« ぢしん、じしん。 | トップページ | 『ファミリー!』渡辺多恵子 イメージアルバム »

まぼろしのジャズシンガー 鈴木博

 きっかけは竹宮恵子さんの漫画『私を月まで連れてって!』のイメージアルバムの話。

 『私を月まで連れてって!』は、約30年(!)ほど前に竹宮恵子さんによって描かれた、SFロマンチックラブストーリー?漫画です。lラブコメと言うには少し違うし、実際はラブストーリーというよりシチュエーションコメディな気もしますが。ちょっと先の未来、宇宙飛行士のダンとまだ小さなニナとの年の差カップルの恋愛とその周りのひとたちのすこしSFですこしおかしな物語。

 まあ内容は今回おいとくとして、当時漫画のイメージアルバム製作が流行ってまして(今でもありますが、80年代のあのころが第一次ブームだった気がする)、竹宮さんの漫画からもいくつかイメージアルバムが作られていました。有名どころでは既に古典的名作だった『風と木の詩』でしょうが、当時大人気だったこの漫画もレコードになりました。私はこの漫画は雑誌連載追っかけるくらい好きで(「プチフラワー」というハイティーン向け?の少女漫画雑誌)、当然レコード(無論アナログレコードのLPです)も買いました。これがまた漫画のアダルトというかロマンチックなイメージも再現されていて、お気に入りのひとつになりました。テープに録音して随分聞いたものです。続きで二枚目も出ましてそちらも買いましたが、出来はいいものの、アルバムとしては一枚目が好きでした。

 というのも、特に今でも強烈に思い出す、タイトルの元ネタにもなった「Fly Me To The Moon」。それまでに私が聞いたことのあるのは明るく飛び跳ねるような女性ボーカルのものでしたが、これは男性ボーカル。しかも渋い低音でバラード調に歌われたもので、一発で虜になりました。ライナーノートで(竹宮さんのコメントだと思いますが)とにかく「Fly Me To The Moon」といえば男性ボーカルだと思っていたのでそういう指定をして、バラードでこれに凄く満足した……とかなんとか書かれていて、聞いて凄く納得しました。今でもこれに勝る「Fly Me……」を知りません。歌詞をそこそこ覚えたのもこれがあったればこそ。
 のちにフランク・シナトラが歌ったものが有名だと聞きましたが、実際聞いても歌いまわしなどあまり好みでなく(さすがに声はよいが)好きになれなかったのは、こちらがデフォルトになってたせいです。

 時代はCD時代に入り(このレコードが出た当時も既にCDはありましたがまだ初期でまともに売れてなかった)、その後アナログレコードからいくつかのイメージアルバムがCD化されましたが、このレコードは一向にCD化されませんでした。漫画も大人気のうちに終了したものの、元々大作とか大河ドラマというわけではないせいかそれ以後はすっかり忘れ去られ、今では古株の漫画ファンにしか通用しないものになったと思います。

 ただ5年前の2005年に、なんとこの漫画が完全版として全6巻で復活したのには驚きました。欲しかったものの、知ったときは既に刊行開始後、しかも当時金欠で結局買えませんでした。ところがしばらくして知ったのですが、単行本についた応募券で当時のレコードから数曲入ったCD-ROMが当たるプレゼントをやってたのでした。知ったときはすでに締め切りすぎてたので、泣けました……。

 正直探せばきっとLP残ってるんですが、保存状態はあまり期待できませんし(昔発掘したLPは沿っていて再生が難しかったことも)、なによりプレーヤーが今ありませんので買い直す必要があります。そんなわけで古いレコードはもう二十年以上聞いてません。

 さて、ことあるごとにあのイメージアルバムはよかった、男性ボーカルの「Fly Me To The Moon」は名曲だ、とか言ってるのですが、先日も某チャットでアニソン・ジャズの話からそのことを連想し書き込みました。で、ネットの時代ですから、どんなものだったかを知らせようとぐーぐるさんに検索してもらったわけです。そしたら、間のいいことに『私を月まで連れてって!』のイメージアルバムを詳細に書いていたブログ記事を見つけました。「いいやんの板橋音楽散歩」さんの2年前のこちらの記事です。ジャケットの写真から曲目から作曲家から歌手から、とうに忘れていた情報が全部書かれていたので参考になります。そこでようやく見つけたのが、大好きだった男性ボーカルが誰かということでした。

 長くなりましたが、それがタイトルの「鈴木博」さんでした。ネットにつながってない昔はまったく探せなかったものですが、今や簡単にわかるんだからうれしいことです。で、検索してみたところ、歌手の鈴木博さんが一人見つかりましたが、これまた間のいいことに去年彼のレコードのCD版が復刻されていました。これが唯一のCDとか(復刻前の初盤は自家出版だったみたい)。

 鈴木博 「Now In The Night」

 元のレコードは1982年11月の発売。先の『私を月まで連れてって!』が1983年3月とのことですから、ほぼ同じ時期に録音されていたのでしょうか。なんと鈴木さん、このレコード発売後、1984年に亡くなられているそうです。海での事故だったようですが、返す返すも残念。死亡原因や鈴木さんについては、こちらのサイトのページやそこからのリンク先、ジャズピアニスト「竹内晴美」さんのHPの「つぶやき」に詳しく載っていました(「つぶやき」内で鈴木博で検索するといろいろエピソードが)。にしても恩師が亡くなられて一周忌のさらに3日後に亡くなられるとは……。

