« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

訃報。野沢那智さん。

 俳優、舞台演出家、そして声優の野沢那智さんが、今日10月30日午後3時36分、肺ガンのため亡くなられたそうです。

 ぐあぁ。ショック。かなりショック。あの渋い声が大好きでした。
 実写だとやはり『0011ナポレオン・ソロ』のイリヤ・クリヤキン(この変わった名前も印象的でしたが、ソロ役の矢島正明との掛け合いがまた楽しかった)役やアラン・ドロン全般、そしてアニメだとやはりTV『スペースコブラ』のコブラ役が印象的でした。

 そうそう、ブルース・ウィリスの声もアテてましたね。って、そういえば今日TVで『ダイハード 4.0』放送してるんだっけ……とTVつけてみたら。声が違う。よりによって、今日という日にこれか……。今日の放送はDVD版の声優「樋浦 勉」さんらしい。DVDで『ダイハード』観たときは字幕だったから、今回初めて聞いたかな。
 DVD/BDでは『ダイハード4.0』だけ野沢版が樋浦版といっしょに入ってるそうです。4はいまだに観てないので(もうTV消した)、追悼の意を表してBD買うか。今かなり安くなってるし(amazonで「20世紀フォックス75周年記念キャンペーン」で60%引。11月2日まで)。

 野沢さんの追悼で他の吹き替え版映画、放送してくれないかしら……。ちょっと珍しいものを。


 昨日29日には脚本家の首藤剛志さんもお亡くなりになられて、ほんとここ数年アニメ関連のベテランさんが次々と鬼籍に入られるのが残念です。昭和も遠くなりにけり。

 お二方のご逝去にたいし、心よりお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Now In The Night』 後編

 鈴木博『NOW IN THE NIGHT』の曲目紹介と感想?の後編です。

 今回も動画貼りますので、お話は続きで。

続きを読む "『Now In The Night』 後編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Now In The Night』 前編

 先日記事に書いた、鈴木博のCD『NOW IN THE NIGHT』が到着しました。
 いやー、いい声ですわ。伴奏もトッププロだけに、素人耳でもわかるくらいいいです。ある程度の音量で聞かないと駄目だけども。

 鈴木さんのアルバムは、これともうひとつ1979年だかに出た、鈴木博&鈴木勲「BALLOON(風船)/バーニング・スーパー・セッション・III」しかないそうです。このCDと同時期にCD化されたコンピレーションアルバムに二曲入ってたけど、それは「Now In The Night」から収録されたものみたいですし、できればこちらもCD化してほしいところです。残るは『私を月まで連れてって』イメージアルバム一枚目の『Fly me to the Moon』だけですね。アナログレコードの再生&取り込みをどうするかが悩ましい……。

続きを読む "『Now In The Night』 前編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ファミリー!』渡辺多恵子 イメージアルバム

 前回のコメントで漫画『ファミリー!』のイメージアルバムの話を書きましたが、ネットでLPの情報がないかと調べるうちになんとYoutubeに数曲上がってるのを発見しました。ああ、これこれ、ナツカシイ……まさに80年代ポップスの香り。主題歌風のやつは日本語だったっけ、すっかり忘れてました(笑)

 以下、80年代ポップスが嫌いなひとには古くさい音楽かもしれませんが、ご紹介(笑)

続きを読む "『ファミリー!』渡辺多恵子 イメージアルバム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぼろしのジャズシンガー 鈴木博

 きっかけは竹宮恵子さんの漫画『私を月まで連れてって!』のイメージアルバムの話。

 『私を月まで連れてって!』は、約30年(!)ほど前に竹宮恵子さんによって描かれた、SFロマンチックラブストーリー?漫画です。lラブコメと言うには少し違うし、実際はラブストーリーというよりシチュエーションコメディな気もしますが。ちょっと先の未来、宇宙飛行士のダンとまだ小さなニナとの年の差カップルの恋愛とその周りのひとたちのすこしSFですこしおかしな物語。

 まあ内容は今回おいとくとして、当時漫画のイメージアルバム製作が流行ってまして(今でもありますが、80年代のあのころが第一次ブームだった気がする)、竹宮さんの漫画からもいくつかイメージアルバムが作られていました。有名どころでは既に古典的名作だった『風と木の詩』でしょうが、当時大人気だったこの漫画もレコードになりました。私はこの漫画は雑誌連載追っかけるくらい好きで(「プチフラワー」というハイティーン向け?の少女漫画雑誌)、当然レコード(無論アナログレコードのLPです)も買いました。これがまた漫画のアダルトというかロマンチックなイメージも再現されていて、お気に入りのひとつになりました。テープに録音して随分聞いたものです。続きで二枚目も出ましてそちらも買いましたが、出来はいいものの、アルバムとしては一枚目が好きでした。

 というのも、特に今でも強烈に思い出す、タイトルの元ネタにもなった「Fly Me To The Moon」。それまでに私が聞いたことのあるのは明るく飛び跳ねるような女性ボーカルのものでしたが、これは男性ボーカル。しかも渋い低音でバラード調に歌われたもので、一発で虜になりました。ライナーノートで(竹宮さんのコメントだと思いますが)とにかく「Fly Me To The Moon」といえば男性ボーカルだと思っていたのでそういう指定をして、バラードでこれに凄く満足した……とかなんとか書かれていて、聞いて凄く納得しました。今でもこれに勝る「Fly Me……」を知りません。歌詞をそこそこ覚えたのもこれがあったればこそ。
 のちにフランク・シナトラが歌ったものが有名だと聞きましたが、実際聞いても歌いまわしなどあまり好みでなく(さすがに声はよいが)好きになれなかったのは、こちらがデフォルトになってたせいです。

