« PS3用Bluetoothワイヤレスヘッドセット「CEJH-15002」 | トップページ | 栗本薫(中島梓)先生、ご逝去。 »

声を頼りに、絆をたどる。

 前回、PS3純正ヘッドセット「CEJH-15002」の簡単なレポートを載せましたが、今回はいよいよアドホック・パーティーでの使用開始。ゲームは無論『戦場の絆ポータブル』。二度目のアドホック・パーティーにして初のボイスチャット使用です。多少前回と重なる、または違う感想が混じるかもしれませんが、ご容赦ください。時間が経ってるので感じ方、考え方も変わってるかもしれません。

 それではアドホック・パーティー開始から。

 マイクの充電が終わったのでPS3で設定を試し、マイク感度は5段階中2に押さえ、ボイスチェンジャーは使わない方向で決めて、PCの某チャットでAさん(仮名)と会いました。

 すぐに会えたので、アドホック・パーティー開始。一度やってるのでルーム作成(は今度もあちらですが)や入るのはすんなり。ルームに入るとボイスチャットが自動でonになり(無論ヘッドセットの電源はその前からonにして装着しています)、ついに初めての会話です。そこで気づいたのが、前回も書いたようにヘッドセットの音声は光ケーブルとプロセッサー経由でインナーイヤーヘッドフォンに回してたはずが、結局無線のヘッドセット側に回ってきてたこと。アドホック・パーティーで無線ヘッドセットを使う分には、音声はTV等音声には回らないようです。有線で繋いだヘッドセット(もしくは純正ヘッドセットをクレードルに差してマイクとして使う)なら音声を他に回せたかもしれませんが。

 あと、音声通信がときどき途切れます。ボツボツと途切れるのではなく、一旦オートオフにでもなっているかのような二三秒の間が生まれます。オートオフではない証拠に、こちらが話してる時でも向こうの音声が聞こえなくなることもありました。この時に相手に自分の声が聞こえてるかどうかは把握しておりません。
 のちに検証したところPS3のOSでのチャットでは全く途切れず電話のように会話ができたので、これはアドホック・パーティー限定の障害だと思われます。アドパでPS3自体はたいした仕事はしてないはずですが、ソフトウェアはベータ版ですし、PSPデータのやりとりと一緒に音声送る通信のシステムあたりに負荷がかかっているのかもしれません。PS3のチャットだけならそれこそたいした仕事はしてませんし、音質自体もPS3のチャットのほうが若干はっきり聞こえる気もしますが、有線ヘッドフォンで聞くほどではないのでヘッドセットのスピーカー部の限界は超えられないようです。

 さて、色々と挨拶がてらヘッドセットの感じとかお話しして(なんというか対面で座し、二人そろってお辞儀を交互にしてる感じ?)、その後『戦場の絆P』を起動、マルチモード開始。今回もこちらがルームを決定したのでゲームの設定は私が行ないます。二度目なのでこれもスピーディに。やはりせっかく二人以上いるので二人以上必要なミッションを選択。

 ゲームの展開自体は前回と同じで、前回で慣れた分楽な気分ですが、声での連携はさすがにまだまだ。戦闘中、あーっとかやられたーっとか敗北して負けましたねーとか言ってる(主に私が)感じでした。戦闘終了後のリプレイ反省等ではやはりキーボードのチャットよりも会話しやすく、再戦前に次の方針とか、ミッション変更時の相談など細かくできて楽しいです。

 特にギリギリ接戦状態のミッションではこういった攻略的な話ができると、共同で戦うという目的意識も目立って、アドホック・モードでの戦闘らしさを知ることができました。なるほどこれがキモなら、同じアクション系の『モンスターハンター』にファンがいかにハマるかよくわかります。『絆P』では戦闘にサポートは殆どないので(拠点が使えるならサポートも多少できますが)、回復他のサポートや共同で戦わないとまともに取れないアイテムもある『モンハン』はやりがいあるでしょうね。ただ『絆P』はそういったものが軽い分、手軽に遊べていいと思います。、

 ミッションはMSを変えて順調にこなしていきました。前日、私はあるミッションでハード・モード(HM)、ベリーハード・モード(VHM)も出してそのミッションのVHMも一回クリアし、ジオン軍側GP02(ビームバズーカ)を入手していました。で、そのミッションのVHMを試しに一緒にしてみたところ、HMも出ていなかったAさん(仮名)もクリアすることでGP02を入手できました。出てないモードでもホスト側が出していればできるようなので、できるだけミッションが進んでる人がホストになったほうがよいですね。ただしAさん(仮名)側に、出していないミッションが増えるということはありませんでした。MSは増えても、ミッションはあくまでホストの側だけの変化のようです。

 そろそろ終了ということで、最後にまだやったことのなかった最終?ミッションに挑戦しました。ミッション32「決死の作戦」。難易度はハード・モード(HM以上でしかありませんので、ノーマルでは出ません)。場所は山と湖、崖っぷちが特徴のグレートキャニオン(元ネタグランドキャニオンのUC名)。連邦にガンダムらV作戦メンバー+Ez8という高コスト機が配置され、こちらはザクのバリエーション部隊。いかに相手の高コスト機を撃破するかが目標です。タンクもいますので、もちろん拠点破壊、拠点防衛も大切。

 『絆P』のミッションでは近距離用とか中距離用とか種別は選べますが(それもミッションにより選べるものだけ)MS自体は選べませんので、そのミッションにデフォルトで出てないMSは使えません。このミッションではMS種別は全て選択可能、格闘用はザクI、近距離用はザクII、中距離用はザクキャノン、遠距離用はザクタンク、狙撃用がザクIスナイパー、最後に拠点(忘れたけどファットアンクルだったかな)。Aさん(仮名)はザクII、私は狙撃のザクIスナイパーで出撃しました。

