« PS3版『オブリビオン』のその後。 | トップページ | U2410のレポートその4。サポートしておくれ、ふるさとへ。 »

U2410のレポートその3。PS3を接続する。

 U2410にPS3をHDMI接続してみました。わたしが注文したamazonのHDMIケーブルは来年らしいので、親のところのDVDプレイヤーのケーブルをかっぱらってきて、PS3もPCの側に持ってきて接続。

 通常ケーブルを変えてもPS3の電源入れると信号を拾って自動的に接続の再設定しますが、音声出力も自動的にHDMIにされました。モニタにスピーカーつけてもいないので、PS3起動後出力を光ケーブルに戻しいつものワイヤレスヘッドフォンのプロセッサーにつないで聞きます。いやー、高解像度は美しいなぁ……あり? モニタ側のデフォルトでワイドモードが全画面になっていたので、上下の黒帯が無い代わりに縦長になってました。これも直して(全画面の他は縦横比か1:1。1:1はドットバイドットのことで、フルHDでない信号の場合は小さくなるので、縦横比にしておくのが無難)、ついでにモニタの設定をゲームにしておきます。あ、モニタやPS3の映像関連の設定なども微調整。PC用モニタなので、HDMIはフルレンジ、スーパーホワイトもONに。モニタの設定でダイナミックコントラストというのは時折不具合が出るみたいなのでOFFに。そうでなくても、輝度を落とすと自動的に解除される仕組みですが。いややっぱりまぶしいので、PS3繋ぐときでも落とします。

 で、週間トロステとかゲームとかDVD見てみました。

 高解像度でみるトロステは綺麗。ただしスクリーンショットで撮った画像は解像度が低いまま……高解像度カメラはなくなったんだっけか。PS3のOSやトロステは基本1080p。流石の高解像度です。

 ゲーム。買ったゲームは1080pのものはなく、みんな720p。ドットバイドットでは画面中央に小さめの状態になるため、ワイドモードを縦横比(アスペクト比)に変更。
  『ガンダム戦記』では情景の隅々がはっきりと見えますし、無線連絡の仲間の顔も表情がちゃんとわかります。さすがに臨場感あがるな。無論迫力やバランスで37インチTVには負けますが、HDゲームの綺麗さを知るには十分なサイズか。ただ任意で動くとはいえ、3Dタイプがメインのゲームを視野一杯に広がるサイズでやると、かなり酔います。21インチブラウン管でやってた『オブリビオン』では、ものすごく酔うことはまれだったけど、37インチTVで見た『オブリビオン』は、十数分で気持ち悪くなりました。ひとによるとは思いますが。本格的なFPSは私には無理かな。

 DVD。PS3アップコンバータの威力を確かめました。とりあえず近場にあったOVA『ゆるめいつ』を。今年の4月末に発売のものですが、未開封でした(笑)。……こりゃ凄い。元のサイズで見るとボケボケなのに(ドットバイドットだと当然小窓状態)、アプコンかますと多少小さいところで波打つ線もあれどほぼフルHDと違和感のない動画に。ノイズリダクションの数値どれくらいにするとよいのかはわかりにくいですが。『ゆるめいつ』は、原作のすっきり感にテンポよいツッコミが上手く表現され、実に笑えました。夜中に爆笑するのはまずいけども。

 そんなこんなで4時間弱楽しんだわけですが──。

 目が疲れました。いやほんと。目の奥が重い感じに。

 もっとも、これがモニタのせいとすぐには言えないかな。やってたのがゲームか動画ですし、ゲームだと上のように3D酔いも絡みます。ただ、終わってからブラウザの白ばかりが目立つページを見てると、さすがにくらっときました。二日ほど普通に夜中ネット見ててそこまで疲れた覚えがなかったので、モニタのせいともいいづらい。どちらも連続7~8時間は点けてたし。最近3Dものをしてると以前より3D酔いも増えたので、単に自分の体調のせいかもしれないし。CGの凄いFF13の体験版などもしたので、これが効いてる気もしないでも無いです。ちなみにモニタから目のあたりまでの距離は7~80cm程度。これくらいだと、噂のギラツブもさほど感じません。40cmくらいまで近づくと流石に気になるけど。

 これの前はナナオの17インチブラウン管モニタを使ってましたが、そちらでも7時間ほどモニタの前にいたこともあります。このモニタではフィルターも使ってませんでした。白地でも細い字でも普通でした。それがこのモニタになるとやはり疲れやすくなった気はします。文字のリアルサイズは前のモニタと同等のはずですが、前より20cmは離れてるので、もうちょいきついかも。それに輝度がやはり高いんでしょうか。どこかで見た文章では液晶はCRTの3倍ほど輝度が高いとかありました(時期によって違うでしょうが、実際同じ程度には見えない。輝度100にしたら、単なる照明器具)。ドライアイ、ではないけど、ドライアイっぽくもなりそう。

 ゲームにしたって、SDブラウン管でやってたのがいきなりHDになったので情報量多いし、違和感出てつらかった、という可能性もあります。ブラウン管TVも大概明るめですが、かなり離れてるし小さめに見えるので無理がかからなかったのかも。情景がめまぐるしく回ったり、小さいディティールに目がいくので必要以上に疲れたかな。なんにせよ「ゲームは一日一時間!」という標語を忘れてはいけませんね……。

 あとゲームといえば、うちの初期型PS3はPS2ゲームが動くので、無論こちらもアップコンバートできます。試しに『A.C.E.』を入れてみると、DVDのときほどシャープではありませんが、ボケボケというほどでもない画質に。特に遅延とかはわかりません(まあリズムゲームじゃないから)。色ずれとかもないので、普通にプレイできます。

|

« PS3版『オブリビオン』のその後。 | トップページ | U2410のレポートその4。サポートしておくれ、ふるさとへ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U2410のレポートその3。PS3を接続する。:

« PS3版『オブリビオン』のその後。 | トップページ | U2410のレポートその4。サポートしておくれ、ふるさとへ。 »