« U2410レポートその2。色ムラ。 | トップページ | PS3版『オブリビオン』のその後。 »

ガンダムカラーは、追いきれない。

 ガンプラといえば、今や一般人にも知られてる、日本随一のプラモデルジャンルとその通称です。最初のTV版『機動戦士ガンダム』が打ち切りにあったものの、その後いろいろと復活し、なおかつまだまだ弱かったバンダイが一躍トップメーカーになったのもガンプラブームのおかげとも言えるほど、アニメ『ガンダム』シリーズを支え続けた強固なる立役者。最初は他のプラモとそう変わらぬ白一色の、モナカ割りなプラモデルでした。強いて言えば、他のものより肩や膝、くるぶしなど関節機構がちゃんと全部あったことなどが丁寧な作りだったかな(昔は一部しか無いものも多かった)。

 そんなガンプラも時代を経るにつれそれまではなかった新技術がどんどん採用され、プラモデルの進化に一役買ったのも一部では有名な話。今では普通に売られてるカラフルで組み立てるだけでオリジナルに近い配色になる色付きプラモデルも、元はといえばトイから流入しそれを製造加工技術から始めた一大システムに仕上げたのも、ガンプラ。現在のものは、初代いろプラとは雲泥の差です。

 ただ、そうした今だからこそ素組み(組立てただけの方)モデラーも多いですが、昔は足りない色は塗らないと劇中のイメージは再現できません。となると慣れなくても塗装に挑戦するのは当然。みんな下手は下手なりにがんばってました。わたしのように不精な人間は、イメージに近い(そのものとは限らない)塗料を買って、劇中とは多少違っててもマイプラモと思って塗ってたものです。ただまあそれでもできれば原作オリジナル風に塗りたいのは山々。そこで生まれたのが、劇中の配色を再現した専用カラー、ガンダムカラーでした(前振り終わり)。

 ガンダムカラーは、旧・グンゼ産業(現・GCI.クレオス)がラッカー系の塗料Mr.カラーをベースに、ガンダムのMSの専用カラーを配色し販売したものです。戦闘機、戦艦などの軍用色とかはそれまでにもありましたが、一キャラクターものののしかもその中の一部機体の専用カラーが出るというのは、いかにガンプラが売れていたかってことですよね。当初はガンダムやシャアザクといった数種類でしたが(こちらに復刻版の写真が。全6種だったか)、いつの間にか主要なガンプラは殆ど網羅するほどの勢いで出てます。HGが基本になったあたりから増えた気がするな。今出てるものは殆どがHG用で、中にはMG用というのもあります。
 ただ発売当初から三本セット(単体で売ってるものもある).なもので、足りない色があるのも確かですし、別のMSで同じ色を使ってるのも多々あります。足りないものが普通の色合いならMr.カラーなどで補完すればいいし、塗りたいMSと同じ色を使ってるMSがあればそのMSの専用セットを買わずとも他のセットを買えばいいのは理屈。ただ、そうはいっても、製造元ですらリストの更新が止まったまま。現在出てるセットの名前すらわからないのでは、配合された専用色がわかるはずもありません。
 そんなわけで、今までは実店舗でもネットショップでもいいからいちいち探して確認せねばならなかったわけですが、これが一発で何の色が入ってるかどのMSとダブってるかがわかるページがありました。

 えくすぺりめんたるさんが作られた、こちらの「ガンダムカラー 検索システム」です。いやガンダムカラーで検索したら上位に来てるので、前に探したときは見つけられなかったのが不思議ですが。

 上のネットショップのページは売られてるパッケージの写真もあるのでこれはこれで便利ですが、こちらは検索システムなだけあって、ダブリとか新色とか探すのも速いです。お気楽だけどちょっと足りないとこ塗るくらいは──ってモデラーには大変便利ですね。惜しむらくは、同じガンダムカラー系統ながらもっと気軽に塗れるガンダムマーカーまでは載ってないことか。あれは基本的に単品売りなので(MS専用セット売りは少ない)、検索というよりリストだけあればよいかもしれませんが、いっしょにまとめてあると便利だったかも。

 12/28、追記。さらにガンダムカラーの調合レシピを載せているところも見つけました。
 「ガンダムカラーレシピ」
 ガンプラの説明書に書いてある、ガンダムカラーでない、色+色の調合割合。それを元にガンダムカラーの特定色がどの色から調合できるかをリスト化してます。上のとあわせて、必要な色を探すのには便利かと。


 これでこれからはガンダムカラー買いすぎて悩むこともないし、新色がどれかもわかりやすく必要のないものを買うことも減るでしょう。てか地元ではほぼ一店舗しかまともにそろえてないし、ウィンドウの中なのでいちいち出してもらわないと確かめられないので助かります。

  「ガンダムカラーは追いきれない」は、返上ですな。よかったよかった──そもそも買ったら塗らないといかんのだが、最近塗るまでいってない。というか以前買ったガンダムカラー、ほとんどがどっかに消えてしまって見つかりません。こうして揮発し使えなくなった塗料の何と多いことか。

 ちなみにこれ見つけたきっかけは、昨日『ダブルオー』の敵方アロウズ専用色セット(アヘッドやジンクス用)を買ってきたから。ホワイト4とかブラック1は前にもあったし、残るレッド14もどっかになかったかな?と買うの止めるか迷いました。でもまあこんな感じのレッドは多分買ってなかったはずなので購入。で、検索システムで調べたらレッド14は新色だったそうです。間違えてなくてよかったよかった。

|

« U2410レポートその2。色ムラ。 | トップページ | PS3版『オブリビオン』のその後。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムカラーは、追いきれない。:

« U2410レポートその2。色ムラ。 | トップページ | PS3版『オブリビオン』のその後。 »