« はーっさいじゅつ。 | トップページ | (もしやすると無駄に)高性能なUPSを買う。 »

食玩レイ&アスカ。

 いまいち写真ネタが無いので、倉出し。

 以前栃木の海坊主さんに頂いた食玩のレイとアスカです。
 バンダイのキャンディトイ事業部の『新世紀エヴァンゲリオンPORTRAITS4』より。

Pict3847_r
 浴衣着レイは貞本さんが描いた画が元なのかな? 無駄に良くできてる団扇もってたりします。造形もこのシリーズは代々わりとよくできてますが、個人的にはこのレイの顔は目や鼻のバランスがいまいちで、正面からはちょっと。口元が笑ってるけどこれも角度がいまいちレイらしくないというか。

Pict3824_r_2
 マクロでアップにするとつらいので横顔や斜めで。照明次第で正面もなんとかなりそうですが、微妙な加減なので今回はこれだけで。

Pict3765_1r
 アスカはプラグスーツ。気取ったポーズでちょっと勝気な笑顔がなかなかよいです。正面から見るとニヤリとしてるけど、左側面から見るとちょっと冷めた感じにも見えるのもいい。目とか顔とかやっぱりあまり似てないけど(苦笑)、レイよりはイメージにあってるかも。


Pict3855_r1
 どちらも左右別方向に向いてるので、一応見つめ合わせることも可能ですが、衣装考えるとシチュエーションが想像できませんね(^^;

Pict3807_r
 アスカのほうがプラグスーツなだけにメリハリの効いたプロポーションだし、髪や手でわかる通り動のポーズなので見栄えはします。ある程度どの方向からもいい構図に。レイはどうも顔がよく見えると駄目な印象で、見返り美人っぽいポーズだし、横顔がぎりぎり見える左後方からの構図が、左足の少し浮いたかかとなども見えて一番いいかも。顔が見えなくてもいいならうなじの見える右後方からでもよし。


Pict3769_r_2 というわけで、飾るならレイは向こう向きで、アスカはこちら向きで飾るとよいかと。ちなみにレイはバランスよくて台座なくても立ちました。アスカは足細いし動的ポーズなので流石に台座が要りますが、短時間なら支柱はなくても良かったです(最初の撮影時にはなぜか支柱の棒だけ取り忘れてました)。

|

« はーっさいじゅつ。 | トップページ | (もしやすると無駄に)高性能なUPSを買う。 »

コメント

・・・うわぉっ!?blog見てびっくりしました(笑)
・・・でも、お役に立てて幸いです(by;アンドリュー)
なるほどなぁ、撮影に仕方でずいぶん雰囲気変わりますねぇ。

同シリーズでプラグスーツのレイだけどうしても当たらなくって、(浴衣ばっかし(泣)で、そのうちのい一体)・・・ほんとその節はお世話になりました。

・・・そういえば、今年中に全長50センチくらいのエントリープラグが発売されるそうで、LED点灯でその中にちゃんとレイ(もしくはシンジ)がいるそうですが・・・・・・。

・・・上記の紹介コラムでもそうですが、EVAの造形(アスカやレイ)を見るにつけ思うことがあります。
「14才にしてはあるまじき体だ!」・・・と(笑)

・・・・・・だからねぇ、今度~5も出るそうですし、リボルテックの再販”レイ”も予約しちゃいましたよう(泣)
・・・・・・あぁ、どんどん深みにハマっていくぅぅ(笑)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/07/06 10:47

 照明はパルックdayの電球形蛍光灯などですが、厳密に色温度がしっかりしてるものではなくフツーのものなので色合いの調節が難しいです(買ったあとで知ったのですが、パルックはあまり演色度合はよくないとか)。うちのデジカメのAWB(オートホワイトバランス)は結構よくできてるんですけど、どちらかというとやはり蛍光灯の色温度に合わせてから色かぶりなどを調整したほうがよい感じですね。
 あとは背景ですかね。先に白い紙を背景に撮っていたのですが、黒い布を背景に撮ったほうが色合いが濃いめになります。AWBとしては白背景のほうがよさそうなんですが、露出は白背景だと微妙。
 この二体のフィギュア、レイは紫系の浴衣、帯、浴衣の模様が微妙に出にくく、アスカは赤はともかく胸パーツのオレンジが相当出にくくて、照明もあるけどカメラの限界もありそう。黒背景のは色合い調節は同じにしてますが、正面からと後ろ姿だと胸のオレンジが微妙に違います。

