« クリスタルパズル。 | トップページ | ま~いる、丑の刻~♪ »

余命数ヶ月の米大学教授、最後の授業の一部始終が日本語字幕付きで。

 『なんでも評点』というサイトがあります。
 外国のあまりメジャーでない、ちょっと変わったニュースを取り上げて紹介しているのですが、そこで昨年の9月に出ていた記事がこれ。
 『末期ガンで余命数ヶ月と宣告された46歳の教授が
 沈痛さのかけらもなく元気たっぷりに「人生最後のレクチャ」 』

 タイトルの通り、余命幾ばくもない大学教授が、悲壮感など見せず大学で人生最後の授業を行っているその様子が大反響を呼んだというニュースです。前回の記事で紹介された動画はウォールストリートジャーナルドットコムのニュースで、本来のものを短く編集したものだったのですが、この度更新された新しい記事によれば一時間ほどの授業全てに日本語字幕を付けた方がおられてYouTubeに9つに分けてアップされたとのこと。なにせ英語なもので詳しい内容がよくわからなかっただけに嬉しいことです。

 『余命数ヶ月の教授が昨年9月に行った「最後のレクチャ」の動画に日本語字幕が! 』

 ランディ・パウシュの「最後の授業」(YouTube検索結果)
 試しに1だけ埋め込みにしますので、ご覧あれ。
 ランディ・パウシュの「最後の授業」1

 というわけで今回はあとで見るための備忘録。
 なお9月に行われたこの最後の授業当時、教授は余命3ヶ月から6ヶ月と言われたそうですが、さらに癌が転移しているものの今もご存命だそうです。

|

« クリスタルパズル。 | トップページ | ま~いる、丑の刻~♪ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余命数ヶ月の米大学教授、最後の授業の一部始終が日本語字幕付きで。:

« クリスタルパズル。 | トップページ | ま~いる、丑の刻~♪ »