« 『涼宮ハルヒの消失』鑑賞。 | トップページ | torne来たので、見とるね。 »

ファンタジー漫画『聖なる花嫁の反乱』

 昨日今日と『涼宮ハルヒの消失』に行く時間は取れなかったので、もうリピート記念品ないだろなー。というわけで次に見るとしたらBDが出てからということになりそうです。

 今日はWebで連載している漫画の紹介。Yahoo!コミックのFlexComixフレアにて連載中の漫画『聖なる花嫁の反乱~亡国の御使いたち~』がなかなかおもしろいです。著者は紫堂恭子(しとうきょうこ)さん。それほどメジャーとはいえないけど、長くファンタジー漫画などを描いてきたベテラン少女漫画家です(公式ホームページあり)。

 この人の漫画をちゃんと読んでたのは大分前ですが(本買ったのは『グラン・ローヴァ物語』まで。一番最近だと『王国の鍵』はちらほら見たかな)、今年Yahoo!コミックにこの連載が移ってきたので(前は講談社のミチャオというサイトで連載してたようですが、ミチャオ閉鎖したので)、久々に読むことに。

 これが結構本格的なファンタジーで、謎また謎の世界と躍動感のあるキャラクターがすばらしい。タイトルからして謎めいていますが、序盤の牧歌的村社会からして隠された謎があり、主人公がそこを飛び出すに至り真実の世界が見えてきます。そしてそれだけではない隠された歴史の真実が謎としてじわじわと主人公の前に現れてくるシナリオ、ひょんなことから協力してくれるけど正体不明の謎の男、追放されたため主人公が追いかけている正当派美男子の幼なじみ、出奔した主人公への追手の神官もなにやら自身も知らない謎があるようで……。誰も彼もが知らない過去が、サブタイトルに絡んでるようですね。

 主人公の少女のキャラクターなどは少女漫画らしくもあるけど、ハーレクイン小説のようでもある三人の男たちや展開、ハイファンタジーな設定など近年まれに見るファンタジー漫画になる可能性も。まあ敵が個人とか小さなグループだし、絵柄もあってか『グイン・サーガ』のような壮大さは正直ありませんが、先行きが楽しみな漫画には違いありません。

 単行本は既刊が一冊、第2巻がもうすぐ発売。Webでは第1話と最新から二話分の計3話が読めます。途中が飛んでますけど、読んで好みかどうかご判断を。お薦めです。

 もしこれが気に入ったら、ちと画がつたないけど初期の『辺境警備』や『グラン・ローヴァ物語』もお薦め。いや話ほとんど覚えてないけど、おもしろかったのは確か。『辺境警備』はシリアスではなく、わりとコミカルなお話がメインで、『グラン・ローヴァ物語』は今回のほどではないけどシリアスで大きなテーマもある物語。
 公式ホームページで『グラン・ローヴァ物語』の外伝『ビン詰めのココロ』が公開されてます。単行本に入ってないそうで。主人公は覚えてないけど、出てくる妖魔が本編のサブキャラの子供らしいので、多分本編の後の話。日本昔話にもありそなちょっと良い話というつくりで(とある昔話のハッピーエンドバージョンというか)、懐かしくなりました。
 そういや萌えという時代ではないけど、『グラン・ローヴァ物語』に出てきた大蛇の化身のヒロイン「イリューシア」は可愛い性格でしたねー。蛇系で初めての可愛いキャラクターって彼女だったかもしれん(いやそもそもヘビ少女みたいなヘビ顔になるわけではないので見た目フツーの女の子だが)。

 うーん、ちゃんと読んでない他の漫画、今度探してみるか……。

|

« 『涼宮ハルヒの消失』鑑賞。 | トップページ | torne来たので、見とるね。 »

コメント

 「Yahoo!コミック」で読めるようになってから、わたしも欠かさず読んでいます。繰り返し読むにはメロウ過ぎに感じ、単行本は買ってませんが。
# 存在感のある女子キャラクターが、S城主以外に出てこない気も……(笑)。

 メロウと言えば、『転生神機メロウガイン』(笑)。くど過ぎに感じ──「“強敵”と書いて“とも”と読む」的で──、やはり単行本には手が出なかったけど……。

投稿: 翡翠 | 2010/07/06 22:44

 翡翠さん、こんにちは。

 やはり読まれてましたか。『ロビン』読まれてたので案外お好きかもと思って出してみました。
 主人公も結構いいキャラだと思うんですけど、まああちらのバートリー夫人(って名前なんだっけか)には勝てませんわね。

 『メロウガイン』は、正直わたしはイマイチでした。熱くしようというシナリオは評価できなくもないけど、敵の立ち位置というか、背景がわかりにくかったり、ライバルの敵の女の子がブレ過ぎてたり。
 ナレーションで熱くなるには、その場の物語の展開、盛り上がりが弱すぎた気もするし。

 まあ結局のところ、漫画としての読みやすさや、ストーリーテリングの力が弱いってことでしょう。なまじ細かい絵柄だけに、伊東岳彦のような熱血してれば勝てる話にも見えないし、台詞だけで勝った気にもなる山口貴由ワールドの足元にも及ばん。次回作に期待しましょうというところ。

投稿: やずみ | 2010/07/07 03:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジー漫画『聖なる花嫁の反乱』:

« 『涼宮ハルヒの消失』鑑賞。 | トップページ | torne来たので、見とるね。 »