« 帰って来たぞ、PS3~(内蔵HDD戻します)。 | トップページ | 「こんなこともあろうかと」という言葉は最初のアニメでは使われてない。 »

3D映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を観た。

 姉からもらった試写会のチケットで。姪といっしょにいくつもりだったらしいが、二枚当たらなかったのでお鉢が回ってきたわけです。公式サイトはこちら。最初にトレーラーが流れます。

 CG映画の雄として有名なPIXAR社の制作した、初めての人間が主役のCGアニメ映画(初の3Dデジタルアニメとも書かれてますね)。ディズニーの傘下に入ったからというわけではないでしょうが、人間の造り、アニメートが実に平面アニメ的でよい感じ。かと思えばディティールはしっかり3Dで、『モンスターズインク』のように細かなパーツはかなり実写に見えるほどリアル。人間のモデリングは比較にならないほどアップしてます。

 予備知識としては、予告編くらい。カールというおじいさんが長年連れ添った愛妻を無くし、一人細々と暮らしていた。何がどうなったのかそこにいられなくなって、結果たくさんの風船をこぢんまりした家に取り付けて大空へ舞い上がることに。今は亡き妻との思い出、幼いころからの妻の夢である幻の滝へ旅立ったのだ。果たしてカールの冒険の果てには何が待っているのか──。

 おもしろかったです。物凄くハラハラドキドキするとか、最高に盛り上がる一瞬があるとか、勧善懲悪的にカタルシスを得たわけではありませんが。いえ最初思ってたよりもずっと冒険らしい冒険になって、生死をかけたハラハラドキドキするシーンもいくつかあるんですが、どこかおとなしめで、こぢんまりした冒険というか。ファミリー映画としては十分だと思いますし、子どもをあまりおびえさせるのもなんだと思うので、これでいいんでしょう。恐怖を感じさせられることもできたシーンなんかも、案外あっさり目でアクションに移行、シナリオはわりとオーソドックスですがカールじいさんの変わりようを、旅の道連れ、思いがけない冒険でしっかり描いてます(まあ心理描写とか細かいものなど、日本アニメと較べるのは間違い)。

 それに、出てくるキャラクターが、一人と一匹除いてなかなかコミカルでチャーミング。特にとある動物。これがもう可愛くて。ちょっとおバカな、だけど忠義があり、愛嬌があって、人間らしいアクションをするほど擬人化してるわけではないけど、あるギミックで擬人化されたキャラクターでありつつ、かわいい。家に帰って駄犬とくしゃくしゃしたくなりました……帰ってしたらしたで、あちこち舐め回るので辟易しましたが。もう少し命令効けよ。お座りは伏せじゃないし、待ても覚えろ。

 ともあれ、いろいろあって、カールじいさんが前向きに、道連れたちもいい感じで、ハッピーエンド。エンディングもほんわかする感じで終わります。……が、そのあとのスタッフロール、だからそこでいきなり立つなっつーに。バラバラと、帰る人が。余韻楽しませろよー。明るくなるまで立つなよー。

 ちなみに見に行ったのは3D版。「デジタル3-Dシネマ」というやつです。入る際に液晶シャッター式メガネを渡されました。赤青のセロファン式と違い、電子シャッター式の映像だと色相で別れてないので素のまま見てもとりあえず見られます。ただし奥行きを感じる箇所は二重にダブってるし、チラつきがかなりあるので意味ありませんが。それより3D見ても色の分離がないため、映像が自然です。
 上のリンク先のワーナーマイカルの説明だともっと簡易なメガネでお持ち帰りいただけますとかありますがこれは方式が違うようで、今日のは終わると出口で回収してました。同じ3Dでも三つほど(アイマックス除く)方式があるようで、地元TOHOシネマズはこのXpanD社のメガネでした。なんでもパッシブ(能動的)なせいか、見え方は一番いいそうな。
 欠点としては、Real D方式と違い使い回しなので(消毒はしてると思いますが)シャッター部に多少汚れなり傷なりが出ることかな(私がかけたメガネは右に少し擦り傷が。軽く拭いても取れなかったので多分傷)。あとメカニカルな分ボタン電池が入ってて重い。慣れると重さは感じないけど、自重で少し下にずれてる感覚が最初ありました。前から三列目でもなんとかスクリーンは視野に入ってたので、大きさは大丈夫とは思いますが。
 なお、基本3D映画は標準より300円高いです。

 あとサングラスみたいな液晶シャッターメガネでそこそこ明度が下がりますので、メガネ無しで見るとかなり明るい画でした。公式サイトなどを見ると結構コントラストが強い絵ですが、実際3Dで見るともっとしっとりした感じに。BDとかで出たときにノーマルで見たら、随分色合いが違うと感じそうです。ただ暗めのせいもあってか、赤青式と違い、繊細な色合い、細かい質感はしっかり出てました。肌の質感とかカールじいさんの肌や指は、ほんとにそういう生き物のようでしたね。耳なんかは硬くてフィギュアのようなディティールなのに、切り口のような口元が自在に広がったりするところは、3DCGアニメに慣れてないと違和感あるかも。

 3Dはもの凄いってほどではありませんでしたが、ものが動く際にはリアルに段差がありました。ごく普通のアニメ的に奥行きが出る感じで(数枚のスクリーンが重ねられていて、その奥行きがわかるというやつの細かい版)、昔見たアイマックス等の3Dほど、手元にまで物が飛び出てくるカットは無し。雄大な自然の背景とかあったんですが、まあ無理に3Dらしいカットでも作らないとああいう飛び出す感じは出せないので、無理に作るよりは物語を優先したのでしょう。ファミリー映画ですし。
 そもそもの液晶シャッターの違和感はしばらくしたら慣れましたし、同時に3Dの立体感もそういうものだと慣れてしまったせいもあるかな。でも2D版と見比べたらかなり違うと思います。
 一方『クリスマス・キャロル』では亡霊が飛びまくったりするようなので、そういう3Dぽい飛び出すカットはもっとあるかも。

 忘れてた。今回の映画は、まず6分のショートアニメが先に流れます。『晴れ、ときどき、くもり』という純然たるファンタジーで、コウノトリがどこから子どもを運んでくるか、というお話。これも3Dです。そうそう、メガネをいつからかければいいかは、心配しないでもよいです。映画が始まる時にちゃんと「3Dメガネをかけてください」というカットが流れますので。その後このショートアニメが始まります。

 あと、今回の試写会は日本語吹き替え版でした。正直この映画では字幕よりもいいと思います。


 そんなわけで、見て損は無し。特に動物好きには。
 ただ質としては高いけど、ジブリアニメみたいな大冒険を期待してはだめ。意外な冒険に巻き込まれはするものの、世界の命運はかけません。本当の自分を取り戻し、生きていく力を取り戻すみたいな感じ。心理描写とかの細密さが全然違いますし、クライマックスもあっちほど大がかりではなかったけれど、『魔女の宅急便』での主人公の動きに一番近いかな。あれで魔力が消失してどんぞこに落ちてたあとの話と。
 音楽は、トレーラーで流れてたちょっと印象的なフレーズのテーマ曲が基本で、物凄く印象的なという感じではありませんが、良い音楽でした。

 3Dと2D、劇場でどっちを見る?といえば、やっぱり3Dかなー。はっきりクッキリした解像度よりもなんか存在感とかを見るなら。ハイコントラスト、高解像度で見たければ、BDになってから家でも似たような感じで見られるかと(そういうシステム、TVがあればだけど)。

 字幕と吹き替えなら、吹き替えはかなりしっかりしてて、テンポよくておもしろいのでそっちをお薦め。特に3Dではいちいち追っかけないですむので楽だろうし、3Dだと多少なりとも目に負担がかかるかもしれないので、3D版見るなら余計に吹き替え版でしょう(3D版に字幕版があるかわかりませんが)。字幕は家で二回目見るとき、DVDかBDで。

