« 新年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | PS2『ワンダと巨像』 »

U2410のレポートその5。くらくなるまでまつて。

 今年から、カウンターつけてみました。
 でも正月3日も過ぎてから(笑)。累計で15393だったけど、せっかく初めて出したんだから、0にリセット。


 今回の記事を書いてたのは年末ですが、年越してしまいました。
 返品は決まったことを先に書きましたが、それはおいといて。時間戻して、前に試したことを。

 モニタをいかに眼に優しくするか、輝度を下げるなど設定いじる以外にはグッズを使うしかありません。
 で手っとり早いのが、サングラスかなーと思い、普段使ってるサングラスをかけてみました……するとですね。

 まっくらけ。なのですよ。

 いえ、スモークなのでそりゃそのままより暗くもなりますが、部屋を見回してモニタに来るとモニタの中がまっくらなのです。なんじゃこりゃ?

 でまあ、すぐに気付きますが、原因はサングラス。わたしが持ってるレイバンのサングラスは偏光サングラスなんですよね。運転してると、時々一部の車のリアガラスが斑点状に暗くなるんです。良く知りませんが、いくつかのリアガラスは最初から偏光レンズ状になっててそれとサングラスの偏光フィルムがバッティングするのではないかと。で、このU2410もそういう仕組みがうちのレイバンとバッティングしたんじゃないかと。なぜかといえば、顔を横にするとすっきりしてまともに見えるようになるから。顔を横にし続けるわけにはいきませんが、ピボットで縦にすればこのサングラス使えます。

 ちなみに店のモニタS1910-HRはこのサングラスで見ても全く暗くなりません。あれはVA液晶。家の親のとこの液晶TV「REGZA 32Z7000」もIPS液晶ですが、仕組みが違うのか暗くなりません。なんかU2410が採用したらしい、簡易型になったと言われるパネルのせいですかねぇ。LGのIPSパネルは二世代ほど前のパネルから色々変更されてるそうですし、U2410で採用された物もまた一つ前のと変わったらしいです。

 まあ正直ピボットでしか使えないんじゃ役に立ちません。サングラス使うなら、普通のやつ買わないといかんですね。
 でまあ、お手軽にサングラス使うのはひとまず却下。

 次に定番の液晶につけるフィルターです。でもすぐに買ってくるところなぞ、田舎にはありません。殆どがノート用の小さいサイズしか置いてません。
 お手軽に試したのは、うちで以前使ってたCRT用のフィルター。なんといっても光興業のフィルターですよ。これ以上のフィルターはないといってもいいシロモノです。三菱の22インチCRT用で、グレードも一番いいやつです。GVLZM1-22C8(CAD8)。CAD用で色の変化が少ないよう可視光線率は84%なのであまり輝度は落ちませんが、低反射で見栄えはよいです。新古品ですが2万円代程度でヤフオクで落しました。使ってたのはSONYの21インチモニタにでしたが、モニタが壊れたので保存してました。

Pict6822_r6
 無論24インチワイド液晶には大きさが合いませんので今までは出してなかったのですが、別に一部でも試しならいいかと思いまして。とりあえず画面に立てかけてみたわけです。それがこれ。下に何か置いて縦を合わせてみましたが、物をおかずに横にしてそのまま立てかけても見ました。

 実際に合わせて気付きましたが、フィルタの内径(縦)がモニタの内径(縦)とほぼ同じです。幅さえ合うなら、このまま取り付けてもなんとかなるくらい。そういえば以前調べてたとき、CRTモニタ(無論4:3)のサイズに2足せば、液晶モニタと同等の大きさになるというのを見ました。22+2=24。なるほど。もちろんこれはワイドモニタなので横は長いですし、ベゼルの幅とかあるしきっちりいっしょでもないですが(0コンマ1mmくらい違うかも)、ということは22、3インチ程度の4:3液晶買えば、このフィルター再利用できるってことだよなぁ……今どきそんな液晶はないだろうけど。

