« 『今日の早川さん ドラマCD』 | トップページ | 母猫の子育てUstream。 »

宮崎県の口蹄疫問題。熱弁にマジで泣けた。

 宮崎県を中心とした口蹄疫の広がりを最初にTVニュースで聞いたのは4月末だった気がしますが、その後しばらくニュースでは流れてませんでした。つい二日ほど前にまたちらっと流れてましたが、酷い状況であると言ったわりには数分で終わり、昨日のニュース番組でも特に音沙汰なし(NHKでは毎日やってたと言う人もいますが……ほんとか?)。
 ところが、ネットで見られる内容ではどえらいことになっていました……。

 産経新聞によると、5/1の記事では4/20に始まって以来殺処分は四千頭を超えたとあります。自衛隊に派遣要請もしたとか。ちなみに、ちょうど同じ1日の別の記事で韓国でも4月8日に発生したとありますがそちらではその時点で1800頭の処分。絶妙な時間差なので韓国から入ってきたんじゃないかと思わなくもないけど、確かめようがないなー。
 ところが5/4の記事では豚などに新たに発生が見つかり1万8700頭を処分、場所も増え、総計2万7700頭に達したそうで。ところが続く5/8の記事ではなんと総計5万9千頭を超え(豚は感染力が強くて一気に広がったらしく、このうち5万が豚らしい)、そして5/12の記事では総計7万7千頭の処分……もはやとどまるところを知らないとしか。今の処分数は、10年前の発生時の百倍だそうですが、実際想像もしにくいほどの数です。

 そんなおり、また宮崎県人や畜産関係の人の怒りを代弁したかのような、いえ少しでも想像力がある人なら泣けてくる動画が公開されていました。でその動画と口蹄疫に関しての2ちゃんねるのスレッドをネタにした記事が「ハムスター速報」に上がっていたのです。その記事、その名も、

「農水委員会の江藤拓議員の質疑で泣けない奴は日本人と認めません。」

 5/11に開かれた農水委員会の模様だそうですが……赤松農林水産大臣があまりに酷い。記事冒頭にニコニコ動画やYoutubeに上げられた動画が貼ってありますが、見ててホントに泣けてきました。口蹄疫のことなども含めて記事内に情報やリンクもありますので、そちらもどうぞ。
 ページが重いので、一応続きにも動画貼っておきます。

 ニコニコ動画「2010/5/11衆院農林水産委・江藤拓(自由民主党)口蹄疫災害について」
 江藤拓議員の質問の開始から始まってます。

 宮崎出身の江藤拓議員のことはあまり知りませんでしたが、wikipedia見ると郵政民営問題で自民党を離党し、その後また戻ったうちの一人だったらしいです。そこらへんでは、どうもなぁと思いますが、しかしこれはまさに魂の叫び。特に8分14秒あたりからの言葉、宮崎の畜産農家の人の魂のパルスが乗り移ったかのような言葉にほんとに涙が滲みました。パフォーマンスとか言うやつは、抑えた怒りから出てくる言葉とか、口にしたことないのか。国会で行われるただの大声のパフォーマンスとは違う感情が入ってるだろ。
 14分10秒あたりからの赤松の返答を聞くと、いつものテンションでまったく伝わってない気がしますが。これだけの漢のパルスが伝わらんとは……。ちなみに8日に外遊から帰った赤松は、まず栃木の民主党の選挙応援に行ってたそうです。宮崎入りしたのは一日休んで次の10日。

 ちなみにこれに遡ること約19日、4/22に行われた委員会の模様が下の動画。外遊前の赤松も出て答弁してますが……。上で書いたように、まだ豚への感染はなく牛などで処分が1万頭にも達していないころだと思いますが、地元の言葉を聞いた、見た者と赤松との温度差がすでにかなりあることはすぐにわかります。こういう話を聞いたあと、赤松は中南米へ外遊に出たわけです。4/30から一週間も。これがあって上のような熱弁に続いたわけですね。


 江藤拓議員は二世議員で、父親の故・江藤隆美元議員は暴言を吐いて何度か問題になったこともある人だったそうですが(wikipedia見るとなるほど、覚えてた話もあった)、ある意味硬骨漢としてはしっかり血を継いでるんだろか。父親のように強硬な発言から、横道に逸らされるような問題にならなければいいんですが。確かに地元の問題で自分が当事者に会ったからとはいえ、こういった言葉はなかなか出せないと思います。

 それにつけても、民主と赤松のダメさ加減が……なんともなぁ。

 ちなみにオザワは同じ宮崎の件で、7日に現地入りしたときに「大変大きな県の課題」と言ったそうです……いやいやいや。7日の時点の被害の大きさで、すでに県レベルじゃないから。国レベルでしょうよ。同じハムスター速報の記事にて。これでもかなり深刻な内容が出てますので、一読を。

 ニコニコ動画で、口蹄疫問題をまとめて、なおかつさらに突っ込んでた動画がありました。元はYoutubeに上げられたものですが二本をまとめてたのでこちらで。

 まあちょいと(いやかなり?)右寄りですが。ビデオで発言してる藤井厳喜さんのブログはこちら。6日からの連続記事でも詳しく書いてますし、最新の動画では宮崎での取材も。いろんな推論の根拠がちょっと薄いのとさすがにこれを鳩山に繋げるのは行き過ぎかもしれないけど(結局は民主叩きで結論づけてるし)、赤松含めての人災というのはあながち間違いとも言えないような。


 13日、追記。

 長くなってますが、同じ問題なのでついでに。
 関西TVに「スーパーニュースアンカー」という番組がありまして、12日の番組内で青山繁晴さんという人が「ニュースDeズバリ!」というコーナーで民主と赤松について、江藤議員に負けず劣らず怒りの言葉を発してました(というか最後の方は涙声に。悔し涙ですね)。いえ地元では放送してませんから番組は見てませんが、Youtubeに一部がUPされてまして。これだけしっかりしたニュース、なんで全国版でやるとこないの。

 ちなみにコーナー自体はこの動画「5」以外に、「4」から「6」にわたってますので、どれも必見。民主について、ごくまっとうな人なら思うことを代弁してくれてる気がします。

 上やここで言われてる赤松の11日の宮崎訪問時のニュースがasahi.comの宮崎地方版に載ってました。いやもう、赤松酷すぎ。地元の自民の古川議員の発言を正面から受け止めず、単にパフォーマンスだろうとしか思ってない。ほんと何しに行ったんだかわからんだろ。どんだけ、自分の職務を無視する気なんだ。権力を誇示し相手を卑下し取り合わないのが政治家か。ふざけんな。話し合うのがまず政治家の態度だろ。

 一方、女子ゴルファーの横峯さくらは最近獲得した賞金1200万円全額をそのまま宮崎に寄付したそうな。昨日検索してたらどこぞのブログで見かけたんですが、いやほんと上のアレと男っぷりが違いすぎる……(いや女ですけどね)。で、娘は凄いが、親父はなにしてんの?

|

« 『今日の早川さん ドラマCD』 | トップページ | 母猫の子育てUstream。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県の口蹄疫問題。熱弁にマジで泣けた。:

« 『今日の早川さん ドラマCD』 | トップページ | 母猫の子育てUstream。 »