 時代はCD時代に入り(このレコードが出た当時も既にCDはありましたがまだ初期でまともに売れてなかった)、その後アナログレコードからいくつかのイメージアルバムがCD化されましたが、このレコードは一向にCD化されませんでした。漫画も大人気のうちに終了したものの、元々大作とか大河ドラマというわけではないせいかそれ以後はすっかり忘れ去られ、今では古株の漫画ファンにしか通用しないものになったと思います。

 ただ5年前の2005年に、なんとこの漫画が完全版として全6巻で復活したのには驚きました。欲しかったものの、知ったときは既に刊行開始後、しかも当時金欠で結局買えませんでした。ところがしばらくして知ったのですが、単行本についた応募券で当時のレコードから数曲入ったCD-ROMが当たるプレゼントをやってたのでした。知ったときはすでに締め切りすぎてたので、泣けました……。

 正直探せばきっとLP残ってるんですが、保存状態はあまり期待できませんし(昔発掘したLPは沿っていて再生が難しかったことも)、なによりプレーヤーが今ありませんので買い直す必要があります。そんなわけで古いレコードはもう二十年以上聞いてません。

続きを読む "まぼろしのジャズシンガー 鈴木博"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぢしん、じしん。

 今日昼の二時前頃、地震がありました。店の二階にいたのですが、ぐらっぐらっと結構強め。鉄骨ごとゆらされる感覚でしたので、震度3から4だろうと思ったところ、TVでもやはり地元は震度4。
 震度4というと棚のものが落ちる程度ということですが、まあそこまでは……と思いつつ、頭に浮かぶのは当然うちの部屋のこと。まあいつもどおりなら棚のものは大丈夫なんですが、“ばべるたわー ばい ぶっくす”があるもんで。
 今四列ほどあるんですが、昨日間がいいのか悪いのか、少し整理して下げたんだよなぁ。低くなったのはいいんだけど、文庫本タワーが少しひよわだったのが気にかかる……。

 結局帰ったらもののみごとに半分ほど倒れてました。隣の漫画単行本タワーもまきこんで。ちょうど真ん中の文庫タワーがゆらゆらだったんで、地震にシンクロして揺れ幅が大きくなり倒れたということでしょう。とほほ。まあ手元のタワーが倒れてなかったんでよしとしなければ……。

 みなさん、積ん読の塔を建てる際には、複合建築にいたしませう。文庫だけを積み重ねるよりは、漫画単行本か雑誌を間に挟みつつ、適度に重量を分散して横の連結をとることが、確固たる塔を築くコツであります。内側だからとて単一(まあそれでも向きとかは考えて複合にしてたんですが甘かった)にしては、外側をつきやぶって倒れる可能性が残りまする。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの前が洪水。

Pict7347_r4


 今朝早く6時ころに寝る前から強めの雨が降り始めていたのですが、11時ごろ起きたら台風でもそうそうないほどの土砂降り。雷もゴロゴロ。まさにバケツの底をひっくりかえしたような大雨でした。外見たら雨でけぶって約400m向こうの小山がかすかにしか見えません。無論反対側の北の山々も同じ。

Pict7351_r4


 家の前見たら、道路が完全冠水。どころではなく。台風のときでも埋まったことがない側溝がマンタン。この写真だとまあまあですが、数分後、お茶とかなかったので20m先のスーパーに買い物に出たら、右手7mほど先の曲がり角では側溝にごうごうと渦巻いて流れ込む水(写真に映ってるあたりもすでに5cmくらいの水深で、側溝の位置はうちの車庫前の鉄板でわかるくらい)。土も混じって茶色に濁った水で路面状態も見えません。そこではもはや側溝も路面もわからない状態で、車もそろそろと大回りで通る始末。まあ私は慣れた道なので、側溝側は避けて反対側のできるだけ浅そうなところを爪先立ちで通りましたが。ゴアテックスブーティー入りの靴でよかった。……というか年に一回使うか使わないかでも、一足くらい長靴買っとくべきですな。

 で、お茶とか食べ物買って帰るころには雨も少し収まり、濁流渦巻いていた曲がり角は、いつもどおりに戻ってましたとさ。帰ってTV見たら、市内は洪水警報が出てて、路面電車も止まってる状態。ネットで天気予報みたら降水量は25mm/hとありましたが、局地的には53mm/hとありました(うちの周りはもっと降った感じ)。市内では年に数回はありますが、うちの前は数年来見たことないレベル。まあ記録的にはどうということはないかもしれませんが。wikipedia見たら、10分間での最高記録はうちの県だし、一時間の最高記録5位以内にも二つ入ってる(笑)

 いやあ(自発的な)休みでよかったよかった。
 ヒキコモるにはいい天気だわ(読書するか)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回ワンホビフォトコンの入選賞品が来た!

 以前イベント「ワンダーフェスティバル2010」内の、MaxFactry主催「第12回 WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 12 ~ HEAT IT ! ~ 」で行われた「第4回ワンホビフォトコンテスト」に応募しまして、運良く100位以内に入選いたしました

 まず参加賞が大分前に来ました(ネットでみると8月半ばすぎに来てたらしいが忘れた)。フィギュアのfigma等を飾る台座di:stageにとりつける台紙でしたが、なにせdi:stage持ってないもんで。とりあえずそのまま置いてます。

 残る入選賞品は入選作品100枚からいくつか写真を収めたフォトブックということで時間がかかるだろうとは思ってましたが、なんか忘れたころにやってきました。

 追記。ちょっとだけ写真増やしました。

続きを読む "第4回ワンホビフォトコンの入選賞品が来た!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »