« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

『この世界の片隅に。』下巻発売、完結。

 こうの史代の漫画『この世界の片隅に』の下巻が発売されました。
 無論これが最終巻で、完結。このあとに完結編とかはとりあえず出ない模様。

 雑誌「漫画アクション」はなぜか滅多に見かけないので連載中は殆ど読んだことはなく(連載が毎号でなかったせいもあるかな)、ほぼ単行本が初見でした。おかげでじっくり読めたと思います。これまでの作品と同じような作りなのですが、集大成というか、それぞれで使った漫画の文法を全部取り入れた感じ。無論大長編ではないので取り入れたといってもその分ストーリー漫画としての書き方は短くなってたり、ギャグ?というかコメディタッチの部分もオチに使われる場合が多く、新聞の四コマ漫画の拡張版という感じの話もありました。

 また、とくにこの下巻前半は情報が多くてちょっと忙しい漫画でもあります。上部に妹尾かっぱさんの著書のように当時の情報が図解されていて下部に主人公らの物語があったり、呉の軍港としての歩みが年表と平行して軍の組織をツリー状に表図されていたり。それがまた細かい。
 年表のエピソードではよく見ると一人の人間の絵が年代を重ねる軍組織の図の間にはさまるように描かれてますが、後半になっていくと主人公の義父(軍の技術系で働く技師)の半生が同時に描かれているのだとわかってきます。最初は母の背に背負われる子供、次第に大きくなり軍の技術部で働き、軍備縮小の折りには出て行く(リストラされます)し、拡張時にまた戻ったり配置変換されたりして、子供(主人公の夫)も生まれ、最後は普通のコマで主人公が嫁ぐ前の家族の絵になっていきます。

 しかし見事な傑作です。短くまとまりがある『夕凪の街 桜の国』のほうが日常の中に差し込む悲劇をよく表現し、完成度も高いかもしれませんが、こちらは長い時間(物語上で主人公が子供のころから戦後まで)描かれている分、戦前戦後の営み、日常がより分かり、のちの悲劇がずっしりくる感じです。下巻では戦争も激しくなり、主人公の身近にも悲劇が起こります。それでもなお、普段の生活でのちょっとした笑いも、終戦における憤りも悲劇に対する気持ちも描かれた上でたくましく──というかおだやかに日常を生きていく人たちの物語。

 戦前戦中戦後の暮らし向きが細かく描かれているだけに実際どこまで真に迫っているかはわかりませんが、そういった文化的な側面もあわせもつ連続TV小説的ドラマとしても楽しめますので、若い人(って自分も含めてそういう生活を知らない戦後世代)にも読んでほしい漫画ですね。重いし時間がかかるけど、上中下巻、一気に通して読むとまたいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H.264動画に対し、GPUの再生支援機能を試す。

 以前記事にも書きましたが、H.264動画を再生するのに、うちではCoreAVCコーデックを使用しています。プレイヤーは、WMP11やPowerDVD 6(バンドル品)などを使用。
 最近のグラフィックボード、というかGPUは動画の再生支援能力をハードウェアで持っていますが、なにせうちのグラボはAGP接続のGeForce6800無印なので、効いてるんだか効いてないんだかわからん程度。PureVideoには一応対応してますが(MPEG2再生など一部のみで、H.264支援はなしだったかな)なにせ購入しなきゃならんようなものだし、効くかどうかもわからないものは当然買ってません。そんなわけで最も軽いと思われるH.264対応コーデックであるCoreAVCは非常に重宝してます。ただニコニコ動画やYoutubeのフルHDでないもの、フルHDでもレートの低いものなどはなんとか再生できますが、『Wipeout HD』トレイラー動画のようなH.264のフルHDなうえに60fpsなんてのになるとガクガクもの。そりゃまあCPUもPentium4の2.4GHzと遅いので、しょうがない話ですけどね。

 ところで、店のPCのグラボは、AGPではなくPCIex16接続です。一応購入した当時、中程度のクラスであるGeForce7600GTのグラボを乗せました。6800無印からすればおよそ倍くらいの能力(ベンチマークでの数値)と聞いてます。CPUはPentium D 930の3GHzでまあまあ。それにCoreAVC使っても、先の『ワイプアウト』動画は完全には再生できませんでした。コマ落ちするか、音が先に終わるかはプレイヤー次第ですが、いずれにしろ完全なものではありません。そこで以前の記事を思い出したのでした。

続きを読む "H.264動画に対し、GPUの再生支援機能を試す。"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

AtermWL54TE(イーサネットコンバータ)がー。

 先日、うちに来たREGZA 37Z7000。デジタル放送は流石に綺麗ですが、地上デジタルのアンテナレベルが妙に低く、時折ノイズが入ったり、インターバルタイマーかというような数秒動画の間欠再生みたいなのが時折ありました。
 TVを設置してくれた電気屋さんの言うことには、うちのようにCATV(タダ)が付いてる場合、屋上に来てるアンテナ基部のコンバータ前に電波の減衰アダプタついてるらしく、それのせいでさらに電波が弱くなってるという話。なんで減衰させてるかというと、CATV契約のうち無料で見られる番組の中にサンテレビ(神戸の放送局)があるけど、うちは難視聴解消のための契約なのでもとより屋根のアンテナでは見られない電波は見ちゃ駄目ということなんですな。だから正規のCATV契約だと普通に見られるものもデコードしてくれず、VHFで普通に見られるサンテレビも見ちゃ駄目ということらしい。12チャンネルで流してるので、他の電波と近い帯域のため、これを見られないように減衰させると他にも影響が出てるんだそうな。
 そ、それでサンテレビ見られなかったのかー。

