« 三度目の正直…になりません。 | トップページ | 漫画家三山のぼる氏、ご逝去のこと。 »

赤塚不二夫さん、ご逝去。

 漫画家の赤塚不二夫さんがお亡くなりに

 結構前から(2002年だそうな)脳内出血で闘病生活に入られていたし、それ以前もわりと活躍が縮小されていたのでいまそれほど衝撃はありませんが、確実に昭和の時代が過去になりつつあるのが実感できます(いやもう20年経ってるんだけど、こう自分が子供のころの世界の一部が次々と消えていくとね……)。殆ど表現もできないほどの状態だったそうで、看病されていた奥様も二年前に亡くなられていたとか。安らかにお眠りください。


 赤塚漫画というと、おぼろげに覚えているのは『おそ松くん』が最古かな。貸本屋の本で読んだ覚えが。ただ子供の頃は主人公はチビ太だとずっと思い込んでました。そういやおそ松ってキャラもいるけど今(後半)はチビ太だよなって認識。『トイレット博士』の主人公はスナミ、みたいなもんですね(また古い漫画を)。

 漫画はこれだけど、アニメとなるとやはり『天才バカボン』ですね(『おそ松くん』のアニメはカラー版で初めて見たので、ずっとあと)。そりゃもう古いやつから元祖から、再放送等のたびによく観てました(一番新しいのは観てません)。一番思い出深いのは一作目。あの主題歌のおかげで太陽の昇る方角を覚えた子供は私だけではないはずっ。家にレコードがあって、繰り返し聞いてたおかげです。あの歌大好きだったなぁ。OPアニメも好きでした。細く高い岩の上に立つバカボンやパパをグーンとナメて離れていくカメラがすばらしい。ああいう歌い方する歌を聞いたのも多分あれが最初。なんつーか、猜疑心の塊みたいな歌詞や合いの手が最高でした。ヘンな歌いっぷり「ど根性ガエル」も似てて好きでしたね。

 他に『天才バカボン』といえば、数年前ヨドコウの物置のイメージキャラクターにも使われていましたが、そのCMがYoutubeにありました。「家族の思い出」編だそうですが、これがなかなかいいです。
 えらく歌がいいと思ったら、矢野絢子さんの「恋」という歌だそうです。HPのディスコグラフィ見ると、去年発売された4th full album「あいのうた」に収録されています。

 ヨドコウのHPにその他含めてバカボンCMの動画が置かれてましたのでそちらで全部観られます。
 私はこのうちの「開けやスイスイ~閉めやスイスイ~」の歌のやつしか見た覚えがなかったです。「家族の思い出」編は去年のはずだけど、余程私が見ない時間帯に流してたんだなぁ。

|

« 三度目の正直…になりません。 | トップページ | 漫画家三山のぼる氏、ご逝去のこと。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤塚不二夫さん、ご逝去。:

« 三度目の正直…になりません。 | トップページ | 漫画家三山のぼる氏、ご逝去のこと。 »