« 海洋堂の宝島。その6 | トップページ | コーデックH.264の最速デコーダー? »

VOCALOID恐るべし──というか、ユーザー恐るべし。

 しばらくぶりにニコニコ動画を散策していたところ、前に落し損ねていた(プレミアム登録してないし、うちの回線光ケーブルのくせにちと細いので)動画が落せたので見てみました。

 ……すごっ!
 なんじゃこの出来ばえは。
 もはや素人と思えん(いえやっぱりアマチュアっぽいんですけど、力の入れ具合が実にいい情熱度合いで)。

 なお12月第一週時点で見たものですけど、古いのも混じってます。
 もう知ってるよという方はするーッと見てください。

 ……寝かせすぎて話題性は抜けてますがご了承くださいまし。

 最初に気がついたのはVOCALOID関連のサイトに張ってあったニコニコ動画のリンクでした。最近あまり見てないので、久しぶりに見ようかとクリックしたもののエコノミーだったので数日放っておいたのです。落せるようになったのでいくつか見たものからご紹介。

 トップは総合的に一番のものを。

 とにかく総合的に出来がよい。ニコニコ動画で流行ったものに、『アイドルマスター』というゲームの動画を編集してゲーム内にはない他の歌にあわせて踊ってるように見えるMADがありますが、これも同じような作りながら、歌はVOCALOIDに打ち込んで歌わせ、CGはユーザーの手作り、動画ももちろん自前。まあ歌自体は商業歌を歌わせてるわけで全てがオリジナルではありませんが(但し元歌は台湾のPOPSなので、訳詩はニコニコユーザーらしいです)、もう動く動く。イフェクトも含め、プロの作ったアイドルマスターに勝るとも劣らぬ出来ばえにただ感心するのみ。

 ちなみに動画投稿サイトzoome(ズーミー)には、さらに高画質(800×600)でアップされています。

 おお、ニフのブログに貼っても動画再生できるじゃないか(javascriptなので禁止してると多分駄目)。
 凄いな。これは小サイズなので、大きいのはzoomeで見るかダウンロードしてください(javascript禁止してる人も)。

 うちの古いマシンではzoomeのHD(今回は違うけど)動画はブラウザ再生だとひっかかるので、ダウンロードしてから見ました。ブラウザで見る場合に重い時は、画面を右クリックで軽い「FLV」と綺麗な「H.264」の画質を選べます。
 あと、zoomeはニコニコ動画と違い登録してなくても普通に見られます。ニコニコほどカオスで面白くはありませんが、登録するとコメントもつけられますし、プロバイダのブログのようにユーザー別でサークルというものを作ってサイトの管理もできるようです。画質とともにある意味最強なんですが、遊びにはニコニコの気楽さが楽しいかも。

 ダウンロードはFireFox3.0、アドオンDownloadHelperを使用。H.264動画を開けてる時に普通に使うとmp4ファイルが出てきます。ニコニコやYoutubeと違いmpeg4ファイルが当たり前のシステムのせいか、ファイルに個別番号があるのでそのまま連続して落としても同名にならないのは便利かも。もっとも落とす前にリネームしたほうがあとあと便利かと思いますが(後で確かめつつリネームは面倒)。
 ただzoomeは最後まで再生された場合動画によってはCMに切り替わります。ダウンロードするときにending3.flvなどというファイルが混じりますので、そちらは落とさないように注意。

 で、この動画の製作チーム(数人の分担作業でした)の一人からリンクたどって、これまた面白いものを発見。

 VOCALOIDで有名なのはやはり大ブレイクした初音ミクですが、その先輩にあたるのがVOCALOID-01のMEIKOです。ミクに比べると非人間的なところも多く、扱いが難しかったとかでブレイクし損ねたのですが、ミクが流行ることにより再評価を受け、ミクによってユーザーの技術も上がり使い勝手が進歩して手慣れたユーザーからいくつかかなり聴かせるものも出てきていたようです。
 で、ファンの一部からメイコ姉さんとか咲音メイコとか呼ばれ、かつては売れっ子アイドルだったという脳内設定もつけられ、愛された結果誕生日(発売日)にあわせたいくつかの動画がアップされていたのでした。2008年8月頃から先月までの話です。

 私が最初に見たのは途中のものでしたが、実は制作者が誕生日ツアーと銘打って、いくつかの動画が順繰りにリンクされ、見終わると次の動画に自動的に切り替わるという、まさにツアーな作りになっています。ニコニコ動画にこのようなことができるというのも、初めて知りました。

 曲は最初はTVアニメ『マクロスFrontiar』のキャラクター、ランカ・リーがアイドルとしてブレイクした曲『星間飛行』ですが、これがなかなかすばらしい。まあ多少違和感はありますが(鼻声になったり)、初期のMEIKOの歌と比べると段違いです。で、このツアーを最初から見ようとマイリストから調べて飛んだのがこちら。

 ここからずっと再生しつづけます。二本目が先の『星間飛行』で、五本目まで進むと次はまた最初の 『SAKINE MEIKO GALAXY TOUR 2008』に戻り延々ループするという具合。しかもこの最初のやつはループするたびにイラストが変わる仕様(四枚だったかな)だったりして凝ってます。

