« 『HOT FUZZ』行ってきた。 | トップページ | おいおい、カ……いやジャスラッ……ク~ぅ? »

ノートパソコンにSATA HDDを外付けする。

 姉のところのノートパソコンがなんとか復旧し戻ってきたので、バックアップ用に外付けHDDを接続してみることに。

 施工編。

 HDDはHITACHIのSATA 250GB、ガワはうちでも使ってるオウルテックの「ガチャポンパッ OWL-EGP35/EU」シルバーです。
 本体のノートPCにはeSATA端子は無いので、AREAのCardBus対応のSATAカード「ツライチeSATA&SATA
SD-CBES-Z1」
を増設し繋ぐことにします。SATAの端子が二つついていて外見は普通のPCMCIAカードそのままで出っ張りなし、バスに刺すとツライチになるというシロモノ。ケーブルは両側SATA用と片側がeSATA端子の変換ケーブルの二本付きなので、eSATA端子のついたガチャポンパッと繋ぐ際には変換ケーブルのほうを使います。
 ガチャポンパッにはeSATA端子とUSB端子の二つがついてるので、もしこちらがうまくいかなくてもUSBで繋ぐつもり。さて上手くいきますかどうか……。

 まず、マニュアルに従い、ノートのカードバスにツライチカードを刺し、電源オン。ところがドライバ入れる段になっても新規デバイス認識がうまくいってません。何度か試したところ、どうやら刺し方が甘かったようで、ほんの零コンマ数mm押し込みが足らなかったようです。もう一度思い切って強く押し込むと認識されました。なにせツライチなもので、ノートによってはちゃんと出てこない危険性もありそうなんで恐いんですよね。
 ドライバは付属の8cmCD-ROMから入れますが、出すの面倒だったのでサイトからドライバ落してインストール、その後PCを再起動。すると下のタスクバーにVIA RAID Toolというものが出てきました。スタートアップに登録されてるようですが、RAIDなんて使うつもりも選択もしてないのに勝手に入ってました。カードのチップがVIAで(VIA VT6421)、SATAドライバと一緒に入れられたんでしょうが、ちと不安。

 そのせいかわかりませんが、HDDにアクセスすると一応認識されてるものの、何故かアクセスが途中で何度か止まる状況に。あからさまにガチャポンパッからカシューンとHDDが急停止するような音が聞こえてきます。こんなのはうちのPCで使ってるときは一度も出たことがありません。うちでもノーマルではSATAが使えるマザーではないので、PCI接続のインターフェイスカードを使って増設、同じガチャポンパッを使ってるわけですが……そういえばうちのカードのドライバの場合、RAID Toolsなんて入らなかったな。……あ、玄人志向「SATA2EI3-LPPCI」はシリコンイメージのチップ使用してました。それでか。出っ張りあってもいいから同じシリコンイメージのチップを使った玄人志向のカードバス対応SATAインターフェイスカード「SATA2RE2-CB」にすればよかったかもしれません(店になかったんですけどね)。公式にSATAのNCQなどにも対応してるみたいだし、出っ張りはあるけどeSATA端子だからもうちょい丈夫な気も。

 さて話を戻して、マウスカーソルまで一旦フリーズするのでハードというよりドライバの問題に思えるのですが、調べても特に出てこず合点がいきません。HD Tuneというフリーソフトで外付けHDDの調子をみようとしても途中でアクセスが止まるので失敗するだけです。他のソフトでもHDDの名前は出るもののSMART情報などは読めないし……。HDDが止まるというので調べると、電力不足なども出てきます。タコ足配線だからってことあるんだろうか(でもうちでも同じようなものなんだけど)。うーむ、わからん。

 なんとも不安なのでUSBで繋ぎ直しましたが、同じようにカシューンと時折止まってました。試しにHD画質の動画を落して外付けHDDに移動、再生してみても途中でいちいち止まります。どうにもならないので一応ガチャポンパッの電源を切っておいてとりあえず使うなと言い残し帰宅。

 二日後の今日、再起動させて使ってみると特に止まらず使えてましたが……はて。もう少し様子見て、もういちどeSATAで繋ぎ直してみます。
 その後ネットで調べていると、VIA RAID Toolはスタートアップから外せば出てこないともありましたから、また試してみるつもり……。
 ガチャポンパッで調べてると価格ドットコムの掲示板で同じような状態をオウルテックに聞いた人が居て、「変換eSATAで接続する場合システムがSATAIIのホットプラグに対応してないと駄目」という返事が。これなのかなぁ。しかしUSBでも休止してるのが不思議なんですが。うちの環境でも確かeSATAのホットスワップには対応してないはずなんだけど、普通に使っても電源勝手に切っても大丈夫だしあまり関係ない気もしますが、これはやはりVIAよりSilのほうが柔軟だということなんでしょうか。
 となるとガチャポンパッの電源? eSATA端子あたりの問題? USB接続で今日はまともだったけど……。つかそもそもうちの環境に繋いだ時は普通に使えてたからなぁ。ケースやHDDのせいとは思いにくく、やはりノートのほうか、インターフェイスカードのほうか……。

 とりあえず次回はそこらへんに気をつけて、VIA RAID Toolをスタートアップから外して、タコ足回線とは別コンセントにつないで、試してみます。それとドライバは2007年1月のタイムスタンプでReadme.txt見るとVIA RAID Software Package ver.3.10E。VIAのサイトからドライバを探してみましたが、2008年のもので何故か二つあります。一方のVIA V-RAID Driver ver.5.20C、名前違うけど、これかなぁ。VIA IDE Falcon Storage Device driverというのは2ちゃんねるの掲示板によると6421に対応してないとも……。検索で出てきた玄人志向の同じチップを使ったインターフェイスカードのページを見るとV-RAIDはVistaには対応してないとありますが、どうせXPなので問題なし。試しに更新してみるか……。
 あとケーブルが一番安くデフォルトでマザーボード等に着いてるような赤い普通のもので硬くて取りまわししづらいので、柔らかくて使い勝手のいい変換ケーブルがあれば買ってこようかな。調べてると親和産業の変換ケーブルが良さそうなので地元にあると助かるんですが……。

|

« 『HOT FUZZ』行ってきた。 | トップページ | おいおい、カ……いやジャスラッ……ク~ぅ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノートパソコンにSATA HDDを外付けする。:

« 『HOT FUZZ』行ってきた。 | トップページ | おいおい、カ……いやジャスラッ……ク~ぅ? »