« ホントに怖い市松人形。 | トップページ | PSPでワンセグ三昧? »

『魍魎の匣』アニメ化決定。

 京極夏彦の小説『魍魎の匣』のアニメ化が決定したそうです。
 ソースは「MOON PHASE」さんの雑記より。
 他にもファミ通の記事やらいろいろで紹介されていますが、プレスリリースそのままなので1ページで見られる上記の雑記で見るほうが手っとり早いです。

 製作は映像のクオリティで定評のあるマッドハウスなんですが──キャラクター原案があのCLAMP! なんとはなしにいやーな感じがしたのですが、キャラ設定画を見るとやはりというべきか、似たような顔の二枚目顔のオンパレード。CLAMPの漫画、別に嫌いじゃないんですが、こういう原作に合わせるには無理があるよなぁ。パターンがあまり変わらないので、各人の個性が薄い。というか濃すぎる原作に比べて薄すぎるわけです。
 京極堂と木場修はまあいいとして、榎木津と関口は……関口は文中で言われるほど猿でもなかろうと思っているのですが、決してこんな線の細いハンサムじゃないと思うんですがね(あとこれだと自閉気味かもしれないが、なんというかオドオド感が足らない)。対して榎木津も美形だと言われても漫画じゃないんだから現実世界での美形であろうし、このキャラじゃ京極堂とある意味同等になってるか、女性向け同人誌のキャラになってるのは納得いかん。この顔であの奇態を見せてファンが納得するんかなとか(まあこれは演出と演技次第でしょうけど)、京極堂のキャラがあれだけならまだしも、対する榎木津がこれでは普通に美形キャラで、余計にフな方々に媚びてるようにも見える。ああもうがっかりですよ。唯一木場修だけは、ハンサムすぎるけど一番マシかも。

 普段は原作至上主義というほどではありませんが、この作品には思い入れもあるせいかこういう原作の印象を弱めるようなデザインには感心しません。まあそもそもこんな作品アニメ化して本当にいいのかとか原作の味を絶対出せないアニメ化して得があるのかとか言いたいわけです。実写映画は私はまだ見てませんが、たとえ印象が違っていても、あちらには可能性があるわけですよ。原作のインパクトを、読後のぞーっとする印象をもしかすると与えられるかもという。あの後半からラストの落ちにかけてのインパクトを。それは原作の恐ろしさが現実にこういうものがあったら、そしたらどう思うかって想像するところにあるから。
 しかしアニメはアニメゆえに、シナリオ、物語の妙でしか原作を再現できない(ライトノベルのようにイラスト込みの小説なら別ですが、文章のみの小説では読者それぞれのキャラの印象がある)。現実に……という想像はアニメならではの映像の魅力が逆に作用し、想像力を大幅に妨げてしまうことは当然。ということは、おそらくアニメでのキモは台詞回しと「彼女」の心理描写、そしてほんと最後の最後の落ち、しかないということになります。原作知ってる人にはほとんど新鮮味のない表現で、それならどう考えても音だけのドラマのほうが分が有ります。後半のクライマックスなんかは、アニメだとたとえ演技がよくてもたいしたインパクトにならん気がしてしょうがないです。もちろん初めて見るひとにはそれなりのインパクトがあろうことは、原作が原作なだけになんら疑問を持たないのですが。
 つまりは原作ファン待望のアニメ化というものではない、というのが今のところの感想です。これがもっとキャラ別に描きわけが出来てるデザインで、深みのある映像が想像できて、なおかつそういった映像美が楽しめるものなら原作ファンも「アニメは別」という見方で見られると思うのですが、見た目から何から「全てアニメは別」なんてものを見たがるファンが多い作品とはとても思えないのですが。

 あと原作の第一作『姑獲鳥(うぶめ)の夏』をアニメ化第一作に持ってこなかったのはなんとなく理解できますが、ほんとはあちらの方がまだアニメに合った内容だと思います(もしかするとこのキャラデザでもなんとか見られるお話)。あちらでは原作の読みづらさに直結していますが、より言葉遊びに近い部分があり、まあ大幅に短くするにしてもああいうところはアニメと相性悪くありません。物語も基本関口が主役ですが、大筋では奇妙な恋愛ものでメロドラマな部分も相性いいと思います。一番の問題は「事件のキモ」の映像化が相当難しいだろうってことですが、逆にこれをどう見せるかが映像化する意義があるところで、たとえモンタージュなつくりでもオチでそこのインパクトをうまく撮れれば初見の人には十分楽しめる映像になるはずです。「もし現実にあるなら?」を想像してしまうことが重要な魅力の第二作目と比べれば、はるかにエンターテイメントな作りだと思います。ただこれも実写映画見てないので成功したかどうか知らないのですが、その後あまり話題にならなかったことを思えばあまり成功とは言えなかったのかなぁ。

 ともあれ、初見の感想としては、フツーのアニメ以上にはならないんだろうなぁ……という不安さと期待せずに見たほうが良いだろうってところでしょうか。もしかすると予想外に面白いかもしれないし(ラスト除く)。

|

« ホントに怖い市松人形。 | トップページ | PSPでワンセグ三昧? »

コメント

・・・栃木は蒸し暑いです。しかも雨が降るのか、降らんのかはっきりしない天気です。
・・・事務所の中で出来る仕事やらなきゃなぁ・・・(笑)

・・・ともあれ、同作品はまだ読んでいないのですが、前に映画になった作品ですよね。「京極堂」で見覚えが・・・・・・。
blogを見て思ったのが、漫画家ならJETさんのほうがあってるのかなぁ。
・・・あくまで主観的かつJETさんがアニメ制作に携わるか否かは別にして・・・ですけどね。
・・・この漫画家さんは個人的に好みです。一時期”横溝正史シリーズ”をコミカライズしましたが、合ってたなぁ。
JETさんの金田一耕助は上手かった(笑)
・・・・・あと、なんだっけな”十兵衛七変化”(タイトルあやふやです)主人公の女子高生の魂の中に”柳生十兵衛”が転生しちゃって云々・・・・・・あぁっ!昔見ただけだからあやふやで済みません。

・・・ようするに、猟奇系の作品はその人が合ってるかなぁ・・・と感じたのです。
長くなって済みませんでした(泣)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/07/13 16:06

 なんかとりとめのない文章でわかりづらいかもしれませんが、まあときたまこういうのを書くクセがあるのでご容赦。

 猟奇とまではいかなくとも(いえこの作品は十分猟奇なんですが)こういう暗闇や路地裏が似合う画を描くひとならねえ。私もJETさんならまだ似合ってるかと思います。CLAMPを用いた理由の一つは最近の『XXXHOLiC』等にあるんでしょうけど、やっぱ暗闇というイメージは薄いですね。

 前に京極堂シリーズは漫画化されていて(しかもこの『魍魎の匣』)志水アキさんが描きましたが、こちらもまあ京極堂が美形だったりしますが絵が達者な人でわりと似合ってました(この人の漫画にしては重すぎない絵柄ですけど)。話は全部読んでないので、不明。ただあちらのデザインなら文句言うひとはそうはいなかったんじゃなかろうか。
http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_detail.php?pcd=200710000523

投稿: やずみ | 2008/07/13 17:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『魍魎の匣』アニメ化決定。:

« ホントに怖い市松人形。 | トップページ | PSPでワンセグ三昧? »