« 本の町、本の王国。哀愁の本屋さん。 | トップページ | 立体絵本ならぬ、立体レゴ。 »

無線LAN。暗号技術、WEPの終焉か。

 今回は古すぎるハードを後生大事に使う人か、ニンテンドーDS(もしくはDS Lite)を使ってるひと向け。

 無線LANで使用されるデータの暗号化規格、その初期版である「WEP」は、去年あっさりと破れることが公になりました。発表したのは日本の大学の教授ら。いえ、それまでも一分とかで破れるという話はありましたが、実際に研究結果を発表、実質10秒ほどで破れるそうで
 暗号化は既により高度な規格WPA(TKIP、AES等)やWPA2などが主体になってるのでWEPを使わなければいいだけなんですが、問題はWEPしか使えない機器を持ってる場合。任天堂の携帯ゲーム機ニンテンドーDSおよびDS Liteがこれしか対応してないんですよね。後継機のDSiは一応後継の暗号化に対応しているのですけど、あとで書きますが、これまた大穴が開いてたという……。
 ちなみにPSPは現在WPA(AES)まで対応してるので、うちでは当然それを使ってます。WPA2には対応してませんが、WPA(AES)は暗号強度でいえばWPA2と同等のものだそうです。

 すると、最近さらにこんな記事がPC-Watchに。

「WEPの危険度がさらに拡大、解析ソフトつきの無線LANアダプタが発売される」

 おいおい、大丈夫か、日本。

 一部では既に有名な機器らしく、ネットで色々やりとりされてるようです。必要ではないので調べてもいませんが、中国あたりの製品なんでしょうか。中国では大人気らしいと書かれたブログ記事も。なんでも「一生ネットがタダになる」というキャッチフレーズだそうだけど……それが普通に売られて人気というのが中国らしいというか(伝聞なので本当かどうかはご自分でご確認を)。他人のリソースを奪い、自分の分の料金を他人にかぶせるという行為を一生するってことですよね。

 この製品の問題は暗号破りのソフトとマニュアルまで付いてること。PCに少しでも詳しいひとなら、簡単に使えそうなわけです。底辺が増えれば危険性も高まるわけで、もはやWEPは無きに等しい技術ですね。

 しかしDS系を使ってる以上、WEPを使わないというわけにもいかないようです。後継規格を採用したDSiも実際にWPA2を使えるのはDSi専用ソフトだけ。旧来のDS用ソフトの場合はソフトウェア自身の無線プログラムがWEPにしか対応してないので、DSiであっても未対応ソフトを使う以上はWEPだけしか使えないと。

 もっともルータ側でもいくらか対策はされてます。最近のルータではマルチSSIDや分離機能等という仕組みに対応してます。マルチSSIDは以前はルータ一台につき一通りだった暗号化の設定が、DS等とPC等に設定を分けて同時に二種類の設定で使える仕組み。PC側はより強固なWPA2などが使えます。さらにはWEPだけのDSを介してPCなどに接続しようとしてもカットされる分離機能。実際は万全とはいえないとも書かれてますが、現時点の民生機ではこういった機能付きを選ぶ必要がありそうです。


 ところで、今回のネタが気にかかったのは理由があります。実はちょうど同時期、うちの無線LANのイーサネットアダプタが調子が悪くなりまして。今はレコーダーのRD-X5を繋いでるだけなんですが(PS3はPSPのアドホックパーティのために有線接続に変更)、通信できない状態が頻繁に。あげく番組情報も拾ってこれないほど切断されるにいたって、ルータから有線に切り換えました。アダプタ内部の製造ミスによる無償交換からまだ半年足らずのはずなんですが、電源入れ直してもなんともならず、面倒なので有線にしてアダプタは電源停止。前のアダプタが壊れる直前と同じ状況なので、アダプタが壊れたのかな…(PSP等が繋がるのでルータ本体の無線機能は問題なさそう──あ、まだRDとアダプタ間のケーブルを交換するのは試してなかった)。

 ともあれうちの部屋で無線LAN使うのはノートPCかPSPだけになりましたが、上記のDS問題もあって、せめてマルチSSID等が使えるルータに買い換えようかと思ってるところ。もっともDSで無線は基本使ってませんけど。だからマルチSSIDのないうちのルータでは、WPA(AES)設定のまま。

 ただ、現在欲しいルータがないんですよね。うちではNECのATermシリーズの旧機種WR7800を使ってますし、次もNECのにしたいんですが、現在のフラッグシップWR8500はちょっと前のもので、マルチSSIDはあるものの分離機能はありません。先日新製品WR8300が発表されましたが、若干機能が少なくなり、ちょっと不満。内蔵アンテナが二本での送受信だったり(8500は三本でより安定)、5GHzのnやaには対応してなかったり(どうせイーサネットアダプタが使えないのならaは要らない気もしますが)。もとより現在のNECのルータはどれもaやgやnが同時利用できないのが不満ですが、同時利用できるバッファロー製品は色々問題も多いようだし遅いとも言うし。

 そんなわけで、新ルータ購入はまだまだ保留ですかね。でも11nも使いたいので、NECが新フラッグシップ機種出せば買い換えも検討したいです。イーサネットアダプタもいい加減11nでギガ対応なんてのを出してくれないかなー。イーサネットアダプタでは11nからaやgまで全て使えるバッファローのWLI-TX4-AG300Nがほぼ唯一の選択ですが(NECとの相性も問題ないと評判)、ギガハブではないのでまさに家電専用なのよね……。

 ちなみにうちのアダプタは旧a接続でしたが、レコーダーのLAN使用時に有線にして画像表示などわずかながら明らかに体感速度が上がりました。JAVA使ってるのでそれでもワンテンポ遅いんですけど、古いaでも無線はやはり有線より遅い。なのでゴチャゴチャするのを我慢すれば、有線でかまわないわけですが……他を片づけたら目立つし。今の無線ルータなら有線と変わらないくらいになると期待したいところ……。

|

« 本の町、本の王国。哀愁の本屋さん。 | トップページ | 立体絵本ならぬ、立体レゴ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無線LAN。暗号技術、WEPの終焉か。:

« 本の町、本の王国。哀愁の本屋さん。 | トップページ | 立体絵本ならぬ、立体レゴ。 »