« 『GOEMON』を観る。 | トップページ | H.264動画に対し、GPUの再生支援機能を試す。 »

AtermWL54TE(イーサネットコンバータ)がー。

 先日、うちに来たREGZA 37Z7000。デジタル放送は流石に綺麗ですが、地上デジタルのアンテナレベルが妙に低く、時折ノイズが入ったり、インターバルタイマーかというような数秒動画の間欠再生みたいなのが時折ありました。
 TVを設置してくれた電気屋さんの言うことには、うちのようにCATV(タダ)が付いてる場合、屋上に来てるアンテナ基部のコンバータ前に電波の減衰アダプタついてるらしく、それのせいでさらに電波が弱くなってるという話。なんで減衰させてるかというと、CATV契約のうち無料で見られる番組の中にサンテレビ(神戸の放送局)があるけど、うちは難視聴解消のための契約なのでもとより屋根のアンテナでは見られない電波は見ちゃ駄目ということなんですな。だから正規のCATV契約だと普通に見られるものもデコードしてくれず、VHFで普通に見られるサンテレビも見ちゃ駄目ということらしい。12チャンネルで流してるので、他の電波と近い帯域のため、これを見られないように減衰させると他にも影響が出てるんだそうな。
 そ、それでサンテレビ見られなかったのかー。

 というわけでCATV会社に連絡して、地上デジタル上手く見られないので、減衰器外してくれと頼んだのが、もう二週間以上前。それでベランダまで人が通れるように部屋を片づけつつ待ってましたが、あまりに来ないため再度電話したところ、二週間ほど前の留守の間にもう来てて、外からバケットか何かであっさり三階の屋上まで上がって外してたそうな。ただそれでも時々アンテナレベルが低くてノイズ混じってたので(コマ落ちってほど酷いのはなかったけど)、まさかもう外されてるとは思いませんでした。

 親父が電話した際に連絡先をはっきり伝えてなかったのかもしれませんが、とにかく外れてるのは確かなようで。
 で、外してるってことは、これ以上CATVのできることはないらしい。となると、問題は屋上から内部に入ってる配線が古いせいで損失が大きいことくらいしかないかな。交換するにも大変なのでどうしようか、現在考え中です。

 そんなこんなで副産物としてサンテレビも見られるようになったので、早速TV他のチャンネル設定を変えていたのでした。ところが、RD-X5の設定を変えてるとき、何かの際に突然インターネットにつながらなくなったのです。RD-X5はイーサネットコンバータにつないで、無線でルータに接続しています。番組表などもそこから入手してるので接続できないというのは決行大変なこと。設定を手動でやったりもしましたがとにかく駄目。色々やってどうにもならなくなったので、一端有線で直にルータにつないでみたところあっさり接続。つまりRD-X5の本体や設定変えたのが原因ではなくて、単なる偶然だったわけです……。

 では何が悪いのか。イーサネットコンバータに繋いだケーブルかと思い、取り替えてみましたが反応無し。となると残るはルータかイーサネットコンバータしかありません。ルータは普通に使えたのしケーブル変えてもリセットしても反応無しで、結局コンバータが悪かったみたいです。接触不良なのか知りませんが、ふと接続されたりもして。そういえばと思い出すと、最初に設定見るためAtermの設定アプリ開いたときに、本体側は出てたのにコンバータ側の名前が出てなかった……内部の接触不良か何かですね。思えば以前から発熱が多く、狭いところに置いてたせいか白のプラスチック筐体がうっすら茶色に変色してたんですよね。狭いところに置いてて熱のせいかなと思ってました。しかし先に設定が間違えてるのかと調べてた時、見つけたのです。

 ルータWR7800Hとのセットだったイーサネットコンバータ『AtermWL54TE』、なんと2007年に不具合が見つかって交換されることになってました! 買ってからもう四年ほど、不具合が見つかって二年は経ってるのに、今までまったく知りませんでした。
 しょうがないのでサポートページから製造番号など書き込んでみると、あっさり該当ナンバーと判明。交換するための申し込みもWebですませました。なんで二年も放っておいたかなぁ。もう廃番ですよ。交換品残ってるかも不安。とりあえず交換品が来るまでは、有線繋いでおくかねぇ、トホホ。このケーブル、PS3用のなんですけど。

|

« 『GOEMON』を観る。 | トップページ | H.264動画に対し、GPUの再生支援機能を試す。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AtermWL54TE(イーサネットコンバータ)がー。:

« 『GOEMON』を観る。 | トップページ | H.264動画に対し、GPUの再生支援機能を試す。 »