« 漫画『虫と歌』を読みました。 | トップページ | DELLの24インチ液晶モニタ「U2410」。ポチっとな。 »

キーチェーン型デジタルカメラ「EXEMODE SQ28m」

 というものが発売されるそうです。手のひらにすっぽり納まる程度の、いわゆるトイカメラですね。方式はデジタルですので、トイデジと呼ばれるもの。ソースはAV Watchの記事。オープン価格ですが、実買予想は5,985円くらいだとか。

 トイカメらしく少しダルい画像だったりヴィヴィッドな画質だったり四つの設定ができます。センサーはCMOSで1/2.7インチと小さいかわりに画素は有効192万画素と少なめで、ノイズの少ないやわらかめの画を作れるそうです。ノーマルやモノクロだとかなりいい感じに見えます(画像サイズは小さめの1,200×1,280ドットのJPEG静止画。
 内蔵メモリは64MBですが、2GBまでのmicroSDメモリが入れられるので、静止画は結構撮れます。

 問題はもう一つの売りの動画。
 Motion-jpeg方式で320×240ドットサイズで撮れるんですが、8mmカメラを意識した面白みのある動画だそうです。

 ──確かに色合いはそれらしい。が、そのコマ数が8fpsってどうなのよ。確かに面白い動画にはなるけど、8mm映画を意識するなら秒18コマか24コマでしょうが。

 8コマってのはいかにも遅すぎる。いつの時代のカメラだ。モノクロで撮って等速で再生すれば(Motion-jpegだから、できないこともない? もしくは変換でできるんだろか)、大昔の懐かしの映画風味にはなるけど……。こだわるならそれくらいこだわって、三種類のスピードとかにしてほしかったなぁ。音声が撮れないのはまあ割り切るとして。

 ちなみに公式サイトがこちら。TOPに動画のサンプルがあるので見られます(GALLERYにも)。3分弱でまとまってますが、正直このコマ落としをえんえんと見るのはつらいと思う。長くて2分くらいか。三脚などは付けられないので(クリップか何かではさめばオッケーですが、そういうカメラでもないよーな)手持ちで動くうえにこのコマ落としでは……。面白い画づくりとはいえ、飽きは早そう。極端なリミテッドアニメみたいですが、アニメは絵だからまだごまかしもできそうだけど、これは被写体もカメラも動きまくるからねぇ……。いかに編集し、どんな音楽を入れるかが重要になりそうですが、そういうのはこういうカメラには似合わない気もするな。

 静止画のほうは悪くないので、値段も安いし、試しに買って持ち歩いてみるとブログなどに上げる分には楽しいかもしれません。ポケットサイズだし、通勤通学が遠めで、またいろんなところに行ける人にはね。私みたいに家と店の往復車で10分、一本道、歩いたって2キロの道なりでは同じものしか撮れず、バリエーションの少ない道行では元をとるのはいつになるやらわからないけど。

 自動露出、固定焦点だけど切り替えで15~50cmのマクロも撮れるし(サンプル画像は小さすぎて無限遠も接写もわからないが)、ベースは最初に持ったFujiのデジカメっぽいけどずっと使い勝手がよさそう。なによりサイズが段違いで気軽に持ち運べて写せるのは楽しそうですし、余裕があったら買ってみてもいいかもしれません。見つかればね(企画のカメラピープルの通販では発売前から絶賛売りきれ中)。

|

« 漫画『虫と歌』を読みました。 | トップページ | DELLの24インチ液晶モニタ「U2410」。ポチっとな。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーチェーン型デジタルカメラ「EXEMODE SQ28m」:

« 漫画『虫と歌』を読みました。 | トップページ | DELLの24インチ液晶モニタ「U2410」。ポチっとな。 »