« お犬さまのお産。 | トップページ | 『プロジェクト トリコ』改め『人喰いの大鷲トリコ』新トレイラー。 »

松本隆とアニメな歌詞。

 ネットで検索してるとき、探してる言葉が入ったサイトやブログの他の記事で、まったく関係ない面白い記事を見つけることはよくあります。今回もそんな話。

 アニメ『超時空要塞マクロス』は今や長い歴史あるシリーズとして知られていますが、当時としては規格外なことに、ロボットものと恋愛ものとアイドルもの要素をぶちこみ、その上アイドルの歌う歌が戦いに勝つキーワードだったことで大ブレイクしました。そのため曲や歌の重要度は高く、実際に発表されるや歌が売れる売れる。今はそうでもないでしょうが、CDもかなり売り上げ、初代マクロスのリン・ミンメイ役飯島真理さんは、当時相当な人気を誇りました。もっともアニメ以外にはというと──残念ながらそこそこの売り上げで落ち着いてしまいましたが。

 最新作『マクロスFRONTIER』もその伝統に則り、ヒロインはスーパーアイドルと新生アイドルで、歌はストーリー上でも演出でもかなり重要な位置にあります。

 『マクロスF』では今やマクロスではかかせない作曲家として菅野よう子さんが音楽を担当していて、歌も作曲してます。しかし歌には歌詞も必要。テーマにアイドルが入ってるということで、何人かの作詞家の中にはなんと80年代より人気作詞家で数々のアイドルソングも担当した松本隆さんも入ってました。80年代からのポップスでは書かせない作詞家です(もともとは細野晴臣さんや大瀧詠一さん、鈴木茂さんらと『はっぴいえんど』というバンドをされてました)。

 『マクロスF』で松本さんが担当された、新生アイドルであるヒロイン「ランカ・リー」のデビュー作『星間飛行』はそのキャッチャーなキーワードとアニメ、アイドルらしい歌で一方のヒロインシェリル・ノームの曲に劣らぬ人気を誇ります。MADもかなり出てますが、殆どがSCDの表紙にもなったランカのウインクするカットを軸にしてるくらいでした。

 その松本隆さんが自身のサイト『風待茶房』で受けたインタビューで、この『星間飛行』やマクロスについて語っていました。これがなかなかの裏話で、『マクロス』について興味があるなら非常に楽しめます。かつての初代『マクロス』のヒロイン役だった飯島真理さんに歌詞書いたときの話や、『星間飛行』の歌詞の思惑など。先のウインクするカットの「キラッ」に関しての話での菅野さんとの兼ね合いはさすがプロだなぁと感心しきり。ずっと後にビデオで初めて見た劇場版『マクロス』の『愛・おぼえていますか』の歌詞をやってみたかったって話も面白かったですが(笑)。


 またアニメ関係の作詩も思ったよりしていて、アニソンのCDリスト見たら知らないものも覚えてないものもちらほら(そもそも地元で放映しなかったものもありますが)。飯島さんに書いた『スプーンおばさん』は曲もよくていい歌でしたね。ただ後のほうで書かれてますが、飯島さんのディスコグラフィーにはこの歌は載ってないというのはちょっとショック。

 『スプーンおばさん OP』


 『夢色のスプーン』Full音源 動画編集MAD


【ニコニコ動画】スプーンおばさんOP 『夢色のスプーン』Full.ver


 この「アニメソング(後編)」ではアニメとの関わりについて書かれてますが、もともとそうアニメに拒否反応もなかったというのも面白かったです。娘さんが初代『ガンダム』世代で教えられたとか、『スプーンおばさん』の歌は誇れる仕事だとか。奥さんに落ち込んだときに励まされるように歌ってもらった歌が──ほにゃららだったとか(あえて隠しますが、笑いました)。

 というか、ここのインタビュー記事「季節の松本」を読んでると、漫画やアニメ、はてはネットゲームについてもかなりやりこんでたとか某動画サイトも見てるとか、松本隆さんの印象がかなり変わりました。いやー、ファンになりそうです。他の記事も面白いのでお薦め。「カフェのお客さま」というページでは天野喜孝さんとの対談もありましたし、羽海野チカさんとの対談では大笑い。「一応書いとこう」は名言です。

 なお今回のニュースソースはこちら『きゆべや』さんの雑文の2009年2月14日でした。

|

« お犬さまのお産。 | トップページ | 『プロジェクト トリコ』改め『人喰いの大鷲トリコ』新トレイラー。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本隆とアニメな歌詞。:

« お犬さまのお産。 | トップページ | 『プロジェクト トリコ』改め『人喰いの大鷲トリコ』新トレイラー。 »