« 地雷除去機ミニカー。 | トップページ | 海洋堂の宝島。その4 »

ポール・ニューマン氏、逝去。

 26日夜、コネティカットの自宅で死去
 死因はがんだそうで、かなり前から闘病生活してたそうです。

 個人的には『ハスラー』と『明日に向って撃て!』がやはり秀逸。『ハスラー』など若いころの、尖ったイメージでありながらマーロン・ブランドよりも線が細くどこか繊細な感じもする若者像が好きでした。年取ってからもあまり輪郭が衰えず、『ハスラー2』では渋く演じてましたね。ロバート・レッドフォードはしわが深くなりすぎてるし、先日観た『アイアンマン』でのジェフ・ブリッジズの老け方には愕然としましたが(もっとも演じるためのメイクもあるでしょうが。まるで別人で映像だけでは気付きませんでした)。『スターマン』好きだったんだけどなぁ。

 ああでも、モノクロ映画で思い出深い主演作を見たスターも、そろそろホントにいなくなってきたなぁ……もちろんリアルタイムで観たわけじゃありませんが、モノクロのほうがシャープな映像なので、どうしても若いころにそういう映画出てたひとってカッコいいイメージがあるんですよね。。

|

« 地雷除去機ミニカー。 | トップページ | 海洋堂の宝島。その4 »

コメント

・・・私もびっくりしました。

私の場合「スティング」が印象にあります。
テレビ放映版で津嘉山正種さんが声当てしてましたが、どんでん返しが爽快で(詐欺師仲間の敵討ちっていうのもシュチュエーション的には好み)Pニューマンの渋さとLレッドフォードの快活さと相まって個人的には好きな映画の一つです。

「明日に向かって撃て!」は見よう見ようと思って、のびのびになってましたが・・・これを機会に見てみようかなぁ。

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/09/28 10:20

 そうでした、『スティング』もありました。なんで忘れてたんだろ。『明日に向って撃て!』と同じジョージ・ロイ・ヒル監督作じゃないか。
 『スティング』は最後に観てから随分経っちゃってるので大分忘れてるせいかな。

 『明日に向って撃て!』は音楽もいいんですが、有名な自転車二人乗りシーンで主題歌がかかるところは神がかりです。まあ子供のころ観たときに最初に思ったのは、なんで前に人乗せて走れるんだ、でしたが。あとラストも映画史上に残るもので、パロディとかでも使われてました。

 ついでにジョージ・ロイ・ヒルといえば、『ガープの世界』も面白いのでお薦めです。田舎なので名画座の二本立てで偶然観たのですが(確かお目当ては同時上映の他の映画だった)、こっちが上でした。私はこれでジョン・アーヴィング(原作)とロビン・ウィリアムズ(主演)を知りました。ロビンといえば昔『ポパイ』をやったってことを雑誌で知っていただけで(後で思い出した)観たのは初めてでしたが、以来好きな俳優になりました。

投稿: やずみ | 2008/09/28 19:27

>、『ガープの世界』
・・・ほほう、興味深いですね。見てみましょう。
それにロビン・ウィリアムス・・・私も好きな俳優です。

主に劇場ではなくレンタルでしたが、「グッドモーニング・ベトナム」から始まり、「トイズ」ちょっと間があき「ミセス・ダウト」(これは映画館で見ました)
「パッチアダムス」(うちの妻もお気に入り)「ポパイ」はまだ見てないっす、すみません。
あと「アンドリューNDR114」・・・これは、原作も思わず読んじゃいましたけど、終盤からラストは映画版の方が私(や妻)好みかな。
ご存じかと思いますが・・・・・・。
一人の女性の面影を追いつつ、すこしづつ身も心も人間に近づいていって一人の人間として”最愛の人”と一緒にその生涯を閉じる(・・・その間200年生きてましたけどね)・・・ある意味理想的な終焉の仕方だなぁ・・・と印象に残っています。

なんか重度のアルコール依存症になったとか・・・・・そのあとの二面性をもつ性格異常者の役をなさっていたようですが・・・ん~~見る気は起きませんでしたねぇ、ギャップがありすぎて・・・。

「ガーブの世界」探してみますね。

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/09/29 09:39

・・・追加です。
「フック」もありました。( ^ω^ )

ピーターパンが大人になって、子持ちにになって、いつしか自分が空を飛べたことも忘れて・・・と結構、面白かったなぁ。
ダスティン・ホフマンのフック船長も良かったし、副長のヤッタラン・・・もといタミー(でしたっけ?)もいい味出してました。
声優陣もすごかったですね、桶浦勉さんや、あれ?フック誰だっけ? 内海賢二さんや滝口順平さんや・・・・・決めはジュリア・ロバーツのティンク、土井美加さんですからねぇ・・・。

思い出したのでカキコしました。

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/09/29 12:27

 『グッドモーニング、ベトナム』も面白かったですね。『ミセス・ダウト』と『パッチ・アダムス』も観ましたが、どちらかといえば『ガープ~』や『~ベトナム』の結構ハードなんだけどキャラはどこかユーモアを感じる作品のほうが好きです。あと『いまを生きる』とか『グッド・ウィル・ハンティング』とか。

 『フック』といえば同じファンタジー系?の『ジュマンジ』も良かった。子供の頃にゲームにさらわれて、ようやく帰ってきたときは自分は中年で親はとうに死去して知る者もいない……時間差はないけど日本の浦島太郎、米のリップ・ヴァン・ウィンクルのような状況で、ロビンの演技は結構胸に来ました。『アンドリュー~』はまだ観てません。というか最後に観たのが『パッチ・アダムス』なのでもう十年来出演作観てないってことか。

 しかし映画館で観たのって『ガープの世界』だけ。でもあれはスクリーンで観られてほんと良かったです。

>副長のタミー

 覚えてなかったので調べてみました。スミーでしょうか。役者はボブ・ホスキンスでした。ボブといえば思い出すのは『ロジャー・ラビット』くらいかなぁ。なるほど体型とかヤッタランに似てなくもない……。

投稿: やずみ | 2008/09/29 21:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポール・ニューマン氏、逝去。:

« 地雷除去機ミニカー。 | トップページ | 海洋堂の宝島。その4 »