのが、PSP-3000のモンスターハンターモデルの在庫が今になってamazonで復活してること。いやもうほんとに金ないんだけどさ……どうしたもんかと悩んでるすきに、またキエター(笑)


 追記。
 今公式サイト見てたら期間限定壁紙配布してました。しかし中を見ると1280×1024が最大……1980×1200とは言わないがせめてフルHDサイズまではおいとくべきだと思いますー。

 なんか三人のキャラでツイッターも流れてますね。聞いたことのある気がするので、どうもシナリオからランダムにセリフ抜き出してるようです。しかしベラのセリフがなんともなー(笑)。初代ツンデレかい。

続きを読む "はやくにんげんになりたい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラクルペイント、六番勝負。

 今回はVOCALOIDのPV紹介。

 初音ミクの持ち歌?の中に『ミラクルペイント』という曲があります。ポップで明るく実にいい歌なんですが、歌だけでなく後につけられた(作曲者たちではなく別のひとが)かわいいアニメもなかなかのもので、お気に入りのひとつ。
 セガのPSPゲーム『初音ミク Project Diva』でも選ばれて、ゲームオリジナルでPVも作られ、こちらもなかなかかわいいものでした。『Project Diva 2』にも収録されてるので、人気のほどがわかりますね。

 ところで、今年後半からニコニコ動画でVOCALOID絡みの動画はあまり見てなかったんですが、先日ひょんなところで紹介されていた動画をみて驚きました。『Project Diva 2』での動画によく似てるけど、モデルはあれ以上にかわいい、というかPSP解像度でないHD動画であれ並のモデルが動いていたからです。よく読むとフリーで3Dモデルの振り付けなどが簡単にできるMMDを使った動画とありましたが、いやそれにしても独自に作ったモデルが良すぎる。正直PSPデータからPS3でハイレゾ動画を表示できる「ドリーミーシアター」よりもずっと元のPSPのミクのイメージに近く、もはや市販品超える精度。とにかく一度御覧ください。

続きを読む "ミラクルペイント、六番勝負。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日買ったもの。BD三昧。

 amazonから二つの箱が到着。薄めのやつですが、片方は妙に重い。
 重いとおもったら、『涼宮ハルヒの憂鬱 初回限定生産 Blu-ray CompleteBOX』『魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st』が同じ箱に入ってた。別々に頼んだのに、珍しいこともあるもんだ。
 もう一方はPS3用ゲーム『Gran Turismo 5 初回限定版』でした。
 思えば今回はBDのディスクばっかだなー。

 いやもう、今月の出費は大きすぎる……。


 とりあえず『ハルヒBD-BOX』を開けてみる。特典の下敷きが誰か確かめるために。角川、BOXの特典として付けたのが、なんとSOS団の5人それぞれをメインにした下敷き(BDケースに入るA4版サイズですが)、の中のたった一人分。限定生産BOXなのに、5通りのうちたったひとつですよ? ふざけんな。まあもうほんとにしょーもないオマケですが、やっぱり誰かは気になるので開封。

続きを読む "今日買ったもの。BD三昧。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010検索ワードランキング

 Yahoo!japanが、自社の検索システムから2010年の検索ワードランキングを発表したそうです。
 集計は2010年1月1日から10月31日までのあいだ。

 おもしろいのは、全国の都道府県別に別れてて各都道府県をクリックするとその地域のランキング10位までが出ること。うちの県はこれに興味あったか、とか、あそこはこれが上位か、とか見られるわけですね。まあ地元としては、なんか無難なワードだったりもするんですが……地震速報が1位なのは地震あったからか……そんなにあったっけ? 四国四県も上位にあるけど東北などはトップに上がってるんで皆地震情報探すのにネットが一番と思ってるんでしょうね。南米の地震の影響もあるのかな。
 四国……香川の一位にはなんか笑ってしまいましたが、四国四県どこもあるか(笑)。教育熱心とはいえネット使うユーザーレベルで教育委員会ネタがどうしてこうも入る。他も見てると田舎ほど入ってるのかな、東京、大阪、愛知には入ってない。てか愛知は入試とか学業関連まったくないな。

 日本ではYahoo!が検索ではトップらしいですが、Googleのも見てみたいところですね。

 みなさんの地元はどんな具合でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オウルテック ガチャポンパッ!SMART OWL-ESQ35/EU

