« VOCALOID恐るべし──というか、ユーザー恐るべし。 | トップページ | HDD交換でついに1TB超え!(一台で) »

コーデックH.264の最速デコーダー?

#この記事の元記事は2008年5月13日に書きました。今回、追加記事を最後に足しています。


 最新のH.264コーデックの動画を見るのにかなり軽量なデコーダーがあるという記事が、2008年2月にGIGAZINEさんとこに載ってました。記事によれば名前はCoreAVC

 4年ほど前の今や低スペック機でもかなりスムーズに動くとのこと。ただ試そうにも体験版もないということと(これは今本家サイト見ると上のほうにダウンロード トライアルとあるので、これが体験版みたいですが記事の書かれた当時は無かったんだろうか)海外ソフトだということで二の足を踏んでましたが、ふと検索していたら正式版の前にフリー版があって今でも残ってる所もあるとのこと。探してみたら、ちょくちょく見かけるサイトにフリー版としてver1.5.0が残ってました。ダウンロードページにはシェアウェアと書かれてますが、他にver1.7がシェアウェアとして存在するので多分表示の間違いじゃなかろうかと(コーデックの目次ページにはフリーウェアとある)。もしかしたら期限付きなのかもしれないけれど、体験版と同じだと思って割り切って入れることに。ダウンロードしてクリック、インストールは簡単に終了。

 で、試そうと思ったらなかなかムービーが見つからない。ようやく以前落した米のエイプリルフール用の、プロかハイアマチュアが作ったと思われる『ゼルダの伝説 実写版』のトレーラーが見つかったのでこれでテストしてみました。ファイルはQuickTimeのMOV形式なので普通にクリックするとQuickTimeで見ることになります。HDといいつつうちの環境が17インチモニタなので多分720P程度で試聴。うちのマシンは未だPentium4の2.4GHzにAGP4倍速のグラボですからね、そりゃもうひっかかりまくり。ロクに動いてるところなんか見られません。GIGAZINEさんとこの記事とまるで同じかそれ以下。
 ではQuickTime以外で再生……とWMPでは見られないので替わりにDVDドライブに付属してたNeroShowTime2で再生。本来ならこのドライブのオマケNeroではH.264は再生不可能なはずなんですが(再生時にこのコーデックは入ってないので製品版を買えと出ます)、あっさり再生。しかも先程とはうってかわってスムーズに再生されます。驚きました。

 まあしばらく入れておいて試してみようかと。ただファイルを直に再生する場合はいいんですが、Flashや埋め込みのストリーミングだとこのコーデックは使わないみたいなので、QuickTimeのMOV形式だとダウンロードできないと使えません(ファイルを直にダウンロードできない場合が多い)。PSP用にエンコードしたものだと小さいので軽いのは当たり前だしなぁ。最新版とかなら設定如何によってはストリーミングでも使えるのかもしれませんが、不明。ver.1.5.0の設定画面には特にそういう設定はないみたいですが……。


 ここまでは5月の記事。
 以下、2008年12月14日追記。

 先の記事には書いてませんでしたが、このフリー版コーデック使って再生するのには、プレーヤーによってはFLV Splitterが必要です。私はFLV動画ファイルを見るのに先に入れていたので、当時気づかず。これ入れてるとWindows標準のWMPでも再生できます。有料ソフトではスプリッターも一緒にあるんでしょうが、無料だと普通は入ってないということなんでしょう(QuickTimeなどは内部でやってる?)。
 他にもffdshow等を入れていると、そちらでもFLVやH.264再生ができますので、coreAVCを入れて再生するためにはffdshowの動画再生の設定でH.264/AVCを無効にしておく必要があります。うちではWMPでMP4を再生すると、音声はffdshow、映像はHaali Media Splitterがタスクバーに表示されてますね。Neroでは出てこないので純粋にcoreAVCコーデックだけ使ってるみたい。

 なお私が落とした先に11月当時にフリー版の新バージョン1.8も出ていたそうですが、日本のその置き場所(上の記事でもリンクしていた先)のサーバが停止中のために試してません。もともとver.1.5のフリー版があったのですがそれが1.8になったのかな。前は正式版でver.1.7が置いてあったので一つ上がったということでしょうか。ちなみに今の正式版は本家サイトによるとver.1.8.5。……うーむこれでver.1.8が無料ってのは……もしかしてクラック?

