« 海洋堂の宝島。その2 | トップページ | 海洋堂の宝島。その3 »

『シンシア・ザ・ミッション』第一部終了記念。だそうで。

 高遠るい氏が描く『CYNTHIA_THE_MISSION シンシア・ザ・ミッション』という連載漫画があります。いやありました。先日出た今月号の掲載誌「月刊COMIC REX」でついに完結したのです。いえ、完結といっても第一部完だそうなので、続きがいつか描かれる可能性はまだ残っていますが、シンシアという主人公のお話的には十分終わっています──他のキャラにとってはどうかな。シンシア絡みでいえば一応のケリを着けていますが、途中はさまった番外的なお話はいくつか終わってない気もします。ただ終わらなければならない話でもないのでそのままでいいとも思いますが(邪眼先生の仇敵の話など)。

 お話としては、香港暗黒街の歴史あるマフィア一族の末シンシアが主人公。まだ学生でチビで額の広いデコでドジっ娘、見た目は可愛らしいけれど実は一族の暗部を背負う暗殺者である後継者。当主のじじいの命を受け、一般人の生活の反面あちこちで敵対するものを暗殺してました。絵が達者なのは前からですが、この漫画では格闘シーンもかなり上手く(後半にいくと若干『バキ』っぽい絵、演出でリスペクトしまくり。あからさまなパロから始まって最後は自分のものにしてます)、グロもあり。
 そんなこんなで日本進出にあわせて転校してきたものの、二重人格の暗殺者に破れたり、一般人として高校生のケンカチャンプに破れたり、バトル主体で知り合ったのにいつしか友人となって楽しい学生生活を送るうち、もともといやだった暗殺稼業を拒否します。その結果、幼いころから天才的な殺人者の姉シベールがシンシアを連れ戻すため来日。その暴虐ぶりが知人友人らを巻き込んで因縁を作り、最終決戦、一応表舞台での公開チーム格闘戦へ。壮絶な死闘が繰り広げられます。はたしてシンシアは自分の未来をつかむことができるのか、脇ではあるが因縁的なシベールと邪眼先生との決着は?などとかなりの盛り上がりを見せた闘いもついに終わりのときが……。一番盛り上がったのが決着のついたここ三四回だったと思います。そして今号でシンシアの未来への希望が描かれて終了。グロいシーンも多い漫画でしたが、最後は相当綺麗にまとめられました──脇役はかなりグロいことになってましたが。一人は自業自得として、ただのかませ犬だった彼はかわいそうだけれど、死んだとばかり思ってたのにその存在をしっかりテーマに絡めてきたところが上手いというか、あざといというか、もったいない根性な気もしないでもない。

 ともあれ現時点最長で初連載漫画は終わり(単行本は既刊8巻。もうすぐ9巻が出るそうですが、完結は10巻かな?)。他で連載中の漫画『ミカるんX』もじわじわ本筋の謎に迫る勢いですが、少しは一段落ついて楽になっただろうなぁと思っていたら……。

 あるサイトの紹介でニコニコ動画に連載終了記念の動画(実際は静止画に音声だけ)を自分自身でのっけておられました。サイトの記事は、題して『高遠るい先生が3時間歌う動画』。いやまーなんつーか、凄い。こんな企画立ててやり通したバイタリティも凄いけど、ナンバーも(笑)。見るだけなら記事からそのまま見られます。さすがに3時間通して見るのはつらいので、かいつまんでメッセージとかをどうぞ。各歌ごとに一言メッセージが絵に入ってます。『CROSS FIGHT!』には歌いっぷりともども笑わせていただきました。ほんとどうすりゃいいんだ(笑)

 普通に驚いたのが、各話のタイトルが全て歌に因っていたと書かれていた事。気づかなかった。次に高遠先生、歌上手い。やっぱ3時間ぶっ続けできるだけのことはあるわ。いけるキーも結構高いし、JamProjectの歌が生える。最後の方はさすがにつらいけど。普通の人は3時間こんな激しい歌いっぷりで歌えません。シンシアのイラストが最後にいくにしたがってシャレにならんイメージに……。

 ああでも『ゾイドジェネシス』ENDING等、裏声使いまくるほどの女性ボーカル歌はやめたほうが(笑)。まあ各話タイトル歌うって企画だからなぁ……。

 結構マイナーな歌もあって(挿入歌とか)わかるの半分もないです。歌えるのは十曲あるかないか。


 今回の記事は暫定的に本文を分割、続きを読むタイプにしてみました。短い記事ならともかく長い記事が続くとトップの読み込みが長くなると思いまして。どちらのほうが良いか意見をお聴きしたいです。

|

« 海洋堂の宝島。その2 | トップページ | 海洋堂の宝島。その3 »

コメント

・・・終了ということで、思い出しましたが、「マガジンZ」が来年で休刊になるんですねぇ。

・・・ゲッターロボ?(←名前忘れました)が連載開始したばかりなのに・・・・・・出版業界も厳しいのかなぁ。(なかなか本が売れないのに、いろんな雑誌出てますからね)
いろんな本が出ている一例:デアダスキーニ・・・でしたっけ?つい最近ではフェラーリのダイキャストキット付きの冊子を始めましたよね(つい、”欲しい(完成状態)”・・・と思っちゃいました。危ない、危ない。)
・・・・・・他にもいろんなマニア受け(あ!今は”スターゲイザーでした)出してるようですけど、採算とれるのかなぁ。

>今回の記事は暫定的に本文を分割、続きを読むタイプにしてみました。

・・・おぉ!いいんじゃないですか。他のBLOGでもこういうやり方してる人いますね。(ラジオの文化放送のBLOGもこういう形式ですよ)・・・ただ、手間が掛かるようなら無理されないほうが・・・・・・BLOG続かなくなっちゃったらそれこそ本末転倒ですからね。
(これでも私、楽しみにしてるんですから(笑))

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/09/11 18:05

 コメントありがとうございます。

 「マガジンZ」終了、残念ですよね。単行本はそれほど買ってないけど、色々と面白い漫画あるのに。しかも無理しても終わりそうなものが二三しかないので(『サクラ大戦』なんかはぎりぎり第1部完で終わりそう)、他は移籍か打ち切りなんでしょうねえ。

>デアゴスティーニ

 前にこの手のものを二三買ってましたが(デアゴスティーニかどうかは忘れました)、コンプどころか10号も行かずに止まりました。世界の犯罪者や事件ものの冊子系は20号くらい行ったかな。結構負担があるうえ、下手すると完結まで50号かそれ以上ありますからね。完結まで買ってる人って一割いるかいないかなのでは。

>続きスタイル

 書く分にはさほど面倒なことはありません。単純にココログの記事作成でテキスト欄が前と後の二分割になってるだけなので。これまでの記事を直そうとするとちとカット&ペーストしなきゃいけないので面倒だけど(とりあえず今トップに出てる記事分は修正してみました)。
 まあさほど長くなく、写真もないような軽い記事なら続き見るのも面倒かなと思いますので、そういうのは今までどおり一括して見られるようにします。もっともそもそも文章が長い私のこと、そんな記事がそうあるわけもないのですが……。

投稿: やずみ | 2008/09/12 00:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『シンシア・ザ・ミッション』第一部終了記念。だそうで。:

« 海洋堂の宝島。その2 | トップページ | 海洋堂の宝島。その3 »