« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

『今日の早川さん ドラマCD』

 先日書いた『今日の早川さん ドラマCD』を結局注文しました。キャラアニ特典につられて。
 あと現在amazonでは売り切れ状態ですが、キャラアニドットコムは10周年記念に1,500円以上で送料が無料になるキャンペーンを今月いっぱいやってますので、金額は同じ。なら、特典付を選びますわな。

 注文時は「お取り寄せなので数週間かかる」とありましたが、その日の晩にはもう発送したというメールが届きました。多分明日には来ると思うので、来たらまた感想と写真でも追加でUPします。

 キャラアニの送料無料サービスは30日までなので、なにか欲しい人は見てみてもいいかもよ?
 「キャラアニ10周年記念特集ページ」

続きを読む "『今日の早川さん ドラマCD』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まぼろしの市街戦」再DVD化。

 以前記事でも書きましたフィリップ・ド・ブロカ監督の映画『まぼろしの市街戦』が、めでたく再びDVD化されます。発売予定日は2010/5/21だそうです。

 以前のDVD、LDともプレミアものになってますし、今どきのDVDとしてはちょっと高いですが買って損はないと思います。去年NHK-BSで放送しましたが、見損ねた人にはお薦め。
 また、今回のDVDでは昔TV放送したときの日本語音声も収録してるそうです。足りない部分は字幕で補ってるそうですが。その点では、BSの放送見たり録ったりしてる人にもやっぱりお薦め。

 日本語音声入ってたり、予告編もはいってるので、2003年に出てた廃盤の紀伊國屋版DVDと中身は同じ? ということはラストはBS版と同じでオリジナル通り病院内のシーンか(時間も長いから仏オリジナル版でしょうし)。俳優のフィルモグラフィーとかも入ってるというので、仕様は多少違うかもしれませんが。前にも書いたかもしれませんが、かつて民放TVで見た(確かLD版でも)ラストは病院前の主人公のシーンで終わってました。BS版ではオリジナル通りということで病院内の主人公のシーンで終わってました。個人的には、シンプルながら突き放すようなそれでいてペーソスのある民放TV版ラストがより皮肉に感じられて好きでしたので、オリジナル版ラストはなんだか余計な付け足しにも思えましたけどね。最初にオリジナル見てればまた感じ方は違うかもしれませんが。

 できればBlu-ray Diskなどで欲しいところなれど、まあまた廃盤になる前に買うことにしましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『今日の早川さん3』限定版。

 先日出たばかりです。

 もともとは作者COCOさんのwebで描かれてた漫画。で、書籍化されたその第3巻です。今回の限定版はおまけとして「いろはかるた」がついてます。

 変わった本好きな5人の女性とその他のキャラの日常?会話を描いた基本四コマ漫画です。主人公は一応早川さんでいいのかな、SF好きな独身OL。友人たちも揃って読書好きですがそれぞれ好みは異なります。詳しくはWikipediaの欄をどーぞ。

Pict7125_02r3
 表紙と「いろはかるた」の表紙。

続きを読む "『今日の早川さん3』限定版。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバード 白熱教室

 今期、NHK教育で日曜の夕方18時から放映されている番組です。
 アメリカはハーバード大学の、政治哲学のマイケル・サンデル教授の授業があまりに人気あるので、ついにTVでの放送を始めたそうで。それの日本版というわけです(二カ国語放送ですので、字幕よりわかりやすいですし、英語の勉強にもなる?)。

 題材は“Justice”。「正義」ですね。全24コマの授業を一回約1時間で2コマ分、全12回の放送です(1Lectureは大体30分ですが、編集済みなのかどうかは不明)。すでに3回分放送済みですが、一昨日と今晩、その3回分の再放送が深夜に行われました。そして今日日曜日の18時に4回目が放送されます。

 記事書くのが遅れたのでいまさらだし、前回まで見てない人にはとっつきにくいかもしれませんが、実におもしろいので4回目からでもご覧下さい。お薦めです。

 内容とかはこちら、NHKの公式サイトです。講義一覧もあります。放送終了後に詳細が追加されますので復習にもなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプルな、動画の基本、を押さえた動画。

 回りくどいタイトル付けたがるのは、なんの後遺症だ。


 NHKが作った、ビデオ撮影で押さえておきたい基本を簡単に紹介する動画があるそうです。
 その名も「NHK ビデオカウボーイ」

 NHKでは視聴者からの投稿ビデオを審査し放映する「NHKミニミニ映像大賞」というのをやってますが(ちゃんと見たのは一、二回目くらいだけ)、それに付随して作られたものだとか。ソースはこちらの記事

 基本だけに映像かじった者なら知ってることが殆どですが、シンプルにテンポよくはきはきと進み、映像としても面白いです。あと演出の意図や効果も説明してくれるので、実際に使うときの手助けになります(私などでは分かってはいても、言葉に上手く表せない内容も)。動画だけでなく構図などでは静止画でも通用するので、お薦め。

 リンク先が消えても大丈夫なように、続きにYoutube動画貼っときます。全部で4本ですが、どれも3分程度なので御覧あれ。

続きを読む "シンプルな、動画の基本、を押さえた動画。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いたずらBANK、ねこねこー。

 「誤訳御免!!」という、海外のオタク系おもしろネタを翻訳して紹介する個人サイトがありまして。
 これがなかなかおもしろくて、毎回楽しみに見てます。

 それで今回見たのが、この『日本の癒し系貯金箱を観て和んだ外国人たちのコメント』という記事
 いやー、これはかわいいわ。記事まるごと見た方がよいですが、一応続きにも動画を貼っておきます。

続きを読む "いたずらBANK、ねこねこー。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DS用ゲーム『ゴーストトリック』

 変な格好で倒れてるキャラクターの絵を前に見た覚えがありますが、内容はまったく知らなかったゲームです。
 DS用で、あの『逆転裁判』のディレクター巧舟(タクミ シュウ)氏の作品だそうな。メーカーは無論CAPCOM。

 それだけでも興味を覚えますが、web版の体験版というのがありまして。それがなかなか面白い。アクションというかすることはシンプル。思考パズルの範疇だけど、わりと手軽。なによりドットキャラのアニメーションが凄い。あまりになめらかなので、もしかして3D的な仕組みを取り入れてるのかもしれませんが、等身の高いキャラがかの『プリンス オブ ペルシャ』よりもずっとなめらかに動きドラマを見せているのは、見てるだけでも楽しめます。

 というわけで、体験版をしてみるのがお薦め。こういうゲームの良さは静止画とか見てもわからないので。
 今はちょっと余裕無いけど、特に初回限定版などもないので余裕できた時には欲しいところです。発売予定日は6月24日ね。

続きを読む "DS用ゲーム『ゴーストトリック』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

漫画家「佐藤史生」さん、ご逝去。

 漫画家の佐藤史生さんが亡くなられたそうです。近年あまり見かけないなあと思ったら、数年前に乳ガンを患っていたそうで、仕事はされてなかったようです。治療したものの、結局脳他に転移していてホスピスに入られ、脳腫瘍で亡くなられたとか。
 お悔やみ申し上げます。

 最初に見たソースは読売オンラインの記事ですが、友人である漫画家・坂田靖子さんが自身のサイト「サカタBOX」で公にしていたそうです。“Spy The Desk”という日常エッセイのリンクに入ると(今はLED電球の話)、文の下に「佐藤史生先生の読者の方へ」というリンクがあって、経緯が語られています。

続きを読む "漫画家「佐藤史生」さん、ご逝去。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »