« 巨星堕つ。 | トップページ | 秋葉原で無差別通り魔殺人。 »

マルサン ミニソフビコレクションの巻。

 近所のローソンで見かけて、ついふらふらと買ってしまいました。
Pict3726_r
 「マルサン ミニソフビコレクション 円谷プロ編」
 最初に3個買い、欲しいものが出なかったのでまた買って、また買って……結局10個入りの箱の半分以上買っちゃいました。通販で買ったほうが安かったよーな(まあどこも大抵完売状態ですけど)。

 マルサンというのはおもちゃ会社です。なんでもプラモデルを初めて売り出したのもマルサンとか。プラモデル意外にもブリキのおもちゃ(特に有名なのは車以外ではゴジラですかね。ソフビのゴジラは子供のころに見たことありますがブリキのは直に見たことはないです)や、特にオタク系にはソフビと呼ばれるソフトビニール製の怪獣などで今でも有名で、マルサン、ブルマァクといえば怪獣ソフビの二大巨頭(無論他にも会社はありましたが)。1960年代はマルサンが活躍するのですが第1期ウルトラシリーズ(セブンまで)の終焉とともに倒産(なんでも怪獣ソフビはこの3年あまりしか出してなかったとか)、その後その残された型を流用することから始まったのがブルマァク。1970年代『帰ってきたウルトラマン』のころからはブルマァクの黄金時代が始まりますが、その後やはり倒産。怪獣ソフビの王道はポピー、そしてバンダイと移っていきます。

 で、コンビニで見かけたのがこのマルサンのミニソフビの食玩──ってお菓子はついてないのでただのトレーディングトイなのか。マルサンのとはありますが、昔作られていたものをモデルにしてるのはブースカだけのようで、他は基本的に新造形のようです。これが初期の怪獣ソフビっぽくなくてわりとちゃんとしたまともな造形で逆に新鮮。ラインナップは怪獣ブースカ、ダイゴロウ(映画「怪獣台奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス」より)、ミラーマン、ジャンボフェニックス(ミラーマンより)、ジャンボーグAとそれぞれのアナザー版。ブースカとジャンボフェニックスは色違い、ミラーマンは初期と後期、ジャンボーグAのもう一つはニセジャンボーグA。あとシークレットが一つあるそうです。一箱で全部そろうとは限りませんとネットで書かれていましたが、一応自分が取った順番でいくとわりと規則的に並んでました。シークレットが入るとその分ズレるので確かに一箱ではコンプリートできませんが、そうでなくてもダブリが出たのでおそらくノーマルコンプもつらいかと。

 私が取った分から推理すると、基本は右がノーマルで左がアナザー版、向って手前からブースカ、ダイゴロウ、ミラーマン、ジャンボフェニックス、最後にジャンボーグAだと思われます。が、奥のジャンボーグAと後期ミラーマンがそれぞれもう一つと入れ代わってたので私は二個ダブりました。ジャンボフェニックスは幅が広く横に振っても音がしないので分かりやすいです。ブースカとダイゴロウは重いほうですが区別はつきにくいです(まあ一番手前がブースカなのは間違いないと思いますが……)。ミラーマンとジャンボーグAも同様。シークレットは不明。

 私が特に欲しかったのはこのダイゴロウとジャンボフェニックス。

Pict3744_r1_2
 ブースカも可愛いけれど、このダイゴロウはなんとも言えぬぬぼーっとした顔と手足がちゃんと再現されてて実にすばらしい。こんなのふつーのとこじゃ作らないから、そうあるもんじゃないぞってのもあるけれど。写真はピンボケしてしまいましたが、まあダイゴロウらしいのでいっか。『ダイゴロウ対ゴリアス』は東宝チャンピオン祭りで公開された純粋な、しかしホームドラマ的な怪獣映画。当時見たきりなので、殆ど覚えてません。

Pict3729_r
 ジャンボフェニックスは『ミラーマン』の中頃から出てくる、防衛組織「S.G.M.(サイエンス・ガードメン)」の主力戦闘機。丸っこいところととんがったところが絶妙で、ウルトラホーク1号のように先鋭的なデザインではないけれど好きな機体です(同じ三機分離合体型なのだけど、ホークのような一体感がいまいちない)。見づらいと思いますが三角の後ろに2の彫り込みがある前方部分が2号機。後部下の一番大きいベース部分が1号機で(これも三角のところに1の彫り込みが)、上のキャノピー付き銀色部と斜め尾翼が3号機です。
Pict3733_1tr
 ノーマルカラーとウェザリングカラーがありますが、これはウェザリングのほうがディティールが分かりやすくていい感じ(というかウェザリングあるほうが劇中っぽくてノーマルなんじゃ)。やわらかめのソフビなのでエッジがだるいどころか、2号機の付け根あたりからすでに曲がってるような。写真はちょっと大きめにリサイズしてみました。
 ちなみに挿入歌「朝日に向かってジャンボフェニックス」は聞き込むとよくわかる男性(&少年少女)コーラスの名曲です。歌詞はこちらに動画はニコニコにありました。──ニコニコ動画にあったムービーは今は削除されています。上手い編集だったので残念。

