« 『シンシア・ザ・ミッション』第一部終了記念。だそうで。 | トップページ | 光車よ、まわれ! »

海洋堂の宝島。その3

Pict4502_t1r1 前回からの流れで、今回は『北斗の拳』フィギュアコーナーです。実物大ケンシロウの背後のコーナーですね。入り口から左手に進んで二つ目のコーナーです。手前はごちゃごちゃしたSF系プラモコーナー。

 壁にはこれまで発売された『北斗の拳』アクションフィギュアがずらり。おおよそ九年近く出してるんでしたっけ。昔のをみると、昔通ってた本屋のトイコーナーで売っていたのを思い出し懐かしいです。その本屋、今も別に移転してあるんですが当時のいくつかのフィギュアやプラモまだ残ってます。パッケのプラカバーや箱が変色や褪色してました(笑)

Pict4535_r1Pict4537_r1 中央には最新作であるリボルテックの北斗の拳シリーズが簡単なディオラマに飾ってありました。イベント開催当初からあったのだとしたら凄いですね。私が行った7月でも当然発売前ですし、貴重な体験でした。トイ関連のショーなど行きようも無い田舎の人間としてはありがたいことです。
 ケンシロウやラオウ、トキにジャギの北斗四兄弟に、レイがいました。あと当然爆裂ジード団員に、レイのオマケの牙一族。このサイズながら血管や細かい表情、服装や小物のディティールもしっかりしていて、目の塗りもアップに耐えられる程度にはよくできてました。原作に似てるかどうかはともかく、よい出来です。


Pict4536_r1Pict4546_r1
 ケンシロウとトキ。北斗四兄弟の次兄と末っ子ですな。こうして並べると天帰掌だかのシーン思い出しますが、この写真は実際はトキはラオウと対峙していて(上の全体図参照)、ケンシロウは一人でポーズつけてます。あと顔がノーマルでなく叫び顔ですね。私は買ってませんので知りませんが、顔は二種類着いてるらしいです。


Pict4539_r1Pict4137_r1
 南斗水鳥拳のレイとレイにスライスされた牙一族。よく見ると膝や足首の可動範囲がかなり広く、しゃがみポーズが綺麗にとれてます。可動フィギュアのライバルであるFigmaは先行する人型リボルテックよりも可動範囲が広かったのですが、それ以上。Figmaは肘膝は結構動きますが、大抵のモデルは足首はさほど大きく動きません。ズボンのすそ等が邪魔なせいもありますが、肘膝が一軸間接のわりに驚くほど動くのとは対照的です。


Pict4544_r1Pict4545_r1
 北斗四兄弟の三男、ジャギ様です。ジャギはあまりにゲスだったため、かつてケンシロウに秘孔を軽く突かれて頭部が半分膨れてこんな顔になりました。そんなわけで普段は変わったヘルメットをかぶって顔を隠してます。素顔やヘルメットの細かいディティールもよくできてます。よくまあ塗装するなぁこんなの。


Pict4136_t2Pict4137_r1
 爆裂ジード団──正確にはジード団員。『北斗の拳』序盤に出てきて、個性的な単語を発し爆裂して死ぬことで有名になったやられ役です。ケンシロウとともに元ネタがはっきり『マッドマックス2』とわかるキャラクターです(『マッドマックス2』の敵のモヒカン野郎)。アクションフィギュアとしては多分初の内臓飛び出し変形をするフィギュア。アイデアはトランスフォーマーの流れだと思いますが、こちらは生物。こういうのは他に類を見ません(アメリカなら何かありそうな気もするけど)。内臓見えるだけなら色々ありましたけどね(変身サイボーグ系の敵とか)。頭部がひっくりかえるなんてのはよく考えたなぁ。ノーマル状態だと斧もってたりします。


Pict4541_r3Pict4540_r3
 横には40cmサイズのソフビシリーズも。ケンシロウ、ラオウ、レイの三体です。これが原作によく似てます(まあ角度とか漫画の時期とかによるけど)。ケンシロウの皮ジャンなどの表面ディティールもちゃんとあって、ソフビとはいえあなどれません。調べてみると、2004年末頃、5040円で発売されていたようです。やはりお高いですが、オークションでは以前はそこそこの値段でも出回っていたようです(今は見かけないけど)。

Pict4543_r3Pict4542_r3
 同ソフビのラオウとレイ。ラオウは悪そうな顔ですね。ヘルムがないせいか、顔つきか、拳王ではなく昔のラオウのようです。髪も黒いし。レイも悪役っぽく出た初期版のようですね。ケンシロウが一番似てるかなぁ。

 『北斗の拳』コーナーの次は『リボルテック』コーナーなのですが、先に飛ばしたところを。次回は入り口からすぐのプラモコーナー、ミリタリ系を。リアルサイズ北斗フィギュアと同様に今回の売りの一つ、リアル、つーか本物のケッテンクラートとシュビムワーゲンをご紹介。

|

« 『シンシア・ザ・ミッション』第一部終了記念。だそうで。 | トップページ | 光車よ、まわれ! »

コメント

お待ちしておりました(笑)

・・・・・・今回も、眼福眼福。
リボルテックの”ラオウ”様は何か米国のアクション俳優っぽいですね(笑)

>爆裂ジード団──正確にはジード団員
・・・このアクションフィギュア・・・なんというか、面白そうだけど、手元に置くかというと・・・ビミョ~ですねぇ。
なにせ、脳みそバーン!・・・じゃなくて臓物バーン!!ですからねぇ(笑)
・・・ギミックとしては最高の発想ですけどね(大笑)

・・・・・・ソフビは全体的に連載初期に近い顔つきになってますね。ラオウ様なんてすっごい悪役面(笑)

いやぁ、堪能しました。

・・・帰宅後しんどくなってるのは、お仕事で疲れているのかな?・・・・・・まさか、体調崩されてわけではないですよね?(うちの社長・・・風邪こじらせてここ4日間ばかり休んでいます。 体力勝負の人なのに・・・)いずれにせよ、マイペースで更新くださいませ。

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/09/18 09:29

>爆裂ジード団

 色々とネタに使えそうで、案外使いづらそうなあたりがすばらしいモデルだと思います。敵方というかやられ役って少ないですよね。リボルテックやFigmaでは大抵ロボットばかりで、人間のだと初めてに近い。それに加えてこのギミック、遊べそうで遊びにくいという。いやもう企画して発売までこじつけたあたり奇跡にちかい。ここまで来たら、ハート様を出してほしいところです。ギミックは顔爆裂変形は無論のこと、ケリで変形する胴体を是非。

 体調は……どうなんだろ。比較して特に悪いとも思わないんですが。二三日いろいろしててしばらく寝不足だったのが尾を引いてるのかも。
 コンタクトレンズ使用限界が短くなってて、どうしても9時以降に色々できないんですよね。中途半端に眠いんでさっさと寝ますけど、昼も眠たいという……睡眠時無呼吸症候群でもかかっていそう。PS3も一週間に一度くらいしか起動してない……。

 体調といえば尿路結石ですが、手術はちょっと伸ばしてもらって10月末予定。なんか5日ほど入院しなきゃならんそうなので大変。うう、やりたくねー。術後は個室に入れるならまあなんとか本ばっかり読んで過ごせそうですけど……どうなることやら。とりあえず術後すぐに4人部屋とかは勘弁してほしい。

投稿: やずみ | 2008/09/18 22:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海洋堂の宝島。その3:

« 『シンシア・ザ・ミッション』第一部終了記念。だそうで。 | トップページ | 光車よ、まわれ! »