« 『仮面ライダー 1971-1973』 発売。 | トップページ | 村上春樹、エルサレムでドン・キホーテになる。 »

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」他、第二話更新。

 タイトル通り。
 第1話の前に「出来上がりませんでした」ネタで釣りをして、えらくファンを怒らせた角川アニメチャンネルのWebアニメ『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』と『にょろーん☆ちゅるやさん』の第2話が早くも更新されたそうです。
 まあOPを見ればわかるように、先に数話まとめて作っていたんでしょう。ただ今回更新がこんなに早いのは、釣りネタが不発で非難轟々だったそのお詫びじゃなかろうか。

 今回更新されたのは、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』第2話『にょろーん☆ちゅるやさん』そのにっ、です(いずれもリンク先は高画質版)。OPは変わらず。なお第2話配信につき、第1話は公開停止になってました。

 『ハルヒちゃん』では、シーン1のハルヒはともかくシーン2でいきなり長門さんが美少女ゲーム(というか画が出てくるんですがそのまんま18禁だ)に目覚めたところ。今や(『ハルヒちゃん』では)お馴染みになったウサギのヘッドフォンも初登場。そしてシーン3ではついに浅倉さんが登場し──早々に退場。あちゃくらさんとして復活するのは次の第3話かな。
 『にょろーん☆ちゅるやさん』は、まあ相変わらずですが、あしゃくらさん(元ネタは浅倉さんだけどちゅるやさん化してる)がなかなか可愛いので前回よりいいかも。


 先の「出来上がりませんでした」Nice boat.な釣りはかなりファンを怒らせたらしく、WebのJ-CASTニュースで記事にもなってました。

 『「涼宮ハルヒ」ミステリー 完成していたのに「出来ませんでした」』

 記事によれば『このテロップでは「お詫び」に見えない』とありますが、そもそも『できたら配信、気が向けば更新』なんて書いてて、さらに「Nice boat.」な動画流してる時点で昨今のネットをよく利用するアニメファンにはお遊びと気付きそうなものだけど、違うのかなぁ。私はやってくれるぜと笑ったほうで、別に遅れようが全く気にしませんでした。むしろ実際の更新がお遊びのあとだけどえらく早いなと思いましたが、記事によればお遊びのあと一旦まじめなお詫びの言葉が入ったそうで、やはり釣りが遊びと取られなかったため更新を早めたのではという気がします。第2話更新が早かったのも同じ。当初から本家とは違うお遊び的なアニメなんだから、そこまで目くじらたてるほどのことでもないと思うのだけど。
 しかし記事によれば、「なぜ配信が遅れたかについて話せる人は社内にはいないでしょう」とのことなので、遊びでしたと今更言えないってことなんだろうなぁ。かわいそうだけどアイデア出した人は随分怒られたんじゃなかろうか(出来たら配信ってコピーも同じ人が考えたんだったりして)。もっとも「話せる人は社内にはいないでしょう」なんてのを深読みすると、逆にお偉いさんのほうが出した、もしくはノリノリでゴーサインだしたからだったりして。


 そういえば前回書き忘れてましたが、このアニメ、英語字幕版が同時に配信されてます。これまた珍しいというか本邦初かな? そのためか英語圏のアニメファンにも好印象でスタートしたようです。海外オタク系ネタblog『誤訳御免!』さんとこの記事で海外の反応が紹介されていました。
 「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第1話(完成版)の海外反応【YOUTUBE動画】
 海外ネタ系サイトは、案外おもしろいのでお薦め。

|

« 『仮面ライダー 1971-1973』 発売。 | トップページ | 村上春樹、エルサレムでドン・キホーテになる。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」他、第二話更新。:

« 『仮面ライダー 1971-1973』 発売。 | トップページ | 村上春樹、エルサレムでドン・キホーテになる。 »