 私は湖側南の山裾、ジオン軍寄りの高い棚から対岸を狙撃。Aさん(仮名)は当然山側での攻防です。他のミッションで、狙撃兵はこの位置からならかなり狙えることは分かっていたので陣取ったのですが、ザクIスナイパーのせいか不明ですが、崖っぷちギリギリでも連邦の最終コーナーあたりは届かず狙えません。他のミッションでは湖西側のあたりにちょうどたむろされれば狙い放題だったのですが、それも今回はそうそう上手くは行きませんでした。それもあってか、初戦はあと少しで敗退。あそこで、もう一発ガンダムに当てていれば……!と悔しかったので、すぐさまもう一回、再戦を希望(笑)

 山岳側が主力戦場だと手前に遮蔽物が多くくることもあって、狙撃はタイミング取りよりも一撃必中のつもりでないと狙えず、当てるのは結構難しいです(横移動時が多いし)。しかし、ガンタンクが定位置(一番高い崖の上)あたりに来ても、登り道でも、ここからならちょうど邪魔は少なく全部狙えます。もちろん他にも疲弊して帰還途中のMSの撃破も遠くまで狙えるので可能ですが、そもそもこちらの奥まで来てくれないとせいぜい削るくらいで倒すまでは難しいですね。しかし終盤、その奥まで何をとちくるったかガンダムがやってきたので、二発ほどくらわせて瀕死に追い込みました。みるともうすぐ岩影に入りますが、そこは混戦状態。Aさん(仮名)がいることは分かってたので、ボイチャで瀕死のガンダムが向かうことを知らせ、見事に撃破。ここらのやりとりは、連携が取れてて楽しかったです。
 結局二回目もやはり狙撃成功率はいまいちだったものの、終盤とか上手く連携が取れてなんとか勝利。万々歳。

 接近戦で同じ場所で乱戦状態だとあまりわかりませんが、片方が遠距離戦闘ができるタイプだと、ボイチャでの連携は取りやすいです。
 一方が狙撃用MSか拠点の場合。たとえば狙撃兵なら狙撃時はスコープがいっぱいになるのでレーダーに気を向ける余裕はあまりありません。狙ってるMS以外の動向をボイチャから教えてもらうことで(たとえばタンクが拠点狙う位置に向かったとか、瀕死のMSがどこそこを逃走中とか)そちらにスイッチすることができます。拠点を使ってる場合、時間が溜まればマップに砲撃ができますが、ミノフスキー粒子が濃くてレーダーが効かず相手の位置がすぐにわからない場合、味方はレーダーに映りますので何号機に「目の前に撃て」などと教えてもらうことで正確な砲撃位置が決められるでしょう。着弾まで少しタイムラグがありますから、その間に味方MSは退避しつつ相手を牽制足止めをする、成功すれば楽しそうです。

 もちろん接近戦用とか近距離用MS同士でも、「ここはまかせた」とか「敵発見」とか「もうもたない」というチャットボイスにある内容でも自分らの声で会話するほうが臨場感はあるでしょうし、戦闘中のボイスチャットは効果的でありこそすれ、うっとうしいということはないと思います。まあ敬語ばかりの戦闘もヘンかもしれませんから(笑)、ガンダム世界風ナリキリロールプレイってのも面白いかもしれません。──かといって、某チャットで聞いた、F付き四文字多用の『フルメタルジャケット』他鬼軍曹風味のナリキリは勘弁ね(笑)

 あ、一つ注意。ゲーム中使われるパイロット名は、PS3のPlayStation Networkで作成したアカウント名のようです。アドホック・パーティーでこのアカウントが使われるので、それによって結ばれたゲーム、『絆P』でも使われると。ゲーム内で作ったキャラクター名ではありませんし、『絆P』でのアカウント名でもありません。普通PS3でのアカウントはマスターを一つ設定すればよいし普通の人はそれしか作ってませんが、なんでもあるページではサブアカウントを作ってそれを捨てアカウント名として使うのが推奨されてたりします。よく知らない人とも一緒にプレイするかもしれないアドホック・パーティー用にサブアカウントを作ると。私は今のところ一人としかしてませんので作りはしませんが、作ったほうがいいのかな。以前『リトルビッグプラネット』のオンラインで遊んでるとき、なぜか海外のユーザー三人が(返事とかなかったし多分子供だと思いますが)プレイに参加したことがあって、アカウントがさらされることもあるのは分かってるので。
 作るならパイロット名にも通用しそうなそれらしい名前で作成したほうが、いいでしょうね。

 その次の日(26日深夜)、三度目のアドホック・パーティーも行ないましたが、そのときは連邦側で試しました。何分ジオン側と違いこちらはミッションはあまり出ていない、というか一人用ミッションもコンプリートしてない状況でしたので(Aさん(仮名)側はまだ一度もミッションしてない新兵状態)、共闘できるミッションは三つだけ(うち難しいのは一つ)でしたが、MSの使い勝手が結構違うのでこれはこれで楽しめました。

|

« PS3用Bluetoothワイヤレスヘッドセット「CEJH-15002」 | トップページ | 栗本薫(中島梓)先生、ご逝去。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声を頼りに、絆をたどる。:

« PS3用Bluetoothワイヤレスヘッドセット「CEJH-15002」 | トップページ | 栗本薫(中島梓)先生、ご逝去。 »