« うちに来た、初の液晶TV。REGZA 37Z7000。 | トップページ | 『GOEMON』を観る。 »

LANケーブルを引き回す。Switching Hub“LSW3-GT-5EP”

 うちの三階自室から二階の親の寝室まで有線のLANケーブルを引きました。一応三階の私の部屋には無線ルータがあるので親父がノートPC使う際にも無線を使っていたのですが、現状では無線LANが満足に届かないため、その対策です。今回REGZAを置いたので、そちらとLANを繋ぐのにこれほど不安定ではなあと思い、最近の300Mbps出るという11nドラフトの無線環境に移行する手もありましたが、価格と確実性をまず取ろうと思い、有線にしてみました。無線ルータ買い換えてできなかったらまた有線引くことになるので。

 ちなみにREGZAのためにLANを引くのは、LANを通してNASと繋げる用途もありますが、インターネットを見たり無料の「アクトビラ」というネット接続で映像他を見る映像ポータルサイトを使うためです。「アクトビラ」はPCを使わなくともネットの映像配信をTVに映せるので、なかなか便利です。操作はちと両親には難しそうだけど。感覚的にはネット見るのと同じで、TV機能とは違う使用感なので間違いそう。他に「ひかりTV」というネット経由のビデオ&TV配信にも対応していますが、こちらは有料で回線(基本的に光ケーブル専用)やプロバイダによって対応が違いますのでうちでは見ません。

 さて有線と決めたので、まず買ってきたのはLANケーブル。長いし一度付けたらそう変えるものでもないので、現在の高品質ケーブルをと、ELECOMの(カテゴリ)Cat6a[Draft]準拠で10G BASE/Tにも対応してるという“LD-GP/BE15”15mと“LD-GP/BU7”7mを購入。ただ、現在CAT6e以上が10G BASE用にあたるし、調べてみるとELECOMサイトではLD-GPというのはCat6と表示されてます。CAT6eのDraftでなく、逆にCat6が確定する前の古い製品を買ってしまったのかと(現製品の表示からは10G BASEというのは抜けてます)思いましたが、現時点の最高峰ケーブルCat7のページにカテゴリ別の図があって、それによればCat6aはノイズ対策があって6より上とありました。Cat7の前に出ていて廃番になったんでしょうか。型番が同じなのがよくわかりませんが。まあ所詮1000BASEも満足に出てるかはわからないし、中身に大差ないとは思いますが。

 自室のHubから階下のTVのところまで20mを多少超えると思われるし、ノートPCにも使えるように二階にもHubを置くつもりだったので、二階寝室前の廊下コーナーまで15mの通常ケーブルを引いてそこの廊下にHubを置き、ドアの端をくり抜いた(廊下に電源がないのでコード用に以前くり抜いてた)隙間を通して7mのフラットケーブルで室内のTVへ、と仮定してケーブルを引き回しました。以前買ったケーブルと比べて柔らかく、部屋や階段の端に引くのは簡単でした。ただ、最初フック型のケーブル止めで固定してたのですが、階段などの壁が木で、買ったケーブルが白。室内じゃ気にしませんがさすがに薄暗い廊下では目立ちましたので、結局茶色のモールを買ってきました。モールとは中にケーブル通して天井や床に固定するものです。天井や壁につけるものは土台を両面テープ等で固定、フタ側を外し中にケーブルを通して元通りはめ込みます。コーナーなどデコボコのところはそのままで、直線のところだけモールを使用。デコボコ多かったので、ちょっとモールの長さ切り間違ったりしましたが、目につきやすいところは大体カバーしてずっと目立たなくなりました。長さはほぼぴったり15m。少したるませる程度の見立てどおり。

 次に買ったのがGiga LAN対応のスイッチングHubです。最初は自室に着けたcoregaの5ポートのGiga Hub“CG-SW05GTPLB”を二階に回して、自室に8ポートのHubを着けることも考えましたが、二階はしばらくは3ポートしか使わないし、三階では常時3~4ポートなので、消費電力を見ると5ポートのほうが多少なりとも低消費。結局バッファローのGigaHub“LSW3-GT-5EP”をAmazonで3,343円で購入しました。最近のHubは低省電力で、使っていないポートへは電力を控えたりします。うちの古いcoregaはそういうのは無し。二階へのケーブルも増えて三階は常時3ポート以上は使うので、結局新Hubは二階に置きました。二階は普段2ポート、PC使って3ポートですから。