 ……来年度から3D TVも視野に入れた展開を家電業界がすると言ってますが、はたして普及するまでいけるのかな……どうせ最初は高いだろうし(上のリンクにもあるのでXpanD社方式が出そうですが、液晶モニタの速度とかの問題もあるので高価になりそう)。

 続きは予告よりもう少しネタバレで。予備知識全く無しで行きたい人は見ないように。





 カールじいさんといいつつ、劇中では正直カールと呼ばれることがないので、終わるまですっかり忘れてました。本名はカール・フレドリクセン。フレドリクセンさんとばかり呼ばれます。奥さんと長じて結婚したところから亡くなるまでのシーンでは音声無しになるので、奥さんからすら呼ばれてない(笑)。あいや、忘れたけど、知り合った幼いころは呼んだかも。あと吹き替え版なので、英語では呼んでるかもしれません。

 改めて。

 少年カールは劇場でニュース映画を見ていた。幻の滝、幻の高地に行った冒険家に憧れ、冒険家になったつもりで帰る途中、空き家で一人冒険家遊びをしていた女の子と知り合う。その後彼らは結婚し、仲むつまじく暮らしつつも子どもはできず、そして妻が病気で先に亡くなる。
 妻が死んで一人暮らしをしていた老人カール・フレドリクセン。あることから遂に家を追い出され、老人ホームへ行かされるはめに。しかしその朝、彼はたくさんのヘリウム入り風船を家に取り付け、家は大空へと旅立つ。妻が夢見ていた南米の幻の滝へ、家を運ぶために。
 幼き妻が発案した仕組みで空飛ぶ家を操作し、優雅な空中散歩。しかしそこに乱入者が。前日ごまかして追い返したはずの少年ラッセルだった。飛ぶときに知らずに巻き込まれ、ポーチにしがみついていたのだ。しぶしぶ彼を招き入れ、地上へ降りようとするが、嵐の積乱雲に飛び込んでしまう。なんとか乗り切った二人が目覚めたとき、そこは既に南米の幻の滝近く、秘境の高地の上に彼らはいた!

 とりあえず高地の上についた二人は、浮いた家をひきすり滝のもとを目指すが、妙な鳥や犬と出会う。ダチョウのように大きく南米の鳥らしくカラフルな怪鳥をラッセルはケヴィンと名付け、餌付けする。犬はダグといい、人懐こくて鳥を探していたらしい。呑気に二人に同行するダグ。二頭を道連れにして先へ向かうがその途中、他の恐ろしい犬たちに包囲され、脅されてやむなく連れて行かれた先で高地に隠れ棲むある男と出会う二人。そこからが新たな冒険の始まり、果たしてカールやラッセルの運命は?


 なんというか本当の冒険は幻の高地についてからなので、前半は凄く展開が速いです。ただ現在までのプロローグである、幼いころのエピソードから結婚、その後の生活あたりは上手くまとまってます。いくつもの伏線もありますし(小業が効いたようなあっという伏線は殆どありません。子どもにはともかく、大人にはわかりやすいです)、結婚後、台詞がなくBGMだけでページを捲るように進む二人の半生はしんみりしました。短いですが、ここの伏線がちゃんとハッピーエンドにいたるまでに回収されていくため、シナリオの構成として後半が無茶だとかは思いませんでした。冒険としては無茶だけど。