 こちらに上げられていた鈴木さんの歌う「Tea for two」のYoutubeの動画を貼っておきますので、上のHMVのページの試聴版と共にその美声をお聞きください。

 「Tea for Two」は邦題「二人でお茶を」としても知られる古いジャズのスタンダードナンバーです。元はミュージカルの歌だそうな。誰のナンバーか忘れましたが、うきうきするようなアレンジのが大好きでした。鈴木さんのスローバラード風なのもいいですね。必要最低限なバックなども含め、「Fly Me To The Moon」とイメージがかぶります。

 オマケ。上記のページにも書かれてた邦画「卒業 The graduation 」の、鈴木さんの歌声が流れるラストシーンの動画もYoutubeにありました。まあ一応ラストシーンなのでネタバレということもあり、張らずにリンクだけにしときます。見るかどうかは個人の判断で(そこまでいうほど衝撃的なラストではなく、むしろ設定が分からないとフツーのラストに見える)。
 この映画は見てないし全く覚えてませんが、ラスト見ると雰囲気はよさそうな映画ですね。20年前に亡くなられた歌手の歌から企画されただけのことはあるなー。映画と鈴木さんのCDなどをからめて濃く書いているブログも見つけました。記事はこちら。ストーリーなど映画のネタバレがより激しいんで、そこを踏まえてどうぞ。記事の最後に追記されてるのは上のラストシーン動画。

 ちなみにここで歌われているのは映画『追憶』の主題歌として有名な「The Way We Ware」です(『追憶』の原題でもある)。主演のバーブラ・ストライサンドが歌って、レコードも表彰されたんでしたっけ。探しててペリー・コモの歌うバージョンも見つけましたが、悪くはないけど、鈴木さんのほうが好み。

 CD「Now in the night」は、当然注文しました。amazonに2点在庫が残ってたので助かった。既に発送されてるので、来るのが楽しみ。中古に無いこともないかもしれませんが、そんなのあてにできません。なにより新品で買う価値はありますし、手に入るなら新品で買ってこそという気もします。スタンダードナンバーばかりですし、ジャズとかよく知らないひとにもお薦めかと(私もそんなに知りませんし)。

|

« ぢしん、じしん。 | トップページ | 『ファミリー!』渡辺多恵子 イメージアルバム »

コメント

・・・イメージアルバム全盛期を見てきた者として一言(笑)

超人ロックのイメージアルバム(もちろん映画化前)でのことですが「Locke the superman」が「Locke the zuperman」となっていました。なんじゃこりゃ!?と思い、ライナーノートを読むと「Super」よりも強烈なのが「Zuper」だそうで・・・???(笑)
わかったようなわからんような(^◇^;)

・・・それからイメージアルバムというと「訳わからんもの」と自分の中に設定されています(笑)。
(「うしおととら」も・・・麻子がくどいし・・・「電影少女」はまぁまぁでしたねw)

投稿: 海♪ | 2010/10/24 12:33

 海♪さん、こんにちは。

 ありましたね、「ロック ザ ズーパーマン」。友人が買っていて、聞きました。正直ロックのイメージアルバムは後期のほうが音楽よかった覚えがあります。

 自分が買ったもののなかでもう一つよく覚えてるのは、渡辺多恵子さんの少女漫画『ファミリー!』のイメージアルバムです。アメリカはロスアンゼルスが舞台の文字通りファミリーものの漫画で、時折コメディタッチながらもしんみりするストーリーが根底にあって実に面白かったのでレコードが出たとき思わず買いましたが、これがまたアタリでした。

 若干薄めではありますが、ちゃんと向こうもののテイストがある陽の当たるさわやかな感じ、にぎやかな街を望む薄暗い海岸沿いの夜の道のようなイメージなどなど。今でもテーマソングのひとつ覚えてます(この手のアルバムとしてはまだ珍しく、完全英語詞の歌でした)。明るくさわやかなのに、サビがちょっと寂しげなメロディ。当時聞いてたEPO等とも通じる感じで、単に私の好みか。

 この『ファミリー!』のレコードも確か二枚出て、一枚目のオマケがなんとTシャツ。文字以外は特に漫画のキャラもいない普通のイラストでしたので、しばらく下着代わりに着てました。ボロボロにはなってたけど、数年前はまだタンスにあったなー……。つい捨てられなくて。


 原作コミックはこちらで、いくらか試し読みできます。
http://comics.yahoo.co.jp/shogakukan/watanabe12/huxamiri03/list/list_0001.html

 絶大な、とはいいませんが当時人気がかなりあって、連載も終わってしばらくのちになぜか『Oh!ファミリー!』としてTVアニメ化もされました。こちらも歌や音楽がかなりよかった覚えがありますが、アニメ自体はそれほど人気なかったかな。まあ80年代ですし、絵とかあまり似てませんしね。それでもわりと忠実に原作の話(しんみりするところなど)描いてた気はします。

投稿: やずみ | 2010/10/24 13:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まぼろしのジャズシンガー 鈴木博:

« ぢしん、じしん。 | トップページ | 『ファミリー!』渡辺多恵子 イメージアルバム »