>同シリーズでプラグスーツのレイ

 第2弾か3弾あたりのを一個か二個持ってます。どこに入れたかか今はわからないけれど。あとはリツコとミサト、シンジにカヲル。

 リボルテックフロイラインのレイも持ってます。出来は結構いいんですが、デザインは好き嫌い激しそう。個人的にはかわいい顔だと思いますが漫画版とはまるで違うし、アニメでも設定画というより特定の作画の顔のようです。かわいいけれどデフォルトではないという顔ですね。

 ボディもシルエットはFigmaなどよりも際立っていて、ポーズによっては固定フィギュアのような様相も見せますが、Figmaのような自由なポーズは付けられません(股関節などがわりとゆるいしFigmaのような背中の穴で宙に浮くようなスタンドではないので)。ちなみに胴体にまわすワクのついたスタンドですが、ワクがこすれて体の塗料が剥げるのでそのまま使わない方がよいそうです。うちは使わず立ってるか座ってるか。

 一つ確実にFigmaに勝ってるのは、頭が少し上を向くこと。首と髪の襟足のつくりと間接の付き方でFigmaはことごとく斜め上すら向けられないんですよね。リボフラのレイは首の作りが違うので、襟足あるけどワンクリック上向けますし、間接伸ばしてもう少し上を向くことができます。

>14歳にあるまじき……

 アニメ初期の作画やイラストや漫画版はそうでもないんですが、他の漫画家のイラストやアニメ後半などではメリハリが付きすぎてますね。フィギュアが爆発的な人気を博したあとはそういう造形師の好みが反映されてるのでいたしかたないでしょうね。

投稿: やずみ | 2008/07/06 13:49

・・・接写ってうまくいかないんですよね。
ミクロモードにして、ピントを半シャッターで合わせ、被写体に近づけて撮るって・・・何かの本にあったけど・・・ちがうかな?

結構ホワイトバランス全開にしてフラッシュ極力使わず蛍光灯で、画質500画素のフルにしてまが・・・・・・う~~~む。(笑)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/07/08 10:26

 マクロ撮影でピントを固定してからカメラ本体を動かすのは、どちらかといえば一眼レフとかで被写界深度が狭い時に使う要領です。マニュアルフォーカスだと固定が楽ですが、先に大まかにピントを合わせておいてから欲しいところにそのピントを持っていくわけですね。しかしこれはファインダーがハッキリ見える一眼レフでないとなかなか難しいですよ。コンパクトデジカメ等だとよほどいいEVF(ファインダー)か液晶モニタでないとピントの山が掴みにくいので。うちのカメラもさほどいいEVFではないので、マクロも基本はAFで撮ってます。

 栃木の海坊主さんがどういうデジカメを使われているのかわかりませんが、フォーカスエリアが点で自由に設定できる場合はそちらでピント欲しいところに合わせてAFのほうが楽です。エリアが自動とか9点エリアなどなら、確かに狭い中でピントを好きなところに持っていくにはフォーカスロックしておいて前後にカメラ自体を動かして合わせるしかありませんが。

>ホワイトバランス全開

 この全開というのがよくわかりませんが……もしかして絞りのことでしょうか。暗いところでは当然絞りは開放にしておかないとシャッタースピードがより遅くなるので手振れとか起こしやすくなります。
 ホワイトバランス(WB)というのは、白を白として写すためにカメラが決める色設定のことです。通常デジカメが画面内の色あいから自動で決めますが(AWB)、デジカメによってはプリ設定で昼光とか蛍光灯とか決められたいくつかから自分で選ぶこともできます。光源によってはWBを変えないと白が緑や赤っぽくなったりするわけですが、夕方などはわざと昼光にWB設定して夕焼けっぽさをだしたりもすることもあります。

投稿: やずみ | 2008/07/09 05:29

・・・さっそくのご意見、ありがとうございます。
えとですね、使ってるデジカメはFUJIFILMのFINEPIX A500というやつです。

設定は、撮影モードはオート→5M,N(画素数でしょうね・・・素人っていい加減ですね(笑))→LCD(これが先述のホワイトバランス・・・ていうか明るさ調整でした。マイナスにすると暗く写り、フラッシュがオートだと働いて、プラスだと普通に撮ってもテカります(笑))→感度(ISO)オートで400~100まであるけど、そちらにしています。
日々研鑽でモニターでウマく撮れてもノートPCにしてみるとガックリくることが、多々あります(泣笑)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/07/10 09:09

