« 作家「大迫純一」氏、ご逝去。28日、途中に追記。 | トップページ | ストップモーション! バイオニクル。 »

PIXELS by Patrick JEAN

 Youtubeで見かけたんですが、これがなかなか凄いムービー。

 実写のニューヨークにCGのドットピクセルが侵攻開始。
 やがて世界は……というお話。

 3DCGの合成なんだけどあまり違和感なく、なによりドットの攻撃によって現実世界がピクセル化していくというのがなんとも言えず。HDの被写界深度の深い空気感とかドットの存在感とか、まんま当時のドットゲームキャラでなく、PS3の『3Dドットゲームヒーローズ』とリアルの混在のようで面白い。

 作者のパトリック・ジーンさんは、日本では特に知られてないようで検索してもこの動画関連以外出てきませんが、米の2Dや3DCGのグラフィックデザイナー……らしいです。
 続きにムービーを貼っておきます。

 Dailymotionにアップロードされたのが最初のようですので、そこから(作者が貼ったもの)。Youtubeだとこれかな。

 作者のサイトにはこれ含めて三つのムービーが貼られてます。ひとつはCMみたいなものですが、これのひとつ前の「THEO」という作品も合成がかなり自然で面白いです。

THEO from patrick jean on Vimeo.

 最近流行りの拡張現実のようだけど、どちらかというと仮想空間内でのゲームでの使い方で、PlayStationHomeやセカンドライフをリアルタッチに映像化したような感じ。まあそんなこと考えるより、普通に楽しめばよいだけか。

|

« 作家「大迫純一」氏、ご逝去。28日、途中に追記。 | トップページ | ストップモーション! バイオニクル。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PIXELS by Patrick JEAN:

« 作家「大迫純一」氏、ご逝去。28日、途中に追記。 | トップページ | ストップモーション! バイオニクル。 »