 先日、REGZA 26RE1用にHDDの外付けケースも買いました。今回はそれにまつわる話。

 REGZA用に買ったのがタイトルのケース、OWL-ESQ35/EU(B)です。最後のBはブラックの意味ですが、そもそもラインナップには黒しかありません。

 オウルテックはガチャポンパッ!というシリーズ名でずっと素のHDDを簡単装着できるケースを出していて、これはその中でも新しいほうのケースです。

 3.5インチHDDに対応する同シリーズはアルミのガワの中にプラスチックのトレー状の本体が入っていて、後部のロック用スライドスイッチを押して取り出します。トレーの両側にはプラのロック用レバーがあり、レバーを開いてからHDDを入れ奥の基盤の端子にスライドさせて接続、レバーを下ろして付いてるピンでHDDの側面の固定用ネジ穴をロックし、元へ戻してケーブルをつなぐだけで使用できます。ガチャポンパッとは、開けて入れてすぐ使えるという意味。この手のケースでは一二を争うほど簡単です。

 レバーとネジ穴を固定するピンはプラなので割れる可能性もありますが、今のところほぼ大丈夫。もし割れてきっちり固定できなくなってもトレー下にHDDのネジ穴に合わせた穴があるので(レバーのピンを切り落とした穴でも可)ネジで固定も可能。
 他にもトレーには8cmファンが付いていて外ケースの側面中央に開いてる丸穴のメッシュ部から吸気し、内部のHDDを冷やして前部等の隙間から排出する仕様なので、冷却性は抜群。大型ファンなのでわりと静かでもあります。省電力機能もあるため、PCやTVが電源OFFになれば自動的にこちらの電源も落ちます(電源ランプは切れずに点きっぱなしが基本)。
 電源スイッチは前面の丸い押しボタンで、ONにすると周囲の透明部分から緑の光がもれ(仕様により違いますが)アクセス時は点滅するようになってます。他にはバックアップ用に使う小さなボタンもあります。中に入れるHDDによってPATA専用かSATA専用、両用できる仕様もあるし、SATA用の中にはUSB3.0兼USB2.0向けやUSB2.0とeSATA両用(同時使用は不可)などの接続別の仕様もあります。

続きを読む "オウルテック ガチャポンパッ!SMART OWL-ESQ35/EU"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブースターは、いつも必要とは限らない。特に地デジでは。

 先日注文した「日本アンテナ CS・BS・UHF・VHF卓上型ブースター VB卓上型ブースターシリーズ VB-33CW」、ええい長いな、とにかくこれが到着したので、早速二階和室の壁から出した同軸ケーブルの間につないでみました。

 結論。一部効果はあったが、一部効果はなかった。

 ではなくて。BSへの効果はBSラインブースターよりもあったくらいですが(表記ではこちらのほうが利得は上)、地上波デジタルに対しては変わらないというよりアンテナレベル(前回強度と書きましたが、REGZAの表記名に統一します)が1か2ほど下がったくらいでした。
 ネットでブースターについて書いてた中でも、ブースターで強めても地デジのアンテナレベルが上がるとは限らないとありましたが、まさにそのケースに該当する結果に。BSに対してはどちらでも劇的な効果があったんですが──素直にラインブースターで満足しておけばよかったか。

続きを読む "ブースターは、いつも必要とは限らない。特に地デジでは。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

REGZA 26RE1の設置あれこれ。

 先日(父が)一階の食卓用に購入したTV、REGZA 26RE1。置くだけなら簡単ですが、実用にはいろいろと面倒なことをしなければなりませんでした──ので覚え書き。

 26インチの液晶TV。当然ながら大きめのわりにブラウン管とくらべてはるかに軽く、箱から出すのも楽でした。スタンドはオーバル型で特に角度調整などの機能もなく、TV本体を差してそのままネジ2本で固定するだけ。なのでプラスドライバーを用意しておく必要があります。サイズは1だったかな。
 本体のフレーム(ワク)やスタンドにはビニールが貼ってありますのでその後剥がしますが、REGZAのフレームは艶ありプラスチックなのでホコリ汚れが目立つのがネック。うちはスタンドのは剥がさず置いてますが、ホコリのついたフレームとの見栄えの悪さはどっちもどっちか(笑)

 前に置いてたTVは21インチのアナログTVでしたが、BSアナログチューナー入りだったのでアンテナはUV/BS分波器経由で接続してました。それで液晶TVにもそのままつなげます。電源ONしたあと、地域などの基本設定後、自動設定されたチャンネルを見ていきましたが、ここで最初の問題が。UHFなども同様ですが、特にBSの電波が弱い。二三のチャンネルがまともにつかないのです。

続きを読む "REGZA 26RE1の設置あれこれ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさの置き土産。