 そしてループには入ってませんが、いくつかの動画の上に出るニワニュースの欄になんとこのメイコツアーに絡むリンクの宣伝が……。一つが最初に上げた3DPVで、もう一つがファイナルステージへのリンクです。そこでファイナルステージを押すと、

 これでファイナルとなります。カバーとありますように、どれも基本的にオリジナルの歌ではなくカバーばかりですが、『星間飛行』を除く途中のカバー曲がまたおっさんホイホイで、ある意味懐かしくてたまりません。咲音メイコが昭和のアイドルという設定らしく、当時のしかもアニソン歌っているわけですが、ファイナルではなんと太田貴子、『BINKANルージュ』、『クリィーミーマミ』ですよ。多少の下手も味ってもんですよ(当時太田貴子のベスト版CD買ってて、友人にかわいそうな目で見られました。いーじゃん、歌手が下手でもいい歌なんだから)。

 そんなわけで、所詮はVOCALOIDなので人間とは比べられませんが、その味がわかる、可愛い絵や動画を楽しむ心で見ると実にすばらしい動画たちです。まあ自動リンク含めて全体のまとまり──コンセプトと完成度に感心したわけですが。作り上げた作者の斜め上Pさんとイラスト担当daigomanさん、お疲れさまでした。

 ……あーこれ見る前にも知ってましたが、その太田貴子さんが、21世紀版としてクリィーミーマミ時代のセルフカバーCDをクリスマスに出すそうです。前世紀末に一度引退してましたが、数年前に復帰。一度辞める前は流石にデビュー時に比べて歌は上手くなってたけど、復帰後ここ数年は聞いたことないんですよね。これは出来がどうであれ買うか……。






 このあとはオマケ。
 同時期にもう一つ落したVOCALOID絡みの動画。これがまた大笑いというかヒドい(笑)
 元ネタのゲームもキャラの設定も曲も何一つ知らなかったけど(こういう同人ゲームがあるくらいは知ってましたが)、笑えます。原曲はいかにもシューティングでテンポよく繰り返しに強い曲なんですが歌詞が……いーのかこれ。元の曲に歌詞をつけた「もう歌しか聞こえない」という歌があって、それのさらに替え歌だそうですが……。

 ニコニコ見られない人はYoutubeで。
 特に高画質でなければならないことはないよーな。コメントないとちょい味気ないですが。





 さらにオマケ。
 最近出た3D作品。曲はオリジナルで去年の今頃発表されていて、それを見た作者さんが一年がかりでPVを製作したそうです。ニコニコ由来のこの手の作品はこういった直に接触のない他人のコラボですばらしい作品が生まれることが多く、ハマる出来だとすばらしいものが生まれますね。

 ミクのモデルはあっさりめでミク自体の動きもそれほどではないのですが、背景や周りのエフェクト、編集が見事。最近のパソコンってのは本当になんでもできるもんだなぁと思います(ソフトと熱意が必要なのは変わりませんが)。
 現在ニコニコ動画だとかなり重く低画質のエコノミーでしか見られないので、zoomeのほうも貼っておきます。zoomeのほうも特に高画質というほどではなく640×480でしたが(ここに貼ったものと同じ)。こちらでご覧(またはダウンロードして)ください。

|

« 海洋堂の宝島。その6 | トップページ | コーデックH.264の最速デコーダー? »

コメント

 【初音ミク】Innocence【3DPV】は、作り手の“じんわり”とした愛情を感じますね。楽曲も動画も。洗練度は【VOCALOID】HONEY - NANAMEUE ALL☆STARS【3DPV】の方が勝っていますが、こっちの方が好きだなあ。
 「♪ハニハニ」の部分の踊りが、「♪変なおじさん」に見えてしまうのも……(笑)。

投稿: 翡翠 | 2008/12/12 23:21

 翡翠さん、こんにちは。
 初音ミク】Innocence【3DPV】は基本全部手作りで、愛情こもってますよねー。
 それもやはり歌が先にありきだとは思います。いい歌だから一年かけてアニメのほうも作れたんでしょうね。

 「ハニハニ」は、もとの歌手の踊りを真似てるので──いやおじさんの歌手じゃないですよ? 曲がポップなというだけでなく、台湾のその若い歌手がバックダンサーともども軍服であれを踊るというのでも話題になりました。

 で、もひとつのおまけの感想はー?
 いやまあくだらんっちゃあくだらんのですが、ほら、ダジャレとかしょーもない掛け言葉で楽しんでいた子供のころを思い出したりしたので、これわりと好きなんですよ。

投稿: やずみ | 2008/12/14 00:55

>  で、もひとつのおまけの感想はー?

 元ネタは知らなかったものの、すごく楽しめました。が、言及しないほうが良さそうな気がして……(笑)。

投稿: 翡翠 | 2008/12/14 20:40

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VOCALOID恐るべし──というか、ユーザー恐るべし。:

« 海洋堂の宝島。その6 | トップページ | コーデックH.264の最速デコーダー? »