« ナイト2000が勢ぞろい。 | トップページ | 『魍魎の匣』アニメ化決定。 »

ホントに怖い市松人形。

 何をどう言えばいいのか。
 オークションってのは本当いろいろありますが、別に成人指定でもおちゃらけでもなんでもないブツでこんなものを見る時が来ようとは……。

 ヤフーオークションに出品された市松人形がありまして、出品者が詳細に写真を撮って載せているのですが、その写真が怖い。最初出てくるのがページ上部で類似の商品の写真があるけれどわりと普通に撮ったものばかり。下に長いのでスクロールしていくとこれが……こわっ! 初っぱなから何考えてるのと逆に笑いたくなるほど怖い写真が、そのあとも次々と出てきます。いくらか不備もあるので壊れた部分なども撮っていて、やはり怖い。途中マイルドな姿を見せつつ、最後にまたぶり返す恐怖の顔。市松だけど『青い血の女』にも通ずる恐怖。こっちみんな。
 端正な二重まぶたと繊細な眼は明るいところならすっきり見えるんでしょうが、この写真ではしんとした日本家屋の陽の光もほとんど差し込まないような奥まった部屋の片隅で、一個の電球に照らされて浮かび上がる不気味な雰囲気をより一層あおるだけです。

 ええと怖いもの見たさで見るのはいいですが、一度見たら十分かも。てかこれ書くために三度は見たわけですが。夜中に見つけないで良かった。しかしこの照明や状況で撮るほうは怖くなかったのかね。

 ソースはこちら。ぜろだまblogさんの記事「納涼・本当はやっぱり怖い市松人形 」
 あちらの記事もどうぞ。タイトル下のリンクをたどってください……。記事へのコメントも楽しいですし。コメントにもありますが、これで落札したひとがいるというのもまた怖い。どこから購買意欲がわくのだ。この写真で。この手の物は知らないけれど、貴重なものなのかね。

 記事のコメントによればExif情報があるとのことで確認しました。撮影機材はNikonのCOOLPIX L1というコンデジで、今となっては極普通のスペックなんですけど、綺麗に撮れてます。

 最後の写真の情報だと、
(いくつか抜き出し)
画像情報,768 x 1274 ドット 24 ビット
メーカー,NIKON
機種,COOLPIX L1
作成ソフト,COOLPIX L1 V1.2
露出時間(秒),1/49
F値,4.00
露出プログラム,プログラムAE
ISO感度,50
Exifバージョン,0220
露出補正量(EV),-2.0
最小F値,2.83
測光方式,分割測光
光源,電球
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
焦点距離(mm),17.2
カスタム画像処理,なし
露出モード,自動
ホワイトバランス,マニュアル
デジタルズーム比率,0
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",104
撮影モード,標準
ゲイン補正,なし
コントラスト,ノーマル
色の濃さ(彩度),ノーマル
シャープネス,ノーマル

 ホワイトバランスは電球で他はノーマルだけど、光源と構図、露出補正-2かけてるあたり確信犯で撮ってますね。ある意味、楽しく出品できてそれなりにセリが盛り上がり、ネタにもなって一石二鳥なオークションかもしれませんが、逆効果になる可能性もあったわけで、いい度胸してるなと思ったのでした(まあ駄目なら出直して普通の写真にすればいいのかもしれないが)。

|

« ナイト2000が勢ぞろい。 | トップページ | 『魍魎の匣』アニメ化決定。 »

コメント

・・・社長は草刈りに疲れ、早々に上がり。
その隙に・・・・・・もとい、ちょっと息抜きでコメントを・・・(さて、私はいつ仕事をしているのでしょう?(笑))

・・・・・・冗談(?)はさておき、見ちゃいましたよぅ。こわぁぁぁぁぁっ。

・・・・・・むかぁし、むかぁし、はるかむかぁし、今では土曜日恒例の「土曜ワイド劇場」が始まったばかりの頃、
田中邦衛と浅茅陽子の刑事とトシの離れた恋人コンビが訪れた旧村が、実は生きた雛人形達が棲む村だった
・・・・・・・という話と、コドモの頃に姉貴の少女漫画を読んだら、人形が人間に襲いかかる話(チャイルドプレイもそうでしたねぇ)で、えらい怖い思いをしたのを驚速(急速どころじゃないっす(笑))に思い出しました。