 ひさしぶりのJAXAの話題。

 はやぶさの遺した収拾カプセル、開けた当時は目に見える成果は見つからず少し残念でしたが、どうやら微粒子は入っていたようです。

 「はやぶさの微粒子はイトカワ由来 1500個成分一致」

 なかなか見つからなかったので、新たにへらを作ってそれでぬぐい、電子顕微鏡で観察といういかにもJAXAらしい経緯がなんというか微笑ましいというか。プレスリリースに詳しく書かれてます。

 いくつもの苦難にあいつつも乗り越え、開発者を喜ばせたはやぶさ。最後の最後までボーナスポイントつけてくれるとはなんと親孝行な。かかわった方々はうれしいでしょうね。おめでとうございます。あとは今後の計画に、またヘンな仕分け条件がつかなきゃいいんですが……。

 そういえば先日地元大学に國中さんらが講演に来られてたのですが、いけなかったのが残念です。はやぶさ映画も見られたのになー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WestanDigital WD20EARS-00MVWB0 ベンチマークテスト

 前回は購入のあらましと初期印象。今回は既存のHDといっしょにベンチマークテストです。

 ベンチマークはCrystalDiskMark3.0.0iを使用。
 以前のときよりバージョン上がってるので、他のHDDも試しました。
 時間節約のため、テストは100MBで。WDだけ1000MBもやってみました。

続きを読む "WestanDigital WD20EARS-00MVWB0 ベンチマークテスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちのHDDが単体でついに2TB超え。ついで?にTV購入。

 今回は、ついに2TBのHDDを購入した、という話。

 ちなみに前にHDD買ったのは2008年終わりのころなので、二年近く前ですね。日立(HGST)の1TBのHDDを買ったのでした。1TB超えは最初WestanDigitalのものを買って、いろいろあってHGSTのに交換してもらったのでした。2008年12月16日付けの日記に書いてあります。
 で、2009年頭にベンチマークとったって記事も書いてる。今までのHDD構成はこのころと変わってませんが、今回のHDDはこのとき外付けのガワに入れたHGSTの500GBと交換するつもりです。

続きを読む "うちのHDDが単体でついに2TB超え。ついで?にTV購入。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DVDドライブの不調は、3年前に既に通った道だった(私にも)

 前回の記事の終わりに、うちのパソコンでCDの読み取りが上手くできなくなってると書きました。
 あれからいくつか最近リッピングしたデータをヘッドフォンで聴き込んだり、CDを入れて聴いてみたりしてみたんですが、やはり不安定。ちゃんとリッピングできてたものもあれば、プチ切れしてるものもあり。どれもここ数日分です。

 で、買い換えのために現在のドライブの評判とか検索し、あと何か情報はないかと今のDVDドライブの情報を探していたところ、私が使っている「PIONEER DVR-112L」には一部ロットナンバーに製造時の不具合があって無償修理を行っているとありました。三年も前に。

続きを読む "DVDドライブの不調は、3年前に既に通った道だった(私にも)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Solatorobo ~それからCODAへ~』その3。特典。それからCODAへ

Pict7489_r5

 『ソラトロボ~それからCODAへ~』には、通常版と「コレクターズエディション」という限定版があります。わたしが買ったのは「コレクターズエディション」のほう。
 こちらの写真は表。

 パッケージはほぼA5版サイズで、外箱は縦194×横144×厚み35mmといったところ。書籍スタイルの紙製(革製ぽい下地は印刷)。紙は少しエンボス加工入ってるのか手触りもよし。もう一枚ぴらぴらの紙のカバー(写真左)が左側からかぶさってたので開けるときどう開くのかわからず、ビニール袋の上を開いたのは失敗だったかな。ビニール袋を捨てるひとには関係ないけど紙とか保存しにくいので。無理矢理ビニールに戻してます。

Pict7492_r5


 こちらの写真は裏。
 パッケージ本体のイラストはあちこちで使われてるけど、デザインとともに雰囲気はいい感じです。

続きを読む "『Solatorobo ~それからCODAへ~』その3。特典。それからCODAへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Solatorobo~それからCODAへ~』その2。感想と紹介。

 『ソラトロボ それからCODAへ』とりあえずクリアしましたので感想を。

 途中お金稼ぎも含めて、クエストをひとつ以外は一応クリア。で、クリアのセーブが約29分20秒。お金稼ぎとかせず、一通りでクリアするなら20数時間であろうと思います。アクションものとしてはこんなものかな。RPGと較べると少ないかも。制作3年のゲームとしては、どうだろう。DSですし、出来はいいだけに、短く感じないこともないですね。