 というわけでCATV会社に連絡して、地上デジタル上手く見られないので、減衰器外してくれと頼んだのが、もう二週間以上前。それでベランダまで人が通れるように部屋を片づけつつ待ってましたが、あまりに来ないため再度電話したところ、二週間ほど前の留守の間にもう来てて、外からバケットか何かであっさり三階の屋上まで上がって外してたそうな。ただそれでも時々アンテナレベルが低くてノイズ混じってたので(コマ落ちってほど酷いのはなかったけど)、まさかもう外されてるとは思いませんでした。

続きを読む "AtermWL54TE(イーサネットコンバータ)がー。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『GOEMON』を観る。

 昨日の4月21日、姉に試写会のチケットをもらったので『GOEMON』を観てきました。タイトル聞いても何それ?と思ったくらい全く知らなかったので、行くと言ったあとで検索。なになに、あの『CASSHERN』の……えー。悪名高い『CASSHERN』の監督「紀里谷和明」氏の二作目だそうです。しかも検索してみると、この『GOEMON』もなんか評判はいまいち……ただ面白かったという声もあったのでとりあえず観に行くことにしました。

 結論から言うと、多少ダレるところもあるけど(2時間少々と長め)眠くなるほどでもなく、娯楽作としては十分楽しめました。まあキリヤ氏独自の色合いとか無駄に多い合成とか派手なのはまだしもなんか似合わない衣装とかは嫌いな人は嫌いでしょうが。あと傑作と言えるほどでも無いのは確かなので、過大な期待は無しで、TVではちゃちく見えると思うので値引きの日に劇場で観ることをお薦めします。

 ちなみに『GOEMON』公式サイトの著名人コメントの中ではSHIHOさんのものに同意。他はほめすぎ。

 あと未見の人に注意。お話やアクション、史実無視の荒唐無稽さというのは、この手の物語の批判にはつきものですが、それは的外れな批判ですのでそういう先入観は無視するべきです。歴史ものだと大枠は史実通りで物語の中核だけ想像や空想で描かれるのが当然と思われる人もいますけど、別に史実すら曲げてる空想物語は昔からありますし、外見や道具まで年代を超えたものを出すのも最近始まった風潮ではありません(なんか外来語バリバリのバイク乗りみたいな武将が出てくる戦国ものがあるそうですが、銃や剣等の武器や言葉づかいや風俗でいえば随分前から史実無視なんて普通にアリ)。

 まあ歴史全く知らない人がこれを史実と思って観る可能性がないとは言えないので(子供でなくとも)、もっと派手に史実とは違う内容増やしてもよかったかな。結局、史実をそこそこ知ってる人が違いを楽しむ映画かも。って海外の観客にまた間違ったニンジャ像植えつけそうだな。

 以下少し感想を。

続きを読む "『GOEMON』を観る。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LANケーブルを引き回す。Switching Hub“LSW3-GT-5EP”

 うちの三階自室から二階の親の寝室まで有線のLANケーブルを引きました。一応三階の私の部屋には無線ルータがあるので親父がノートPC使う際にも無線を使っていたのですが、現状では無線LANが満足に届かないため、その対策です。今回REGZAを置いたので、そちらとLANを繋ぐのにこれほど不安定ではなあと思い、最近の300Mbps出るという11nドラフトの無線環境に移行する手もありましたが、価格と確実性をまず取ろうと思い、有線にしてみました。無線ルータ買い換えてできなかったらまた有線引くことになるので。

 ちなみにREGZAのためにLANを引くのは、LANを通してNASと繋げる用途もありますが、インターネットを見たり無料の「アクトビラ」というネット接続で映像他を見る映像ポータルサイトを使うためです。「アクトビラ」はPCを使わなくともネットの映像配信をTVに映せるので、なかなか便利です。操作はちと両親には難しそうだけど。感覚的にはネット見るのと同じで、TV機能とは違う使用感なので間違いそう。他に「ひかりTV」というネット経由のビデオ&TV配信にも対応していますが、こちらは有料で回線(基本的に光ケーブル専用)やプロバイダによって対応が違いますのでうちでは見ません。

続きを読む "LANケーブルを引き回す。Switching Hub“LSW3-GT-5EP”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちに来た、初の液晶TV。REGZA 37Z7000。

 東芝が2008年9月末に出した液晶TV、REGZA(レグザ) 37Z7000を購入しました。親父が。

 うちの親の寝室にはずっと14インチTVを置いてあり、寝床から見られるようにしていたのですが、さすがに14インチでは字幕他が見づらいので、買おう買おうと去年から言ってました。それでまあ窓際の台になったあたりに置ける液晶を探してたところ、置けるスペースでは37インチがもっとも大きいものでした。1mあるかないかの近場で時に斜めに見ることになるため32インチ程度でも構わなかったのですが、フルHDや上位機能を持つものになると最低37インチになるので、その中でいくつか見てHDDを接続すれば簡単に録画もできる東芝のレグザにしたのでした。

 レコーディング環境にBDがないのは残念ですが、親父は収集癖があって新聞の切り抜きやビデオテープは溜めるものの整理しない人間なのでなまじディスクとかにするよりはマシかなと。まあ私も同じですけど、手元にあるうちは整理するタイプなのであそこまでは酷くないです(多分)。なによりコピーもできない環境はややこしくて、HDDレコーディングで終わるほうがわかりやすいかも。

続きを読む "うちに来た、初の液晶TV。REGZA 37Z7000。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »