« 倉橋ヨエコ、廃業!! | トップページ | 余命数ヶ月の米大学教授、最後の授業の一部始終が日本語字幕付きで。 »

クリスタルパズル。

 今回は珍しくパズル。といってもクロスワードとかじゃなくて、立体ジグソーパズル。ジグソーパズルのようなパーツを組み立てると立体作品になるというもので、なおかつ透明プラスチック製でなかなか美しいガジェットです。
a href="h
 株式会社ビバリー
 『クリスタルパズル 3D JIGSAW PUZZLE
 しずく DROP 25PIECES』

 『クリスタルパズル 3D JIGSAW PUZZLE
 トレジャーボックス TREASURE BOX 46PIECES』

Pict3646_r_2
 『しずく』のほうは結構前に買ってたのですが、ネタにどう使おうか考えてるうちに放っておいたままになってました。今回買ったのは『トレジャーボックス』の方。ホントは『ピラミッド』を買おうと思ったんですがまだ残ってたし、ネタにもなるかと最後の一個だった宝箱にしました。『しずく』は前のもので現在のシリーズでは青に色を変えて『WATER DROP』となっています。青も清浄な水っぽくていいんですが、個人的には緑も神秘的で好み。緑が欲しければ通販や店頭の在庫を見つけるか、オークションで。『しずく』は25ピース(台座は含まず)と少なめでまあまあ手軽。『トレジャーボックス』は46ピースですが、内2個は鍵なのでパズルとは関係ありません。なお鍵は飾りで実際は箱には鍵はかかりません。内部に空洞はありますが、蝶番もなくピースが組み合わさったカタマリになります(箱を明けるにはそのまま蓋部分を外す)。

Pict3654_r
 『トレジャーボックス』、まずは曲面で構成されていてピースのくせが分かりやすい蓋から取りかかり、20分ほどで蓋完成。といっても開閉するわけではないので裏はデコボコのままですが、一応ストップ。

Pict3655_r
 次にフチのディティールから底面と思われるピースをいくつか選び、ここからは純粋ジグソー的に凹凸の形で組み立てました。ある程度進むとどんどんはまるように。内部に一応空洞があるし、曲面以外凹凸がわかりにくい蓋より簡単かもしれませんが、蓋の分のパーツが先になくなってるから分かりやすかったのかも。

 Pict3656_r_2
完成。下部は26分、全体で約46分かかりました。わりとゆっくりやりましたが、苦手でも一時間もあれば終わるでしょう。収縮分か少し硬めの組み合わせもありますが、まるで形が違う組み合わせはピースの他の部分で判るので正誤を間違えることもないと思います。気をつけるのは、平面のものと違い高さがあるため(二枚のピースを重ねたようになっている)上下の組み合わせも考えなければならないことですが、これも場所によってはそれがヒントになるので組立の順番間違えなければなんということもありません。
 この『トレジャーボックス』は一応シリーズでは最大数なので、他の物も長くてこれくらいの時間と思っていいです。 『しずく』はまたそのうち組み立てます。

 置物としても美しいので、夜などちょっとした余裕があればお薦めです。
 ビバリーでは当然定価販売ですがトイザらスでも税込999円でしたし、他の通販サイト等で複数買いすれば少しでも安いかな。

 ……ちゃーちゃらっちゃー、ちゃっちゃちゃー、ちゃーちゃらっちゃー、ちゃーちゃっちゃーちゃーちゃー。
Pict3657_r
 「ふっふっふ、こいつが宝の箱か……さて鍵を差し込んで」


 カチャリ。


Pict3658_r_3
 「開いたぞ! おおっ、これが……これが宝なのか……」

 以下次号。

|

« 倉橋ヨエコ、廃業!! | トップページ | 余命数ヶ月の米大学教授、最後の授業の一部始終が日本語字幕付きで。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスタルパズル。:

« 倉橋ヨエコ、廃業!! | トップページ | 余命数ヶ月の米大学教授、最後の授業の一部始終が日本語字幕付きで。 »