 特に一人暮らしで頑固な老人となったフレドリクセンさんが、やむなく道連れになった少年ラッセルのよくわかっていないながらも明るく正直な性格にほだされ、次第に幼なじみの妻といたころの正直さ、優しさを取り戻し、他人を助けるために必死に老人らしからぬバイタリティで行動していくあたりはすばらしい。最初は杖をついて家のポーチに出るだけでよっこらしょと動いていた彼が、最後は走るは昇るは、格闘するわと大奮戦。思わず応援してしまいます。設定によると78歳だそうなんですが……もう一人老人が出てくるのですが、そちらはおそらく最低15~20くらいは上だと思うので100歳近く。なのに同じくらいのアクション。若いぞ。どっかのマッドサイエンティストみたいに老けすぎない老化防止の薬でも発明したのか。

 まあぶっちゃけ、風船これだけで家が空飛べるのかとか、この年でこんなアクションできるかとか隠遁生活送ってるのに食べ物やハイレベルな科学技術はどっから?とかいろいろ突っ込むところはあるんですが、そこはほらもうファンタジーなんで。

 で、後半の道連れになる、怪鳥ケヴィンと忠犬ダグ。ケヴィンは予告でも出てくるカラフルな鳥。ラッセルにチョコで餌付けされ、フレドリクセンさんに追い払われるも平気で二人と家についてきます。ラッセルにはなぜか凄く懐き、フレドリクセンさんには威嚇しつつもそのうち平然とついていくこの鳥には、とある秘密があって、それが二人の本当の冒険のきっかけに。

 一方のダグ。初出現時は実に見事。予備知識無しだったため、まさかとは思いつつ、ついに出たときは二人同様ほんとに驚きました。実にスタンダードなひっかけなんですけどね。これは予備知識無しのほうが絶対いいです。
 犬らしく、どこかおバカなんですが優しくて、追い払われつつもフレドリクセンさんが好きでご主人様ーとついていきます。とあるときに癇癪で追い払われたあと、自分を取り戻したフレドリクセンさんと再会したときは、受け入れられて大喜び、見てる自分も大喜び。後半のアクションではフレドリクセンさんに負けずにがんばって、二人を助けますし、エンディングのその後で二人と暮らしてる(別にラッセルを養子にするわけじゃありません)姿はまさにほのぼの。実は他にも同じような境遇の犬がたくさん出てきますが、わりと猟犬のような性格で時折犬らしいバカな部分が出る感じ、ダグほど愛らしく善良さを身に着けた犬はいませんでした。まあ主が悪いということなんですが。

 この映画では、直接生き物が死ぬシーンはありません。亡くなった妻のエリーも、当然病床シーンがあって、その後一人になったフレドリクセンさんのシーンになるだけ。同様にとある男も直に死ぬシーンはありません(自業自得な感が同じ『ターザン』の悪役カーチャックの最後みたいに、明示はされません)。ただ使われていただけの忠義な犬たちがパラシュートで落下していくんですが、その後が気になります。ジャングルにただ放り出された犬たちがちゃんとサバイバルして生き抜いていけたんだろうかと。犬好きには、心配で心配で(いやアニメですよ?)。動物愛護の扱いには厳しいアメリカらしいとは思いますが、そもそもの設定で犬にああいう戦闘させるのはちょっとなぁ。他はともかく、あそこだけは違和感ありました。流石に犬にアレを扱わせるのはファンタジー超えてギャグだよなー。

 ちなみに南米大陸でこんな高地、幻の長大な滝とくると、モデルは当然知る人ぞ知るギアナ高地とエンジェルフォールです。『Gガンダム』で主役らが修行したり、恐竜の跋扈する『失われた世界』があったり、劇中のニュース映画の当時は当然地球最後の秘境なんて呼ばれてました。秘境ものとか冒険ものではおなじみの舞台ですが、今では観光で行くこともできます

 長くなりましたが、こんなところで。

|

« 帰って来たぞ、PS3~(内蔵HDD戻します)。 | トップページ | 「こんなこともあろうかと」という言葉は最初のアニメでは使われてない。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3D映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を観た。:

« 帰って来たぞ、PS3~(内蔵HDD戻します)。 | トップページ | 「こんなこともあろうかと」という言葉は最初のアニメでは使われてない。 »