>FINEPIX A500

 製品紹介見てみました。約2年前のコンデジですが500Mもあるなら今でも十分綺麗に写せると思います。フジは昔からレンズと高感度撮影時の画質には定評ありますしね。

 512画素なので、5Mというのはフルサイズですね。Nというのは多分画質(jpegの圧縮率が普通)なので連続してあまり撮らない時とかすぐPCにファイル移動できるならF(Fine)にしておいたほうがノイズが少なく綺麗です(データ量が大体二倍になるので、FよりNのほうが二倍近い枚数撮影できる計算)。
 また先の5Mという記録画素数を下げるとより多く撮影できますが、画面の大きさはあとで小さく出来ても大きく綺麗には出来ないので、少なくとも画質はNでも画像サイズはフルサイズで撮るほうが良いです。

 明るさ調整は露出補正といいます。普通モニタに写るのは調整後の映像なので、一度シャッター半押しにしてカメラがその構図と明るさで自動的に決める映像を見ます。映像が明るめに感じられてちょっと暗くしたいならマイナスに、暗く感じるので明るくするならプラスにするというような使い方をします。
 フラッシュは禁止も出来るので、室内撮影などでテカるのを防止するなら当然禁止にしておきます。暗い室内等でブレずに撮影するなら三脚と2秒タイマー使用か、手持ちならISOの感度上げるしかありません。

 マクロ撮影ですが、AFエリアが中央固定なので先に私が書いたような構図を決めてからエリアでフォーカスポイントを大体選ぶというのはできません。必然的にフォーカスポイントをずらすには、まず目当ての場所を中央にしシャッターボタン半押しにしてフォーカスロック、それから構図変更しかできません。それもエリアが多分広いので、うちの写真のように手足にフォーカスするのは難しいかと。あと一眼レフなどのように固定したあと前後にカメラをずらすというのは、流石にこの液晶モニタでは無理があるかと思います。フォーカスロックした場所から勘で前後移動してもいいけれど、そもそも被写界深度が深いコンデジなのであまり変わらないかも。フィルターが着けられるならクローズアップレンズ着ける手があるんですが。

 個人的にお薦めするなら、まず適度な照明と三脚を用意すること。照明は最低2灯で距離や向きで光の加減をする。デスクスタンドかクリップライト(電球型蛍光灯を使う)でいいです。蛍光灯は同じ種類にすること。ENという型番の昼白色(色温度約5000K)が昼の日光に近く良いとされていますが、なければどれでも。天井の照明は出来れば消す(同じ種類の蛍光灯ならまあいいけれど、背景とかが邪魔になるなら消す)。白飛びを起こさない程度で見た目明る過ぎるかなってくらいにするとシャッタースピードを稼げて手振れ防止になります。

 蛍光灯を合わせたなら、ホワイトバランスはプリセットの蛍光灯の種類に合わせたものにする。場合によってはオートがいい場合もあるのでできればWBを変えて同じ撮影もする。オートの方が好みの色だったらそちらで。昼間の屋外で撮るなら昼光で。

 小物撮影時は三脚を使いフラッシュは禁止。三脚とともに2秒か10秒タイマー使って多少の手振れも排除します。まず撮る構図を確認します(ピントを中央からずらすつもりならそのあとピントを合わせる場所を中央に移動)。シャッター半押しで一度明るさを確認。タイマー設定したままシャッター押すとそこでフォーカスも露出もロックされるので、押した後タイマーが落ちる前にカメラ移動すれば多少はフォーカスをずらすことができるはず。照明がしっかりしていてフォーカスは中央でいいなら三脚はなくても大丈夫ですが、それでも2秒タイマーは使った方が無難です。

 すぐに考えられるのはこんなところですかねぇ。あと照明がしっかりしていればISOは100でも十分撮れます(ISOは少ない方が綺麗です)。

投稿: やずみ | 2008/07/10 11:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食玩レイ&アスカ。:

« はーっさいじゅつ。 | トップページ | (もしやすると無駄に)高性能なUPSを買う。 »