まぁねぇ・・・TOYSTORYあたりでトラウマは消えましたが、人形ってほんと不思議な魅力がありますね。

辻村ジュサブローさんや川本喜八郎さんは独特の雰囲気(新八犬伝や三国志、新平家物語)ありますし・・・・・・・・・なんだっけかなぁ、結構妖艶な少女人形師もいましたよね・・・・・・・奥が深いなぁ。

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/07/11 15:34

>田中邦衛と浅茅陽子の刑事とトシの離れた恋人コンビが訪れた旧村が、実は生きた雛人形達が棲む村だった
・・・・・・・という話

 それ見たみたいですね。そういえば昔は納涼にこういうドラマよくやってたんですけど、最近やりませんねぇ。
 辻村寿三郎(今回知りましたが、ジュサブローから本名に改名したそうです)さんの人形は、『八犬伝』等でお馴染みで怖いという感じはなかったですが、川本さんのは映像によっては怖い表情も見せることがありますね。まあこれとは別格ですけど。

 妖艶な人形の作家といえば天野 可淡。カタンドールなどと呼ばれる人形を作っていてその筋ではかなり有名なようです(私も聞いたことあるくらいだから)。1990年に早世したのでそのせいもあるでしょう。今も同系統の人形作られる方がいるけれど、この人が日本のこの手のパイオニア的存在らしいですね。近年では映画『イノセント』で人形のモチーフにも使われました。

投稿: やずみ | 2008/07/12 18:31

・・・おはようございます。
今日は朝早く出社(社長は福島方面に出張)。ちょっとはやる気あるとこみせんと(笑)

>天野 可淡。
・・・そう!その方です。 確か写真集も出てて表紙だけでも”ゾクッ!”とくる妖しい雰囲気を醸し出してます。
・・・・・・以前、民放で番組と次の番組の間にある5分くらいのショート番組で紹介されてて、画面越しだと尚更、妖しくかつなんとも不思議なイケナイ(?)雰囲気が漂ってました。

辻村寿三郎さんは八犬伝や真田十勇士はそんなでもなかったですが、高校の時に話題になった故山田風太郎さんの”魔界転生”の小説(上下巻)の表紙の天草四郎時貞はグッとくる雰囲気でしたよ(資料あるかなぁ)
(ジュリー(沢田研二)が史郎役、千葉真一が十兵衛役(個人的に十兵衛はこの人から離れられません。
佐藤浩市がやろうが、渡辺某氏(電王でガオウやってた人、以前の”ファイト!一発!”(笑))がやろうが、どうしてもしっくりきません。思いこみって怖いですね(笑))
の映画がありましたが、深作欣二監督の演出なのか、製作サイドの思惑なのか細川ガラシャだの伊賀の霧丸(?)だの原作にないのがいたり、ラスト変わったりと当時「なんだよぅ!(怒)」と思いましたけどね。 いまはオトナだから四の五の言いませんよ(笑)

・・・故石川賢先生の同作についてはokです(笑)
あそこまで思いっきりアレンジされれば、却ってすっきりしますもんね(笑))

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/07/13 08:26

 『魔界転生』の表紙は、言われてみればそんなのがあったようななかったような……で覚えてませんです。
 映画はTVでちらほら見ましたが、未だに完全には見てないですね。見た範囲ではわりと面白かった覚えがありますが、インパクトは石川漫画版のほうが凄かったし面白かったです。たとえ『虚無戦記』他とどう違うんだと言われても(笑)。原作はまだ読んでないので、どれだけアレンジがされてるのかよくわからないですが、この二人だとある意味あんまり違和感ないからなぁ。気にならないような。

投稿: やずみ | 2008/07/13 14:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホントに怖い市松人形。:

« ナイト2000が勢ぞろい。 | トップページ | 『魍魎の匣』アニメ化決定。 »