 ここで予想外のことが。装着したバッファローのHub見てて違和感を覚えたので確認してみると、なんとcoregaのHubとの違いが一つ。アクセスしてるポートの速度を表示するランプの色が、双方で逆。なじみの深いcoregaのやつは通電表示と通信速度表示が100BASEでそれぞれグリーンが点き、1000BASEだと速度表示がオレンジになります。バッファローでは通電表示と速度表示が1000BASEでグリーン、速度表示が100BASEでオレンジに。置き場所が違うので特に困ることはありませんが、同じ場所に混在させるときは勘違いしないよう注意が必要ですね。ちなみに会社によって違うのかと思ったら、coregaの今の製品も1000BASEでグリーン、100BASEでオレンジになってました。1000BASEが手頃になったので100BASEをオレンジにしたのかな? ここらへんの製品は大抵どこのメーカーのもどこかのOEMなのだろうし、中身が同じなのも当然か。

 それと双方外装はプラスチック製ですが(Coregaのは側面が金属メッシュ)それとは関係なく、バッファローのランプは小さめで、隣と少し明かりが混じるので分かりにくいです(速度のオレンジが隣にも少し混じってる)。壁に付けても水平に置いてもランプが見えるのは便利ですが、今のは内部のLEDの取り付け構造が単純なんでしょうね。ランプ自体も小さめで黒ケースだからまだいいものの、白ケースのほうはあまりお薦めできないかも。白は変色の可能性もありますし。


 無事敷設したので、さっそくREGZAのアクトビラを試してみました。リモコンの「ブロードバンド」ボタンを押すと、アクトビラかインターネットの選択が出てきます。で、アクトビラ。メニューから天気やビデオ他が選べます。アクトビラは、使用するのに登録は特に要りませんし(天気予報の設定で郵便番号を入れるかどうかくらい)使用自体は無料で、有料コンテンツを見るときだけクレジットカードかプロバイダ経由の支払いが必要なサービスです。
 ヘルプからアクトビラの視聴に関して見てると、アクトビラのスピードテストというのがありました。アクトビラには、アクトビラ・ベーシックからアクトビラ ビデオ・フルなど、その中にも高解像度とかあるんですが、通信速度がテストできます。必要速度が思ったより低かったので(ビデオ・フルでも12Mbps程度)、これなら11nの無線でもいけたかも。

 次にビデオから無料視聴可のものを検索。アニメで調べるとバンダイチャンネルが圧倒的でした。まだ見たことない『夏目友人帳』の第一話があったので、視聴。思ったより綺麗だったのが以外。PCで見ると480×272のSD画質でDot by Dotで見てももっとボケて見えるんですが。超解像技術が効いてるのかと思ったけど、オフにしてもそれほど変わってる気がしないなぁ。TV本体のおかげか、それともアクトビラ向けにはもうちょい画質よくしてるんだろうか。
 しかしこれは十分使えますね。デジタル放送のフルHDの画像とは比べられないけど、普通にビデオ見るつもりならまったく問題なし。有料コンテンツでも家で気楽に見られるため、映画ならレンタル行くより楽かも(アニメは一本230円程度なので、4本は入ってるDVDレンタルのほうが安いけど)。画質は極上のDVDほどではないけど、テープほど悪くもない。アナログ放送見てる感じ(といってもREGZAで地上アナログ見るときよりは綺麗)。同じ映像でもPCで見るより確実に綺麗に見えるのがなんとも(笑)。もっとも無料動画ばかりではないので、多分あまり見ませんね。残念ながらアニメはフルHD動画見当たりませんでしたが、他にもあるようなので今度見てみます。

|

« うちに来た、初の液晶TV。REGZA 37Z7000。 | トップページ | 『GOEMON』を観る。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LANケーブルを引き回す。Switching Hub“LSW3-GT-5EP”:

« うちに来た、初の液晶TV。REGZA 37Z7000。 | トップページ | 『GOEMON』を観る。 »