« ストリジルって知ってます? | トップページ | おいらの~ふねはさんびゃくとん!(私は船乗りじゃありません) »

宮崎県の口蹄疫のニュースがじわじわと。

 昨日、ようやく複数のニュースで宮崎の口蹄疫の件が流れてました。もっとも深夜近くで普通のニュースだったので、淡々と状況だけが流れるだけでしたが。現場の空気とか対応のひどさとかその手のものは全く無し。

 で、昼に知ったのだけど、今日政府がやっと対策本部を立てたそうです(本部長が首相で、現場に常駐するという農水省の指揮官も小赤松みたいな副大臣……あてになるのか?)。

 聞いた人間はみな今頃?とおもうのが率直な感想でしょう。え、農水省トップの赤松は対策本部とか立ててなかったのかって?。どうも立ててなかったみたいですね。古いところでは5/6に「対策を強化することを検討する」なんてあるくらいで。まあ6日は大臣帰国してなかったしこんなものかもしれないけど、以降も対策本部が設置されたという言葉は見つかりませんでした。省内の対策チームくらいはいたでしょうが、防疫対策というより苦情対策みたいな感じがなきにしもあらず。まあ今回の政府の対応も、民主批判につながってきたための対応という気もしますけどね。このまま汚染拡大が続けば、九州全土、全畜産農家を敵に回しかねないからなぁ。無論そういう対応を知った他の国民をも。

 ただ昨日の一番のニュースは、宮崎の種牛も感染が確認、殺処分が決まったということでしょうか。

 ……夜に追記。今「NEWS ZERO」でやっと特集が組まれて流れてます。やはり種牛殺処分が決めてになったのかもしれないけど、素材自体はそれまで撮ってたわけだからもうちょい早くすればよかったのになー。

 ぎりぎりで確保移動させておいた優秀な6頭にはまだ感染してないらしいけど、ここからまた始めると10年はかかるという話で、ここで汚染拡大が止まっても実質宮崎ブランドは全滅に等しいのでは。ちなみに「安平」という国内最高齢の21歳になる牛は種雄牛のチャンピオンで、銅像まで立てられている牛。私ですら以前ニュースで見たことあったくらいですが、引退し余生をおくっていたものの殺処分が決まったそうです。引退してるからいいのでは、ではなく、言ってみれば宮崎ブランドの精神的シンボルでもあった牛が処分されるというのがまさに今の状況を現しているかのようで、畜産農家としてはたまらんでしょうね。

 47ニュースで「口蹄疫」で検索したところ、記事はこれくらい。17日の昼現在で9ページに渡り、全257件ありますが、今のところまで対策という文字が見出しに見えるのはほぼ県が県がばかり。あとは国に要望を出すみたいなところ。

 一方ゴルファー横峯さくらは、昨日優勝したあと宮崎県の口蹄疫問題について訴え、寄付を募るサイン会を実施したそうです(昨夜のTVニュースでは優勝コメントまでで、あとはカットされてました。まあスポーツニュースだからかもしれないが)。流石に今回の賞金は全額寄付はなさそうですが(家族で相談とあったので、前回の全額寄付に対し誰かが何か言ったのかもね)、決めてないとあっただけで本人は寄付はずっと続けると言ってます。この件は今朝の地元新聞にも、小さくではありますが記事が載ってました。

 47ニュースでは口蹄疫のページも作られ、地元から送られてきたメール、写真で構成された記事などでは、悲惨な状況がうかがえます。こういう生の声の訴えは、本来動画メディアであるTVでも流すべきなんでしょうが、昼のワイドショー的番組で流れるのはいつになるんだろうか……地元ではTVに反発があるなんて言葉もあったようだし取材自体も難しいかもしれないけど、ネットでは取材もし動画あげてる人もいるのにな。

 ……夜に追記。「NEWS ZERO」で特集やったしそろそろ解禁なんだろうけど、「スーパーニュースアンカー」ほどの怒りを持って伝えるのはできないだろうな……あ、特集終わった。えー、「ZERO」の「櫻井翔のイチメン(ブログではまだ今週の分は更新されてない)」でやった特集は、横峯さくらの優勝後のコメントに口蹄疫の紹介と対応の手順くらいで、対策の内容とか細密な被害状況、現場の声、国の対策の遅れなど一切ありませんでした。時間計ってなかったけど、5分くらい? いまさらこれだけか。まさに一面しか見えない。現場に行けなくても農水省の会議とか参院の様子とか普通に見せられるだろうに、正直風評被害を防ぐためだけの内容で、これだけを見たら深刻さは伝わらんでしょうね。全国区でこれでは、やはり規制かけられてるんじゃないのと疑われてもしょうがない。役に立たんなー。

|

« ストリジルって知ってます? | トップページ | おいらの~ふねはさんびゃくとん!(私は船乗りじゃありません) »

コメント

ここではごぶさたですw

職場でラジオを聞いていて、どちらかというとAMのNHK第1の方がちょこちょこニュースをやっているのでよく今回の件は聞きますが・・・・・・正直 胸が痛いです。

今回さらに最後の5頭については、県(東国原知事)は出来るだけ残したい、しかし国はそれは認められない(言葉足らずでスミマセン)「小を殺して大を生かす」この言葉が浮かんで正直納得できかねる思いがあります。
収束し始めたとしても宮崎県は復興するのにどのくらいの時間がかかるのか、復興できるのか?・・・・・以前のように東国原知事が喜々として宮崎県をアピールする時が来るのか?考えていくとホント胸が痛いです。

横峰選手がやっていることは賛同したいですね(絶対「偽善者!」とか宣う輩はいますが)
「やらない善」より「やる偽善」のほうがよほどイイと思いますからね(鋼の錬金術師より♪)

とにかく早く収束して、早く復興して、早く東国原知事が元気になってくれるよう祈るばかりです(憔悴ぶりがすさまじいですからね)

投稿: 海♪ | 2010/05/23 11:25

 海♪さん、こんにちは。

 ニュースが解禁?されてからも、ドタバタが続くのがいたたまれないですね。

 ただスーパー種牛6頭の件は、県の対応もあまかったのではないかという気が。ニュースによれば、同じ畜舎でなおかつ個別の部屋でなく壁の上部が空いたものだったそうで、そりゃねぇ。確かに6頭まとめて管理するには便利だけど、同一の場所でそれでは一蓮托生ですからね。場所がなかったのかもしれませんが、バラバラに置くような、せめて完全個室にするような措置を取るべきだったかも。

 他の種牛49頭の処分を保留して経過観察にしてほしいと言うのはわからんでもないけど、これはヤマダ副大臣が断固処理するという風に言ってますねー。陽性でないなら経過処分にしてもいい気もするけど、49全頭検査はしてないんだろか?

 他の県でも九州の騒動を鑑みてすでに対策立て始めていますが(うちの県でも)、本当に全国にわたり始めてますね……。

投稿: やずみ | 2010/05/24 14:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県の口蹄疫のニュースがじわじわと。:

« ストリジルって知ってます? | トップページ | おいらの~ふねはさんびゃくとん!(私は船乗りじゃありません) »