« キーチェーン型デジタルカメラ「EXEMODE SQ28m」 | トップページ | DELL 24インチワイド液晶モニタ U2410、到着。 »

DELLの24インチ液晶モニタ「U2410」。ポチっとな。

 タイトル通り。DELLの24インチワイド液晶モニタ「U2410」、押しました。

 ……あいや、カートに入れる、をクリックしたわけですが。U2410はデジタルハイエンドシリーズなので、基本DELLのオンラインストア(法人向け)の直販です。商品ページはこちら。法人とありますが、実際には個人でも買えます。
 購入を決めたのは、値引きキャンペーンがあったから。発売当初2009年8月の定価は72,450円でしたが、発売後すぐに2万円引きが始まり、その後上下を繰り返しつつじわじわと下がってきました。で、12月22~24日限定でついに税込4万円を切ったのでした。現在税込38,900円、送料込みで40,750円です。

 来年果たしてこれ以上下がるかはわかりませんが、後継機が出るという噂もあるので大幅値引きしてきたという可能性もあります。でもまあ新型が出てもこの値段ではすぐには買えないだろうし、今後フルHDパネルが増えていくのは確かなのでそっちに変わっても困るし、思い切って買うことにしました。そろそろCRTも寿命が来そうだし、パソコン本体も寿命が来そうなので、じわじわでも新しい環境を作っていかないと。

 U2410の特色は、AdbeRGB対応の広域色表示可能な24.1ワイドモニタ、まだ珍しいDisplayPortやHDMIなど豊富なインターフェイス、画面を縦にするピボット対応、広角度で見ても比較的視認性のよいIPS方式の液晶などなど。細かく分けると他にもありますが、一応こんなとこ。ハイエンドとうたってますが、IPS液晶としてはミドルといったところでしょうか。価格的にも性能的にもNECやNANAOのハイエンドほどではありません。最低限ハイエンドの機能は持つが、本来ハイエンドに要求されるコストのかかる部分はある程度抜かしてる、という感じです。

 上記二社との一番の違い、デメリットは画面の色ムラをハードウェア的に抑え調整する補正機能(NECのムラコンプなど)がないこと。個体差だそうですがかなりひどいムラのあるものもあるようなので、そういうのをひいたら返品するしかなさそうです。ありがたいことにDELLは、10日以内なら返品可能なシステム。交換、とはいきそうにないのですが、まあそれも対応次第なのかも。
 もう一つはハードウェアキャリブレーションがないこと。キャリブレーションとは、簡単に言えば色合いなどを正確に一定のものに調整すること。上記二社のハイエンドモニタは対応したキャリブレーターを使えば簡単な作業で自動的にキャリブレーションを行います。これもハードウェア的に備わる機能なので、DELLのモニタは使えません。キャリブレーターやソフトウェアを使用しても、マニュアルで調整する必要があり、面倒な上に正確にするにはかなり大変らしいです。
 他にもまぶしすぎるだの虹のようにぎらつくだのいくらかありますが、細かいパーツのローコスト化に置けるものから回路そのものに至るまで、やはり価格差の分はあるかと思われます。

 では逆にメリットはどうか。一番のメリットは価格。他のモニタの半分かそれ以下。液晶自体の広域色対応や広い視認性などの能力は基本的に同等なのにです(ただしローコストのせいか、ギラツブだのまぶしいだのいろいろ言われてますが)。そんな低価格ですが、最低3年間(有償で5年間まで)の保証が標準でつき、ドット抜け保証(輝点のみ)で光ったままのドット抜けが一個でもあれば交換してくれます。ドット抜けは将来出ることもあるので(姉のノートPCは輝点が一個出ました)、このサービスは他社よりずっとよいかと。
 さらにインターフェイスの対応が多く、AV方面のHDMI端子やHDCP対応DVI端子、コンポーネント端子でデジタル放送やBlu-ray Diskのプレーヤーやレコーダーなども接続できます。パソコン向けとしてはまだ出始めたばかりのDisplay Port端子もあり、HDMIかDVIのどちらかとならデジタル端子同士でのPicture In Pictureも可能。無論アナログとのPIPは当然できます。表示速度も、遅いと言われてるIPS液晶としてはそこそこ速く、ゲームなどで問題視される遅延もかなり抑えられてます。つまりPS3などをつなぐのにも便利なわけで、今現在発売中のモニタの中では文句無しに便利な、マルチパーパス・モニタと言えましょう。

 無論映像や画像のプロが使うとしたら、デメリットのほうが問題で、多分余程お金に困ってないと選ぶものでもありません。セミプロが使うにしてもわりきりが必要なモニタとも思えます。まあ、わたしはプロじゃありませんし。NECのムラコンプは欲しいとはいえ、倍以上の価格になると流石に手に入れられるものでもありません。低価格とマルチな端子類、IPS液晶でさらに解像度が1920×1200というフルHDより高さがあることが魅力なので、これに決めました。AdbeRGB対応も凄いけど、Windowsでは対応が甘いのと使えるソフトを持ってないのもあって、多分sRGBで使うことでしょう。そういう点では将来性に期待かな。

 他に三菱の最新の低価格IPS液晶モニタRDT231WM-Xも考えたのですが、サイズが少し小さいのとフルHD液晶なので縦のドットが少ないのが気になって。こちらはリモコン付なので、正直かなり便利そうなんですけどね。普段使うのはHDMIとDVIの切り換えくらいでしょうが、本体触ること考えると圧倒的にこっちが使いやすそう。今の価格はさほど変わらぬ43,000円くらいですし、もしU2410が駄目なら、こっちにします。

 とまあつらつらと特色など書きましたが、こんなことはPC Watchの記事まとめページを見れば書いてあること(外見や詳細なシステムはそちらでご確認を)。まあ単にまとめておきたいだけかな。そもそもちゃんと良品が手に入るかわからないし、輝度やギラツブ、ムラなどが我慢できそうになければ返品しかなかろうから書いた分がすべて無駄に(笑)。なんとまあ時間とデータの無駄使いよ。

 ちなみに受注メールからDELLのサイトで確認したところ、発送予定は来年の1月4日とのこと。クレジットカード払いなので受注はすぐ終了したんですけど、やっぱ年末だからなぁ。まあ予定が早まることもあるらしいから、片づけはしといたほうがいいかな。

|

« キーチェーン型デジタルカメラ「EXEMODE SQ28m」 | トップページ | DELL 24インチワイド液晶モニタ U2410、到着。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DELLの24インチ液晶モニタ「U2410」。ポチっとな。:

« キーチェーン型デジタルカメラ「EXEMODE SQ28m」 | トップページ | DELL 24インチワイド液晶モニタ U2410、到着。 »