« パンター、レオパルド、ティーガー。 | トップページ | 漫画『虫と歌』を読みました。 »

日本の漢方薬の危機? 寝耳に水。

 連日続いて何かと問題視されてる事業仕分けですが、新聞でもTVでも全く聞かないうちに、えらいことが決まっていたようです。

 ことの起こりはどうやら11月11日の仕分け。漢方薬等(うがい薬と湿布薬なども対象内)は薬局でも買えるものだから、保険適用外にしませんかというもの。
 ググると、なるほど大手でも殆どニュースになってません。ココとかココくらいで、詳しくはココなどが取り上げてます。

 【ニコニコ動画】行政刷新会議WG「事業仕分け」(2009/11/11・2-5)">の13分前後あたりに少し、58分あたりから最後のとこで少し、漢方薬の話が出てきます。ジェネリック医薬品の話とまぜこぜになってるのでわかりにくいですが──ジェネリックをもっと推奨しようという話ですが、その代わり患者負担にして使わせようなんて方法も出てます。


 どうにも詳しい資料が見られないのですが。行政刷新会議のサイトから落とせる中には漢方薬についての詳しい資料無し(第2会場評価結果の11日)。結果についても動画の最後に言われたことくらいで、ただ「見直し」とだけ、詳細は不明。動画最後のほうの発言によれば、漢方薬を保険外にするというのは財務省が進めてるようですね。

 これに漢方関連や医師からは当然反対(薬事日報のツムラ社長談)、署名なども集めて出す模様。上のリンクのうち、NSJ日本証券新聞の記事によればみづほ証券が問い合わせたところ、「市販品類似薬の範囲を定めることは『事業仕分け』になじまないということでただし書きとなった」とあります。厚生労働省の管轄に移ったことで、漢方薬の保険外適用のリスクは低いと。

 これが本当に漢方薬も含めてのことなら、社団法人日本東洋医学会の集めようとする署名は過剰反応だろうという人がいるのもわからなくもないですが、可能性が低くなっただけで可能性がないとはいえません。というか民主党の下だとほんとに何が起こるかわからない。民主のいうように、世界標準にとか米ではとかそういう基準でと言うのなら、議題にあがった以上、実際に意見を述べずに厚生労働省まかせなんてことはありえない。だから署名を出すことを過剰反応とか言うのは間違いでしょう。

 最初に知ったソースはココからココ。前者は2ちゃんねる、後者は個人のブログ記事です。後者はまあ途中から妄想入ってますが、個人的には妄想でないと断言もできないところが怖い。100%断言できるものなどこの世にはありませんが……それにしても。いやほんと、民主なんとかツブレロ。

 署名は、一回目締切が11/30、二回目が12/7だそうです。署名するかどうかは個人の判断で。

|

« パンター、レオパルド、ティーガー。 | トップページ | 漫画『虫と歌』を読みました。 »

コメント

すんごく、ごぶさたです。
ちょこちょこおじゃましてるんですが・・・・・・なかなか感想が思いつかなくて、もうしわけありません。

・・・この件については、本日4万人の反対署名を厚生労働省に提出する旨の記事がこちらの地方紙に載ってました。
・・・ネットでも、あるデザイナーさんのサイトでこのことを取り上げていました。
その人は「漢方薬」で病気を治した経緯があるので、やはり憤慨しておりました。

ここのところ、「勝てば官軍」的な民主の動向には、のーてんきな私もいささか首を傾げます。
大鉈は振るわなきゃならないけど、正義の味方気取りでやっためたらに振るわれたんじゃ「暴走」以外の何者でもありません。

・・・・・・なんか先行きがもの凄く不安です、年の瀬も近いというのに(関係ないかw)
だらだら書いてしまいましたが・・・・・・要は「ホントにこれ(民主)で大丈夫なのか?」ということでした。
(ちょっと固いこと考えると、知恵熱が(ウソw))

投稿: 海♪ | 2009/11/30 13:31

 なんか自分で「続き」に書かないでひとまとめに書くと、勝手に「続き…」にされるんだな。今回のは全部さらしとくつもりだったのに。ココログの表記の変更にともなって、書き方考えねばならんな。

 海♪さん、おひさしぶりです。
 わたしも漢方薬飲んでたクチなので、当然……しましたが、そこはそれ、強制してもしょうがないので。

 今朝(12/1)のニュースでようやくこのことを取り上げてましたが、あまりつっこんだ話はしてませんでした。昼のニュースでも事業仕分けに対して疑問が出ているという中の一つに上げただけ。

 まあ選挙のマニフェストからして民主には全く期待してなかったのですが、ここまでひどいとは思いませんでした。選挙結果のときは開いた口ふさがりませんでしたが……TVの街灯インタビューでまだ「れいほーさんがハキハキしててよかった」とのたまう60台前後と思われるおっさんがいたのを見て、若いのならともかくこの年でこれかとまた開いた口が……。こういうひとたちが民主入れたんだろうなーと暗澹たる気分に。わたしなど前々回に最初で最後の民主に入れた一票も後悔してるというのに。

 自民らがよかったともいいたくないけど、じわじわ沈んでた日本というイメージが、今回はいきなり土台にナタ振るってるイメージに……。折れるときはぽっきりいきそうです。そんなに財源作りで予算削りたいなら、まずアフガンに出すって棄て金を削れ。

投稿: やずみ | 2009/12/02 01:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の漢方薬の危機? 寝耳に水。:

« パンター、レオパルド、ティーガー。 | トップページ | 漫画『虫と歌』を読みました。 »