 現在coreAVCは本家サイトからしかダウンロードできないようです(探せばアングラなどこかにあるかもしれません)。真ん中からダウンロードするのが有料版で右の勧誘おじさんのほうが試用版。クリックすると認証ページが出て色々書いてますが、Professional Editionの試用版で期間は14日。円高の今なら有料版買ってもいいような気もします(あとAGPでないマシンなら、半額のStandard EditionよりはProのほうがよいでしょう。GPU支援もそのうちするようだし。CPUのマルチスレッド対応はStandardにもあるようですが)。

 さてFLV Splitterですが、「ぼくんちのTV別館」さんとこの記事にもあるHaali Media Splitterを私も使っています。導入方法は詳しくはあちらの記事で。もともとニコニコ動画をダウンロードして再生するNicoPlayerのために使ってたのですが、おかげさまでもともと対応したコーデックが入ってないWMPやPowerDVD(バンドル版)やNeroShowTime2(バンドル版)でも普通にMP4も見られます。これとcoreAVCのおかげでMOVもMP4ファイルも、わざわざ重いQuickTimeを使わずうちの非力なほうのマシンでも十分に再生できてます(ビデオカードとモニタの関係上フルHDをそのまま表示ではありませんが)。

 ただ話によるとDivXが次世代でH.264コーデックに仕様を変えるらしいです。今はベータ版を希望者に配布、試している最中で、しかもcoreAVCと変わらない速度になってるとか。あちらは無料版でもデコーダーは同じですし、正式版が出るとcoreAVCよりも便利に使えるかもしれません……。

|

« VOCALOID恐るべし──というか、ユーザー恐るべし。 | トップページ | HDD交換でついに1TB超え!(一台で) »

コメント

 すごいトレーラーですねぇ。うそ企画なんて、言われなきゃ分からないです。
 『ゼルダの伝説』自体については、緑の服/帽子ぐらいしか知らないですけど(笑)。

 1280x720のmov、CoreAVCを入れなくてもスムースに再生されました。ですので、入れてません。
 MPCでは、使用デコーダーは分からす。WMP11では、音・映像ともffdshowがデコーダーとして使われてました(再生中、タスクトレイにアイコン表示)。

投稿: 翡翠 | 2008/05/15 00:09

 ゼルダのトレーラー、リンク先から見るに米のゲームサイトが作ったものだそうですが、いくらかかったのやら。

> 1280x720のmov、CoreAVCを入れなくてもスムースに再生されました。ですので、入れてません。

 くうっ。どうせうちのかんきょーはひんじゃくですよぅ。WMPではもとより私もffdshow入れててそれで見たんですがやっぱりひっかかってました(QuickTimeほどじゃないけれど。あちらはまさしく紙芝居なみで動画は1/10もないのでは)。グラボの動画支援が使えればもうちょっと動くんじゃと思ったこともありますが、GeForce6800のころってH.264なんてコーデックに対応した支援はなかった気がするので駄目だろうなと思い買いませんでした。

 まあffdshowよりもCPUの負担が減るし早送りなどのシークも普通に使えるので便利だとは思いますが。製品版ではそのうちグラボの動画支援でも使えるようにするとのことなので、メインマシンが変わったら購入考えてもいいかなとは思います。

投稿: やずみ | 2008/05/16 16:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーデックH.264の最速デコーダー?:

« VOCALOID恐るべし──というか、ユーザー恐るべし。 | トップページ | HDD交換でついに1TB超え!(一台で) »