« 「レグザチューナー D-TR1」とな。 | トップページ | 漫画家「佐藤史生」さん、ご逝去。 »

「非実在少年」とその定義者とは、キホーテと風車のどちらなのか。

 簡単なようであんまり難しい問題なので(無論ただ反論するだけなら簡単だが)取り上げようとしてもなかなか難しく、放ってました。いろんなところでまとめ記事ができてたり、コメントがありましたが、それらもかなりの数で要点絞り込むのが大変。
 しかし、今日GIGAZINEさんが長文でしっかりした記事にまとめていたので、それを紹介して代えたいとおもいます。

 『「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ』

 まあGIGAZINEさんの記事もかなり相手をばっさり切ったものなのですが、ほぼこれに同意します。

 わたしがこの問題を知ったのは、上の記事にもある2/27の「痛いニュース」からでしたが、3/7あたりからの怒濤のごとき展開は、そこまで綿密にウォッチしてなかったのでこれ読んで知ったものも。大手新聞社のアレな態度には苦笑すら出てきませんが、ネットでの個人の動きには感服します。長いので時間かかりますが、GIGAZINEさんの記事だけでなくリンク先の元記事もちゃんと読むこともお薦めします。

 たとえこの条例案になんのアクションも起こさない起こせないひとでも、娯楽メディアを楽しむ人、発言の自由を守ることに意味があることを信じる人には、是非読んで知ってもらいたい事柄です。この条例案が通ろうが通るまいが、あちらとこちらにこういう動きがあったということを知るのはこの社会に生きるものとしては大切です。外国からの旅行者でいずれ帰る場所が他にある人か、はたまたこれから死ぬ、社会がどうなっても関係ないひとでもない限り。それくらい、この問題の根が深く、また一本の樹を根こそぎ掘り出したらその周囲がどうなるか、わかってない人たちが起こした問題でもあります。


 うちの意味深なタイトルは、単にアレなアレを皮肉っただけです。なんとなく想像できるなら、その通りです。

 ぶっちゃけ、あの言葉に値するものも、その判断を下すものも、キホーテだろうが風車だろうが同じことですわな。どっちも読み手にはフィクションには違いない、そういう存在。

 フィクションを楽しむはずのこちらの世界の中にフィクションが混じってるというのはいわゆるメタフィクション的ですが、メタフィクションてのはフィクションの中にフィクションが階層的に存在し表現されるものに対して言うと思ってたんですけどね。いつからリアルの中にメタフィクションが存在するようになったんだ。メタフィクションは読み手から見るものであるはず。ここはリアルの世界じゃないのか? 13階か? このひとたちは四次元の住人なのか、「ループ」の住人か、はたまたノワールな三次元人かね。

 しかし例え理解しがたいひとたちであっても、現実に力を持っている以上、こちらも力を出さないわけにはいかないわけで、そういう意味ではアクションのできるひとたちの力に期待するばかりです。この場合は条例案の否決に投票できる都議たちのことね。実際これだけ大きなまわりの声が出たところで、議決で決まるんだからまだ否決されるとは限らないってのがなんとも。無論反対する世論がないことには、否決の可能性すらなかったってところが恐ろしいとこでもあるんですが。

 民主党が内閣作って以来、ほんと現実が現実とは思えない決まり事を平気で出して通そうという世界になっちゃってるからなぁ。それもアレな世論が民主党勝たせる世界になってるからかもしれませんが。つまりある人々には自業自得なわけだけど、全く賛成してないこちらにも物凄くしわ寄せが来るってのは、声の大きさで勝つ多数決の歪みを如実に現してる気がするわ。子ども手当て、いっそ全部潰れてほしい。

|

« 「レグザチューナー D-TR1」とな。 | トップページ | 漫画家「佐藤史生」さん、ご逝去。 »

コメント

こんぬつわw

ごぶさたしています。

早速ですが・・・もう「数の暴力」民主主義を悪用した独裁政権と言ってしまいたいほどです、いまの政府。

やほーのニュースでは、ポッポや顔つき悪い幹事長が出た記事のコメント欄には・・・もう非難囂々。


非実在少年・・・まぁ確かに中にはえぐいものもあるし、同人誌でも行きすぎた感のものもありますが・・・ねぇ、やりすぎw。

ここ最近「海モモ」の再放送を見ていまして最後の方にはほとんど「本編中に不適切な表現がございましたが云々」のクレジットが入ります。

妻と顔見合わせて「今日の話しにそんなの(不適切表現)あった?」と話しましたが・・・多分変身シーンやちょこっとパンチラが出てたようですが・・・んじゃ「ヤダモン」はどうなんだよ!CSでクレジット全然出ないぞ!・・・・・・いまひとつ基準がわかりませんw。

話は逸れましたが、要は偏った見方で権力が有るものがそのことに対して規制等を掛ける・・・横暴ですね。

ま、私は現与党には衆院選に入れなかった者なので、しわ寄せ感は否めません。
夏の参院選は推して知るべし・・・じゃないかなと思っています。

投稿: 海♪ | 2010/03/25 10:25

 お返事遅くなりまして申し訳ございません。

 わたしも現与党には入れなかったクチです。まあ前与党にもそれまで入れてなかったけど。なんというか、ほんと入れたやつらに責任とってくれよといいたい気分ですね。せめて半々くらいだったらここまで酷くなってなかったろうか……。
 最近は市長選とかで現与党側は負け続きですが、これで参院選でしっかり負けてくれないことには、本当に日本オワタになりそうだ。でもねじれ国会になっても衆議院取ってるほうが強いから、あと4年は日本の瀬戸際続くんだろうなぁ。

 子ども手当ても高校無償化も可決され、このしわ寄せが実感できるころには日本ガタガタになってるだろうな。一部ではもう「子ども手当て」くれって外人が役所に行ってるという話だけど、マスコミはほぼ書いてませんしね。
 実際にはじまったら役所も細かい仕事できないから、言いなりに払うことになりそうな気もする。今の政治家には常識は通用せんのか。官僚の仕事はどうなった。始まる前に潰せる可能性はないのかね……。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100329/plt1003291201000-n2.htm

投稿: やずみ | 2010/03/31 23:08

まずはこいつを見てくれ・・・
http://news.livedoor.com/article/detail/4742000/

どう思います?
すごい担当者の主観というか胸先三寸で決まるというか・・こういうのを条例として制定していいの?えぇ~という感じです。
まぁ、すくなくても私が知ってる栃木の方は一安心でしょうが(笑)

栃木の方ネタにしてすみません
えいしん

投稿: えいしん | 2010/05/01 06:13

 えいしんさん、こんにちは。遅くなりまして申し訳ありません──毎回だな。

 これ、今日になって地元新聞にも載りました。まあ一部ですが。なんかもう最初から最後まで間違えてるというのがよくわかるなぁと。反対派のいいたいことが全く理解できてないということですね。
 次のときに、しっかり廃案になってくれることを祈ります。

投稿: やずみ | 2010/05/07 12:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「非実在少年」とその定義者とは、キホーテと風車のどちらなのか。:

« 「レグザチューナー D-TR1」とな。 | トップページ | 漫画家「佐藤史生」さん、ご逝去。 »