Pict3725_r_3
 ミラーマンは初期型。後期パワーアップするとバックル?など細かい所が変わりますが、個人的には初期のほうが好きなのでこちらでよし。スマートでなかなかカッコいいバランスだと思います。昔持ってたのとえらい違うな(ブルマァクかポピーあたりだと思いますが)。


Pict3740_r1
Pict3739_t1r ジャンボーグAはセスナ機が変形というより変身してロボットになるのと、体につけたコードによって動作するままに操縦できるという二大設定においてすばらしい魅力を持つ特撮番組でした。他にも直情径行な主役とかタダでくれた宇宙人とか二号機でより身近な車が変形するロボットとかもうとにかくキャラが立ってる番組でしたね。無論歌も見逃せません。シンプルながら素晴らしい主題歌は、個人的に子門真人氏の歌の中でも一二を争うほどずっと心に残っていました。で、このソフビですがー頭だけじゃわからんでしょうが、全身像を見れば一目瞭然(ホントか?)、ニセジャンボーグAでした。ほらニセらしいリストが手足に……。ミラーマンは前期がダブるし、こっちもニセがダブったのでまた買うのは……箱降っても見分けつかないんですよね、こいつら。


 Pict3749_t1rPict3746_r1

 ブースカは当時見てないので(生まれる前だし、再放送もなかったと思う)特に思い入れはありませんが、かわいいといえばかわいいかな。当時出していたデラックス版の再現だそうですが、そのせいか他の怪獣ソフビと違い肘にも回転軸があってちょっと凝ってます。個人的には黄色よりもノーマルの濃い色のほうが好き。あと近年リメイク版も作られたので、ブースカ自体の知名度はちょっと前の子供にもそれなりにあるんじゃなかろうか。私が知ってるのはラーメンが好きなことと「シオシオのパー」。

 ところで一度は倒産したマルサンですが、あとで復活していて、今でもソフビなど売っています(今はかなり高いけれど)。コレクションの箱の下にもマルサンのサイトのアドレスが。毎度マイコミジャーナルに今の6代目社長さんへのインタビューが載ってました。マルサンの歴史もソフビ制作の様子も書かれているので、そういうことを知らない人でも読みごたえあります。
 これによると怪獣ソフビの前に出していたスロット・レーシングに対する大きな投資が首を絞め、ソフビはかなり売れたけれども追いつかず昭和43年に倒産したとありますね。

 話逸れますが、おまけで。
 ここ来る人なら知ってると思いますが、知らない方に説明しますと、スロット・レーシングというのは、ある意味ミニ四駆の先祖、ラジコン・リモコンの子供のような存在です(今でもある)。組立式のレース場とモーター内蔵のミニカーでワンセット、レース場は基本が板なんですけど溝がレールのように走っています。溝の縁には金属板がはまっていて、溝に車体下部のピンを合わせて車を置き(溝一つに車一台。家庭用のおもちゃセットは大抵2台レース専用で二本)、その車のモーターに接続された車体下部のブラシが金属に接触、レース場に繋がれた電源から電気をもらいモーターを回して走ります。同時にレース場に繋がれた有線リモコンの引き金を引くことで電力を加減できるので、コーナーでは吹っ飛ばないよう速度を緩めストレートでは全速で走り抜ける、ラジコンが大人のおもちゃであった時代、子供には狭い室内でもギリギリ楽しめる素晴らしいレーシングカーでした。といっても一番小さいものでもそこそこの広さ(一畳足らず)が必要なうえにセットものなのでやはり高価でお小遣いでは買えないものでもありましたが。うちには何故か二社の製品がありましたけど(どちらも親が福引か誰か知り合いからもらったもの)大きさなど企画が違っていたので、一緒には使えませんでしたね。

 でまあ、マルサンはそんなスロット・レーシングにお金をかけて大きなレース場を店頭に作ったりして(ラジコンやミニ四駆などと同じで、車などは自分で持ち込むことも可)社交場というかゲーセン感覚で遊び場まで提供したものの、そういうところに子供が行くのはよくないと親などに反対され結局立ち行かなくなったようです。私が子供のころはそういうところは見かけませんでしたが、一人の友人が同じ会社のスロット・レーシング持ってたので、家ではそこそこ遊んでました。先にあったものはかなり大きな車体で(ヨネザワだったような)、あとで家に来た会社(キョーショーだったような)のはトミカより少し大きい程度のサイズでリアルだったので驚いた覚えはあります。もともと海外でミニカーとNゲージの合わさったものとして考案されたものなので、そっちが本家だったんですね。マクラーレンとロータスっぽいF1カーで、かっこよかったですよ。
 というか、wiki見ると都会じゃその後も何度かかなり流行ってたようですね。私が小学低学年ですでに誰も特に遊んでなかったんだけどなぁ(私が持ってたのは一応スーパーカーブームに乗ったものでBBとかミウラとかだったから、マルサン倒産のころじゃなく70年代当時のものだったはず)。90年代のブームとか大阪にいたのに全く知らなんだ……。

|

« 巨星堕つ。 | トップページ | 秋葉原で無差別通り魔殺人。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルサン ミニソフビコレクションの巻。:

« 巨星堕つ。 | トップページ | 秋葉原で無差別通り魔殺人。 »