« U2410のレポートその5。くらくなるまでまつて。 | トップページ | U2410のレポートその6。さらばなみだ、といいたい。 »

PS2『ワンダと巨像』

 名作『ICO』を作ったチームの第二弾。それが『ワンダと巨像』です。
 どちらもPS2用ゲーム。カテゴリがPS3/PSPですが、PS3に入れてやってるからいいんだい。
 『ICO』はもうとにかく凄いゲームでした。アクションがとにかく凄いってことはなくて、やってることはほかの3Dゲームとそう変わらないんだけど、かつての『プリンス オブ ペルシャ』のような妙にリアルな人の動きができるのが特徴。飛び下りたときのアクションと音とかがリアルなんでしょう。あとはとにかく、設定、音楽、演出の勝利ですね。少女ヨルダとのつながりこそが、このゲームのキモといってもいいでしょう。

 で、その第二弾『ワンダと巨像』はなぜか買わず、ずっとやってなかったのですが、正月に中古屋で見つけて購入。ベスト盤の価格とほぼ変わらないてのがなんですが、とうに廃盤になってるのでさほど気にせず、値引き券もあって、2300円ほどで購入。ぼちぼちやってました。

 亡くなった少女を生き返らせるため、謎の遺跡にやってきた青年ワンダ。少女を遺跡内に横たえると、突然天窓から差し込む光の中、不思議な声が響きます。声によれば、ワンダの持つ剣と勇気があれば、なんとかなるかもしれないと。遺跡内に並ぶ巨大な像たち。それを全て壊せばよいが、人の力では破壊できない。しかし、この地のどこかに徘徊する巨像たちを破壊すれば、呼応する像が破壊されるという。巨像は強いが、太陽の光に剣を照らせば反射する光が巨像の弱点を指し示す。剣の光に導かれ、愛馬アグロを駆り、ワンダは巨像を倒す旅に出ます。ヒト、鳥、魚などを模した巨像たち。身体の一部にしがみつき、這い上がり、弱点である光る紋章に剣をつきたて、ついには巨大な身体は地に倒れ、塵となっていく……そしてそこから這い出てくる黒い何かがワンダの身体に突き刺さり、彼は意識を失います。遺跡に倒れ伏しているワンダを見下ろす黒い影。そして遺跡内に鎮座する巨大な像が一瞬にして破壊され塵と化し、目覚めたワンダの周りには既になにもおらず、そして天からの声が次なる巨像のことを語り始める……。こうして巨像の破壊を繰り返すたび、ワンダの身体に黒いものが入り込み、彼を見下ろす影が増えていきます。眠る彼の意識に浮かぶは少女の吐息。はたして、巨像を全て倒したとき、彼女は生き返るのか? 彼はどうなるのか?

 基本アクションですが、最初はどうやってこんなデカいの倒すのかと思ったくらい。第一の巨像は15m弱くらいかもうちょい下、なすすべもなく払われたりして、死にました。そのうちジャンプしてからの「つかみ」に慣れると、なんとか脚から腕とかにはい登ることができはじめ、三四回目に飛び移りができるようになったら途端にさっさと背中に登れて、頭の天頂部にある弱点までたどり着けました。んで、初の退治完了。

 巨像は、形もしぐさもそれぞれ違うため、当然攻略方法も違います。基本はとにかくよじのぼり、光る紋章のところでしがみつきながら剣をつきたてること。最初のやつは三四回差して倒せたけど、後半に行くに従い、順番に弱点が出たり弱点をさらすための用意(相手をひっくり返すとか一部を先に壊す)などが必要になったりします。アクションに弱い人には大変だろうけど、ものすごくシビアなアクションではないし、しがみついてると消耗する体力(というか握力か)がなにもしなければ元に戻るように、削られたHPも放っておくと次第に回復します。だから一旦距離を取ってHP回復して再チャレンジもできないことはないです。まあ死んでもすぐ巨像との対決からリトライできますけどね。
 本格的に戦いが始まると、天の声が攻略のヒントもくれます。そのヒントの中身に気づいて、対処できるかどうかが問題ですけどね(二三わからなくて、ネットで調べました)。現在9体倒して、半分過ぎたかなというところ。


 起動してるのはPS3で、U2410にHDMIで繋いでます。無論PS2でPS3にて1080pに変換されてますが、正直この『ワンダ~』はただのズームっぽい感じで、補完がうまくできてるとは言い難いです。背景などはさすがですが、ポリゴンの関係かワンダらがなんというかただドットを倍にしてるだけっていうアレに。ジャギーがヒドイです。巨像などは大きいし表面処理などもあって特に気になりません。出てくる人間がワンダと少女だけなので、違和感もそう続くわけではないですが、前にやった『A.C.E.』などはボケた感じにはなるけどこんなジャギーは出なかったんだけどなぁ。何か設定しだいでもうちょいマシになるかな。

 あと『ワンダ~』自体の設定もちょっとHD向きではなかったかも。このゲームはプログレッシヴ対応ですし(プログレッシヴへの切り替えはゲーム内で設定する)、D4端子とかあるワイドブラウン管TVがおそらくもっとも向いてます。画面も4:3と16:9のどちらかに設定できます。ただこの16:9は上下に黒帯つけたものなので、ワイドブラウン管などだと普通に拡大できるので問題ありませんが、今のHDモニタだとこのまま拡大はしません。黒帯含めて4:3なのは変わってないからです。だもんで、手動でズームができるモニタでなければ、普通に4:3でやったほうが大きめに見えるし無難です。U2410でもある程度ズームできますが、この16:9分の黒帯を消すほどのズームは無理で、どうしても多少黒い外ワクがつくことになります。まあここらへんは、モニタ次第、好みで選んでください。てか、すなおにブラウン管でやったほうが綺麗だろうなぁ、これ。

 そんなこんなで、多分半分程度にはきたと思いますが、そんな私に不意打ちが。

ワンダと巨像 PlayStation 2 the Best(再廉価版)

 2月4日発売予定だそうです。定価1,800円で、amazonだと現在1,604円、当然配送無料。
 500円以上違う……orz
 くぅ、2月4日までにクリアしろってことかいな。

 ま、まあ私のことはおいといて、なかなか面白いので、お薦めです。安いしね。
 できればプログラムの問題でこれまた廃盤になってる『ICO』を復刻せんかなぁ。ちゃんとHD対応で、できればPS3でリメイクだとさらにうれしいけど。

|

« U2410のレポートその5。くらくなるまでまつて。 | トップページ | U2410のレポートその6。さらばなみだ、といいたい。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PS2『ワンダと巨像』:

« U2410のレポートその5。くらくなるまでまつて。 | トップページ | U2410のレポートその6。さらばなみだ、といいたい。 »