« はやぶさ、擬人化祭り。 | トップページ | 【訃報】池田駿介氏、ご逝去。 »

はやぶさを支えたひとたち、【その4】。その他ニュース。

 JAXAのはやぶさのカプセル、無事回収の模様。地元新聞の朝刊にも、ちゃんと記事が出てました。まあ一面はサッカーワールドカップの初戦勝利でしたけど(いや勝つとは思わなかったので、ごめんなさい。そしておめでとう)。アボリジニーの聖地に落ちてたそうで、許可を取って(アボリジニのひともヘリに乗って見に行ったらしい)回収に行ったとか

 遠い宇宙から帰って来て聖地に落ちるとはまさにできすぎなエンディングですが、ホントはやぶさの評価は日本より外国のほうが高いんじゃなかろか。前に紹介した「翻訳こんにゃくお味噌味(仮)」さんとこの記事とか、「海外の反応とか」さんの記事「ハヤブサ地球に帰還!海外の天文ファンも大喜び」とか見てると、熱いわ。

 あと、IT media newsに「総まとめ:お帰りなさい、はやぶさ!」というページがありました。はやぶさニュースのリンクが色々貼られてます。


 さて本題。ASCIIの記事、新しいのがUPされてました。

 これまでの記事、三回目まではこちら。
 『祝帰還!「はやぶさ」7年50億kmのミッション完全解説【その1】』
 『【速報】「はやぶさ」帰還! ウーメラ砂漠にてカプセルも確認』
 『ついにたどり着いた小惑星イトカワが「ラッコ」だった件について』


 そして新しい記事がこちら。
 祝帰還!「はやぶさ」7年50億kmのミッション完全解説【その4】
 『「はやぶさ」の危機に、真田ぁ~ず「こんなこともあろうかとッ!!」』

 はやぶさは二回、小惑星イトカワに着地しています(一回目はバウンドしてるので二度着地してますが、それを一回に含めて)。ただ一回目は意図しないもので、データだけだと着地がわからなくて(速度計だけだと遠ざかってるように見えたが、実際はイトカワに降りたままでイトカワの速度だった?らしい)困惑したそうです。今回の記事の始まりでは、その緊迫したときの様子を当時のスーパーアドバイザー(その場のリーダーみたいなもの。8時間交代で何人かの持ち回り)吉川真准教授らが語っています。

 そして二回目の着地と離陸に続き、その後の復路でのはやぶさ苦難のことなど。ニコイチ・イオンエンジンのことまで。それで、このタイトルになるわけですね。いやほんと、あのニコニコ動画での流れは偉大だわ(笑)


 最後に出てくるアオシマのプラモ、amazonから出荷のメールはきてるけど、今日あたり着くかなー(──夕方着いた!)。
 塗装どうしませう……。ハセガワの金箔フィルム買ってくるか……でも小さなでっぱりは別パーツじゃないし、上から塗るのは大丈夫なんだろか。塗装ですますか。


 某所で「帰って来たはやぶさとクジラさん」のイラスト漫画が話題に。いいなぁ、これ。次の「手を振るはやぶさとクジラさん」も、擬人化ではあるけど実にさわやかなイメージで、一般向けだわ(笑)

 そうそう「おかえり、はやぶさ!」で紹介した『はやぶさ記者会見』の模様を書き起こしてたブログに、『「はやぶさ」カプセル回収状況の報告記者会見』『「はやぶさ」カプセル回収結果の報告記者会見』が載ってました。ここは、また続きがありそうなので要チェック。

 もうひとつ。先のコメントで秋沙さんに教えていただいたところも書いておこう。

 「痛い目みてなんぼ」というブログに現時点で最高の、空に還る「はやぶさ」の写真がピクセル等倍を載せた記事も。分光解析はまだだけど光の予測が書かれていて、興味深いです。この写真は朝日新聞に乗ったもので、当然撮影者はこの方。
 会社のお金で行って撮ったものなので、大きいのはあげられないけど、朝日新聞のフォトサービス(ニュース写真をプリントしてくれる)は使えるという話。A4で三千円弱か……ううむ、ちょっと欲しいぞ。


 文部科学省へ、みんなコメント残そう。という話。
 はやぶさの偉業を後進に伝えるためには、海外でまともに評価してるひとたちと違い、なんとなく凄いことかと馬耳東風で予算計上「考え中」な文科省に思いをぶつけてみないと始まらないのではないかということで。なぁに、きついこと書かずともほめ殺しのつもりで「感動した」とか「日本の技術を残さないと駄目になる」とかでもなんでも書いてみればいいんじゃないかと思います。ちなみに「はやぶさ2」は2014年までに発射しないと、まず計画は頓挫するそうです。

|

« はやぶさ、擬人化祭り。 | トップページ | 【訃報】池田駿介氏、ご逝去。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさを支えたひとたち、【その4】。その他ニュース。:

« はやぶさ、擬人化祭り。 | トップページ | 【訃報】池田駿介氏、ご逝去。 »