 話戻して、その光フィルターを立てかけてみたところ、若干質感が変わった(色も)感じなんですが、一向に気持ちいい、とはいかない。近づいて良く見ると、なんとあのギラツブが、ほんの少しですが、より目立つではないですか!
 フィルターを持ってモニタから離して見てみると特に見えません。ベゼルにぴったり立てかけておくと見える。基本的に画面とフィルターとの間は開いているので、画面とフィルター内面との乱反射じゃなかろうか(この光のフィルターは内側も低反射幕ありますけど)。頼みにしてた光のフィルターが、まさか逆にギラツブを目立つようにさせてしまうとは……(まあほんと些細な変化ですが役に立ってるかわからない)。その分眼をさらに離せば(大体90cmほどに離れると)さほど気にならないとも思いますが、毎回モニタから離れてくな……。

 そんなわけでフィルターも、ベゼルの上につけるタイプは微妙。外光の乱反射を抑え、輝度を下げる目的なら間違いではないけども、それでギラツブが目立つようじゃぁなぁ……。
 画面に貼るタイプなら液晶画面と離れてないからそんなに目立たなくなるかもしれませんが、試してみないことにはなんとも。あとはナナオのモニタにはめ込む液晶保護パネルとか……でもあれってフィルターとしての体はなさないみたいだし、ベゼルの内側にはめ込むようだから同じサイズとはいえ、他のモニタに使えるかは不明です。

 あとはもうモニタ側はおいといて、OA用の眼鏡しかありません。普段眼鏡もしてるのでかけるのに違和感はありませんが、コンタクトレンズもしている以上、度無しのレンズを入れた眼鏡(もしくはサングラス)のほうが使い勝手がよいでしょうね。眼鏡のほうが度が弱く、そっち掛けたらそもそも40cmくらいまで近づかないとはっきり見えづらいので、パソコンするときは大抵コンタクトレンズのまま、長時間眼鏡でパソコンつついてることは無いです。

 OA用眼鏡も、近所ではとくに売ってませんでした。昔はパソコン関係のところにあったものですが。あとはちゃんとした眼鏡屋でしょうが、ああいうところ行くと高いのしかないんですよね……。
 ねと友のえ○しんさんに教えていただいたのが、b.u.i──ビュイと呼ばれるプラスチックグラスを使ったOA用眼鏡。正月セールだそうで、リンク先だとかなり安かったです。まあフレーム代金を抑えてあるんでしょうが、この手ので二万も三万もするのでは到底買えませんな。ただ眼鏡は実際に掛けてみないと、フレームがちゃんと顔に合うかどうか、レンズの位置が自分の必要な位置に来るかどうかがわかりません。そういう意味では、この手の通販は賭けに近いです。私などは顔の幅が広めなので、フレームによってはきつかったりします。それだけにこれは簡単には選びづらい。眼鏡屋行ってフレーム確かめて、それからレンズだけ入れてもらう方がよさそうな気はしますね。
 眼鏡のサイズやパーツ名などについては、こちらこちらここなどが参考になります。PD──瞳孔間のサイズを計ったり、今自分がかけてる眼鏡のサイズを参考にすると、ネットでも大外れなフレームを選ばなくてよいかと。今眼鏡をもってない人は、眼鏡屋でちょうど合うフレームを探しそのサイズを覚えて帰るのもいいかもしれません。

 あとは普通にサングラスか……ってそっちのほうがいいものは高いわけですが。今使ってるのはレイバンの偏光サングラスですが、これは正直レンズがいまいち。プラスチックレンズなのですが、どうも歪みがある気がする。眼鏡はガラスが一番いいと思ってるもので(メンテナンスも楽だし)、偏光グラスは劣化するという話ですし、いつかガラスレンズに入れ換えたいと思ってるくらいです。
 ちなみに色合いが変化すると困るパソコン用ではできれば透明のほうがいいのは確かですが、そもそも輝度が高くてまぶしいから光を抑えるとして、スモークグレーなら色合いはそう変化しないので買うならグレーを。よくサングラスでイエローのものがありますが、あれは輪郭をはっきりさせるにはいいようですが色合いは変わるそうですので注意。

 OAグラスが到着したら、またレポートを。 

|

« 新年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | PS2『ワンダと巨像』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U2410のレポートその5。くらくなるまでまつて。:

« 新年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | PS2『ワンダと巨像』 »