« 安芸の国虎屋。 | トップページ | 本の町、本の王国。哀愁の本屋さん。 »

行楽。越知町のコスモス祭り。

 10月11日(日)、家族で行楽。先日と同じく母、姉、姪との四人組で、越知町のコスモスまつりというのに行ってきました。家から40km弱、大体車で1時間半ほどでした。スムーズに行ければ一時間かかるかかからないかといったところ。

 コスモスまつりというのは、仁淀川沿いの河川敷にある「宮の前公園」にてコスモスを栽培、それを眺めて楽しむという催し。出店も出てるし、ちょっとした大道芸などもあります。

 今年は27回目で、期間は10月3日(土)~10月18日(日)。越知は何度か通ったことありますが、これに行くのは初めて。大きなお祭りではありませんが、連休中の日曜日ですし、かなりの車も入ってて盛況でしたね。途中二度ほど渋滞に入りましたが、一つはここのせいでした。

Pict6404_r4
 越知町の横倉山自然公園へ行く途中、河川敷にあるのが「宮の前公園」。大きめのアーチがあるので河川敷に入るところはわかりやすかったですが、急な勾配の坂なので出るときは注意。帰りにえらく長く前が止まってるなと思ったら、坂道発進できない軽自動車のおばさんのせいでした。交通整理の人が変わって運転、脱出してもらってましたが、急な坂道では前の車間距離は十分とって止まりませう。

Pict6399_r5
 大きめの駐車場は車でいっぱい。舗装されてないところも白線引いて駐車スペース作ってました。普段はもっと広々とした、わりと何もない公園だろうなと推察。しかし林や数本の木陰にしっかりしたベンチもあるので、のんびりピクニックに来るにはいいところだと思います。一応トイレも水道もあって、キャンプ地としても紹介されてましたし。

Pict6355_r5
 会場というか出店のあるあたりの入り口には、坂本龍馬とお龍さんの着ぐるみが。「土佐・龍馬であい博(分かりにくいというので「龍馬博」と名を改めるというニュースが)」と銘打ってのイベント用に作られたイメージキャラです。他にジョン万次郎も見かけました。子供らが一緒に写真撮ってましたが、大分涼しくなったとはいえ、着ぐるみは暑かろうなぁ。




Pict6356_r4_3
 出店のある会場。真ん中のテントにテーブルや御座席があって、自由に上がって食べられます。昼過ぎに来たので、先に食事。家からおにぎりとお茶を持ってきてたので、それに出店の食べ物をいくらか買って食べました。所詮この程度……という食べ物が多かったですが、お好み焼きはお買い得でした。出店でよくあるものより1.5倍かほぼ倍近くあってボリューム満点、豚肉も大きめで、それなのに400円。他はスーパーなら1本せいぜい60円、高くても80円程度の焼きとりが100円といった具合。うどんも普通によくあるサイズで300円。沢で取れるツガニを使ったツガニ汁やらツガニうどんというのがありましたが、どうせ買うならこちらでしょう。
Pict6359_r4
 端にはステージが作られてます。私たちが食べてるときは、大道芸の手品やハーモニカ演奏とかモノマネをしてたようです(写真の人はステージでなく下でしてましたが)。食べるのが先でまともに見てませんでしたが(苦笑)、子供らが食い入るように見てました。大人たちも何人か御座を敷いて座ってみてましたね。

 無料で御座の貸し出しもしてくれるそうなので、土手とか他のところで食べるのもありです。うちはシートも持っていきましたけど、結局テントで食べたので使いませんでした。


Pict6365_r5Pict6367_r5
 食事したあとは、ゆっくりとコスモスの間を散策。結構背が高いなと思いつつ(90~120cm程度)、ビニールひもで仕切られた通路を歩きます。風がそこそこ吹いてたため、花びらがあちこちばらけて全景写真はいまいちな感じですが、綺麗でしたよ。

Pict6366_01r4
 天気がよかったのでシャッタースピードも稼げましたが、風もあってマクロ撮影は微妙。中央に合わせたはずのピントが手前か奥の花びらにあってたりして、縮小してなんとか見られる程度でした。コスモスは、ピンクが殆ど、間に白や赤いのが混じってるという感じですかね。


Pict6373_t1r4Pict6375_r4

 土手を上がると茶店が作られていて。無料でお点前してくださいました。出てくるのはお茶菓子と抹茶。子供でも大丈夫。美味しうございました。一口かじって、しまったとあわててカメラ出して撮りました。なのでかじってるのは私のやつ。

Pict6371_r4Pict6400_r5

 土手から向こうを見ると仁淀川。そばの遊歩道には御座を敷いて休んだり食べてる人も。もう少し左に行くと、「アメゴの釣り堀(囲ってるようには見えないが)」と看板があって釣り竿貸し出してました。500円くらいだったかな。他には写真に写ってるカヌー乗り体験なども(無論有料)。

Pict6386_r4_2
 会場には犬連れてくる人も何人かいて、おとなしいゴールデンレトリーバーがその後水遊びでもしたのか濡れた毛皮で帰ってるところを発見。河原の道をリード外されてはしゃぎつつ走るわんこににやけつつ、つい撮影。
 うちの犬は、おびえて他の犬に吼えまくりそうだから連れてはこられないなぁ。


Pict6392_r4Pict6398_r3

 お茶を終えて、またコスモスのほうへ。今年はコスモス迷路とやらが作られたそうで(単に迷路状に花植えてるわけですが、そこそこ背が高いので子供にはしっかり迷路)、姪が行きたがったので姉と母子で入場。私はそとから少し撮影。うちの母はしんどい(方言。→疲れる、疲れた)とベンチで一休み。
 オリエンテーリングのように、登りが立ってるところでハンコ押したり、クイズに解答したりしてから、ゴール。ハンコ押した紙と絵はがきもらって帰って来ました。ハンコは先にも上げたゆるキャラ龍馬とその仲間の顔。

Pict6402_r5Pict6403_r5

 もひとつ、こちらは毎年されてるそうですが、花馬車というのがコスモスの周囲をぐるりと回ってます。500円だったかな。16人前後乗れるようですが、お馬さん、大変ね。




 3時過ぎには出ましたが、まだまだ車が入ってきてました。日曜市とここが目的のツアーらしい観光バスも来てましたが、他にも愛媛ナンバーやら滋賀ナンバーも。正直コスモス見るだけで、他はたいしたものもない催しだけど、のんびりピクニックがてらにならまた来たいかなといったところですか。自由に飲み食いできるという点で、「モネの庭」よりは家族向けかな。出店の食べ物はよく吟味しないといけませんが。今の次期だと涼いので楽だけど、撮影には風が強くて邪魔なのが残念でしたー。

|

« 安芸の国虎屋。 | トップページ | 本の町、本の王国。哀愁の本屋さん。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行楽。越知町のコスモス祭り。:

« 安芸の国虎屋。 | トップページ | 本の町、本の王国。哀愁の本屋さん。 »