 実際アクション含めて戦闘の難易度はそれほど高くないです。死にそうになったのは二回くらい。その二回は体力かなり削られてかなり危なかったけど、他はそれほどでも。ボス戦の前には必ずセーブポイントがあり、セーブポイントにアクセスすると体力回復するので、よほどアクションが下手でなければつまることはないでしょう。戦闘中には回復アイテムは基本使えませんが、機体のカスタム化の中に、体力が0になったときに自動で回復するアイテムがあるので、ちからとかのパワーアップの代わりにそれを付けておくことも出来ます(実際一度だけこれで助かったけど、なければないで他のパワーアップにスロットを回せるので、戦闘に慣れていればなくても大丈夫)。

 個人的には、久し振りにヘンに暗くもなく、考えすぎでもない、冒険を楽しんでプレイできたゲームだったかなと。まあ主人公の仕事とシステムからして基本お使い的なクエストが多く、人によっては単調でつまらないかもしれませんが、そもそもそういうものだと考えて設定やキャラを楽しめばいいのではなかろうか。あと戦闘で無駄に経験値集めしなきゃいけないRPGと違い、お金で買うアイテムは機体のカスタム用かおまけ要素のみなので、ストーリーをクリアするのに実はお金はさほど必要なかったりします。腕があればね。なければカスタムと後半の機体モード変更で多少なりともパワーアップするので(そこでお金がいくらか必要になるが)、それでなんとかしろと。そういうゲームでいいんじゃないですかね。

 以下、内容について。
 ネタバレは無しで紹介だけ。

続きを読む "『Solatorobo~それからCODAへ~』その2。感想と紹介。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚え書き。PS3用新型Bluetoothヘッドセット。

 アメリカのブログ記事ですが、SCEAからPS3向けの新型Bluetoothヘッドセットが発売されたようです。米amazonでは$49.99。ちなみに前機種は少し値引きされていて$39.99

 見た目は以前のSONY純正Bluetoothヘッドセット「CEJH-15002」のデザインを変更しただけのようですが、中身も少し違ってるみたいです。

 機能の変更点の一番はノイズキャンセリングが付いたことでしょうか。PS3で使う場合だけという条件付きのようですが(PS3側のソフトウェア処理か)。あとプロファイルが増えてるのか、モバイルフォン対応を最初からうたってますね。Bluetooth対応の電話機持ってるひとにはいいのかな。

 外見はよりスマートに、約30%体積を減らしてるとか。前のも大きさのわりには軽かったのですが、こんどはより軽いのかな。そのせいかわかりませんが、電池は連続通話時間が6時間と、前機種の8時間よりも減っています。まあわたしは今さらオンラインゲームで連続8時間は使わないと思いますが。

 旧タイプ持ってるので日本で発売されても買わないとは思いますが、一応覚え書きかいとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Solatorobo~それからCODAへ~ 「For LITTLE TAIL」から始まった。

 『ソラトロボ ~それからCODAへ~』は、サイバーコネクトツーが開発、バンダイナムコゲームスから10月28日に発売された、NintendoDS用のアクションゲームです。

 そもそもはサイバーコネクトツーがサイバーコネクトという名前だった13年前に、PlayStation用に発売したゲーム『Tali Concherto テイルコンチェルト』が始まりでした。

 当時人気絶調のアニメーター結城信輝がキャラデザインをつとめたのはなんと犬と猫の擬人化のような姿のキャラクターたち(原案はサイバーコネクト側)。まあ宮崎版『名探偵ホームズ』での犬ホームズ、ああいう感じの、もっと等身低くてカワイイタイプの獣人ですね。このイヌヒトとネコヒトの二種族がいて、分厚い雲の上、空に浮かぶ島々が国土という王国を舞台に、古代兵器の絡む冒険ドラマが展開する、アクションゲームでした。気球や飛行船での移動、『未来少年コナン』に出てきたロボイドのような、頭部がなくて肩の上に人が乗って動かすロボットたち。コミカルなキャラクターと3Dポリゴンで書かれたロボのガチなアクション。OPは当時としては出来のいいアニメーションで、綺麗な歌声とともに記憶に残るすばらしいもの。実にPSらしいゲームでありました。

 で、それから十数年、いつか続編をという気持ちはファンも制作者も同じでしたが、それがようやく今年、形になったわけです。なぜかDSで。それがこのゲーム『ソラトロボ~それからCODAへ~』です。

続きを読む "Solatorobo~それからCODAへ~ 「For LITTLE TAIL」から始まった。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »