« 最近買った漫画ほか。限定版。 | トップページ | 最近買った漫画。谷 弘兒の新刊だっ。 »

だから…ドリルは取れと…言ったんだ……。

 タイトルは、アニメ好きの中でもロボット物好きの、そのまた極一部で有名な台詞です。
 番組名は『勇者特急マイトガイン』。おもちゃ会社「タカラ(当時)」がメインスポンサーだった子ども向け変形合体ロボットアクションシリーズの一作です。シリーズですが各番組に関連はなく毎年新しい設定で始まる物語なのですが、当時まだ特にロボットファンの「お約束」でもなかったドリルが一番組にロボ一台くらいはついてたのが、後年印象的でした。それというのも、この番組の最終回、敵のボス「エグゼブ」(実際は中ボス)が止めを刺されたのがこのドリル、しかも中盤にそのロボ「轟龍」の製作時に「趣味じゃないからドリルは取れ」と中ボス自らが言っていた(もともと敵方ロボ)という前振りがあっただけに、その伏線を収拾したこの台詞がロボットファンの中で(当時は失笑が多かった気もするけど)後年に残るまでの歴史的台詞になったわけです。ギャグですけど。
 『勇者特急マイトガイン』はメインに大映アクションのパロディを持ち込み、一種異様ながら無国籍アクションらしい敵方、そして終盤にはメタフィクションも入れてそれまでのシリーズのお約束を一気にひっくり返すというファンによっては賛否両論を巻き起こした作品ですが、単純にメカやロボ好きにはこの台詞で一つの場所を残した作品といってもいいかと思います。それまで轟天号ジェットモグラマグマライザーの頃から潜在的にはあった「カッコいいメカにドリル」というコアなファンの想いを、正直ギャグとはいえ代名詞の一つになるほどの台詞として昇華した作品として。まあぶっちゃけた話、スポンサー側の無理な要求に対し製作側の鬱屈した想いを出したという、ファンにとってはあまり喜ばしくはない演出と言えなくもないのですけど(だから結局ギャグとしてオブラートに包んだような使い方しかされませんわな)。

 個人的には地中を掘るドリルをものを砕くドリルとして効果的にバトルで使い、その有用性と戦いのカッコ良さとして決定づけたのはシリーズ最終作(TVでの)『勇者王ガオガイガー』だと思います。それまで基本はあくまで乗り物として地中を進むためにあり、副次的に戦闘に使われるとしても手の先につけてちょっと殴るだけみたいなものだったドリルが、常時装備として膝につくために膝蹴りという格闘の流れの一つに組み込んで使われました。絶対的な破壊力を持つメイン武器というわけではありませんがそもそも武装は少ないガオガイガー、必然的に印象も強く、膝蹴り前や膝が当たったあと止まっているドリルが急激に回転を始める等の演出はそれまでのものとは明らかに違う「タメ」演出でドリルの存在感を見せました。番組開始前は実在する乗り物をモチーフとしたガオガイガー各パーツの中で唯一(メインコアのガイガーも一応ライオンがモデル)全くモデルのない両足パーツ「ドリル戦車」はファンの中からも浮いてるためになんだかなぁと思われていたふしもありますが、実際にアニメが始まってからはそういう違和感については特に文句を言われることもなくなったかと思います。

 まあそれはそれとて。

 そういった「男ならドリル」ってファン心理は今や一ジャンルとして、『天元突破グレンラガン』にてギャグも真剣さもメインにした上で昇華されてしまうわけですが、そうした上で避けられないこの勇者シリーズにて貢献した(製作側にはうとましい)のは先にも書いたようにおもちゃ会社なわけですけど、実際は一人の男によって大きくその命運は左右されていたらしいです。それがおもちゃ企画製作販売会社「マーミット」の現社長「赤松和光」氏だった、ということを最近マイコミジャーナルにのったインタビュー記事で知りました。つまりはこれが今回の記事のネタです(ああ、前振り長かった)。
 ええ事実上の戦犯はこの人です(笑)。なんといっても記事の題名が「ガオガイガーにはドリルを!!」、5ページ目タイトルは「ガオガイガーにドリルをつけた男」ですよ。しかも読むとそれまでに頭や胸や爪先につけてたので「もうドリル着けるところが無い」と言われて「いやまだ膝がある。ガオガイガーの膝につけろ、膝蹴りでドリルだ」って膝蹴りの元もこいつか! もはやGJ!としか言いようがありません。ガオガイガーはのちのOVAシリーズで出た原型である最終形態(という設定)のデザインでもドリル残しましたからね。それくらいファンにも認知されていたわけです。ただまあそのころはまだいいとして、それ以前の製作側にとっては悪夢のような人物だったかもしれませんが……。

 マイコミジャーナルのインタビューはなかなか興味深いものが時々出ますが、先日検索して出てきたものにこんなのもあります。「『マッハGoGoGo』放送開始40周年記念企画-主人公・三船剛を演じた声優・森功至氏」。去年のものですが、タツノコプロで人気声優となった氏らしい思い出話は聞いていてもなるほどと思いますね。

|

« 最近買った漫画ほか。限定版。 | トップページ | 最近買った漫画。谷 弘兒の新刊だっ。 »

コメント

おじゃましまぁす。

・・・マイトガインは、それまでやっていた「勇者シリーズ」から一変しましたもんね。ヒロインも異色でしたし。
薄幸の少女・サリー(でしたよね?)主人公の行く先々でバイト(生活費稼ぎ)していて、必ず事件に巻き込まれて・・・・・・でも最終回でああいう意味合いがあったとは・・・。
それにSLをベースにしていたのも、印象深いです。

エグゼブは台詞はライバルのエースのジョー(ここいらへん大映テイスト)の「轟龍」のドリル特攻での今際の際にいったものでしたよね。(あれ?最終回録ったテープあったかな?DVDに焼いたっけかな?)
シリーズ中唯一セレブな主人公・舞人(あぁっ!名字忘れた!)・・・異色だ、総てに於いて(笑)

・・・ガオガイガー・・・飛び飛びで見ていましたが、あの独特のテンションの高さは憶えています。
”ファイナル・レス・・・(すみません、間違えました)”もとい”ファイナル・フュージョン!承認!!”
0VAはちょっとテンション下がっていたような・・・承認に”んしょ”と承認印を押した長官・・・勢い削ぐなぁと思いました。
(グレンラガンはまだ見てないんですよ。GAINAXですし、コミックス立ち読みしただけでも面白そうなんだけど(「見てぇもんは!見てぇぇんだっ!」・・・とかね)スカパー!で時々やるのでそれで見ていこうかな・・・と、レンタルでもいいんですけど、ハマルと次から次へと見ちゃうので、極力資金がかからない方へと・・・(笑))

・・・あぁ、やっぱりね。森功至さん(いまも”めざましどようび”でナレやってらっしゃいますよね)も仰っていましたね。
「いまの日本のアニメはレベル高いんですから、17~18時台にもっと放送して、今の子ども達に見せてあげるべきです」的なことを・・・。
ほんと、日頃私も、”なんで深夜帯にばかりやるのかなぁ”と。
まぁ、今はタイマーなり、生活時間帯の変動なりで支障ないひとは支障ないんでしょうが・・・・・・。
うちにみたいに、小さい子がいると深夜帯なんて絶対無理っ!(・・・まぁ中にはえぐい内容の作品もありますけど)ちょくちょく時間帯も変わるし・・・。
スカパー!で時期待てば放送される作品もありますが(ハヤテもそうですし、ネウロもそう。)一般のご家庭全部が全部、衛星放送加入しているワケじゃないですから・・・。
ミクロな話になっちゃいましたが、なにかの放送で外国人が日本で見たい文化の一つに、アニメがあるそうです。 決してお上が用意する富士山とか、芸者とかではなく一つの文化として海外で認識されてるわけですからもっと国内(とくに頭の固い連中)で文化として認めてもいいんですけどねぇ。
・・・アニメーターっていまだに”ワーキング・プア”なんでしょうかね?ひでぇ話しですよね。

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/05/01 10:36

 栃木の海坊主さん、こんにちは。
 『マイトガイン』は確かに異色作ですが、それまでと監督が変わったからという話もあります。『マイトガイン』からの三作は色々物議をかもすことで有名な高松信司監督作です。次年度の『勇者警察ジェイデッカー』も結構異色。とはいえ『マイトガイン』と違い物語の根幹はまっとうな作りで、ストーリーとテーマがぶれず感動作として昇華された物語でしたが。『マイトガイン』で外したところがちゃんとメインになってて、ロボットが子供としては理想の相棒でした。
 あとエグゼブの台詞はそのとおり、舞人の名字は旋風寺です。祖父は裕次郎、父は旭。サリーは吉永サリーで弟はテツヤだし、親友は浜田満彦(これはわかりにくいけど浜田光夫が元ネタ。吉永小百合の相手役や『アイアンキング』の主役です)。とまあエースのジョー以外でもパロディとかお約束の塊でしたね。

 『勇者王ガオガイガー』はこれまたシリーズ中では異色作。主役が子供とヒーローの二人というのも変わってましたが、ヒーローものの体をしているかと思いきや存外リアルなメカ描写、地上最強のサイボーグと自称しながらも序盤では史上最弱のサイボーグと呼ばれるほどの不安定さを見せ、異世界の技術の不安定さを徐々に克服していくという演出さえ入れて、始まる前に見た設定の子供っぽさを多少力技ながらも吹き飛ばしてくれました。色々とあったようで視聴率は低迷、結局マニア受けのほうが高く、終盤からOVAはそちらにシフトしてしまいましたが、TV版は傑作だと思います(OVAは後半大河長官が戻りますので熱い「承認!」になります)。
 『グレンラガン』も燃えますが……なんかこう、ガイナの燃え方はちょっと違うんですよね……自分が子供っぽいだけかもしらんけども少し引くところがあって(無鉄砲さも突出してるがシビアな部分も突出してる)、そこが水戸黄門のようなお約束のノリが出ないところじゃないかと。言い換えると一度きりの燃え方というか。勇者シリーズで燃えるシーンなんかはお約束的に何度見ても燃えるしノレます。

 森さんのいうことはもっともなんですが、正直今の深夜アニメというのは子供向け、青少年向けとも言い難い側面があるのは確かです。オタク向けな面が入りすぎというか。いやオタク向けな面がビジュアルだけとか上手く処理されてるものがないとは言いませんが、タツノコアニメやトミノアニメのように大人っぽさも子供っぽさも併せ持ったアニメというのはこの時代にはそうないですよね(富野さんのは子ども向けベースで大人のドラマやってるだけだけど、昨今のものは青年向けベースでオタク向けドラマやってる気がする)。噂に聞くだけですけど、日曜朝の少女向けとかのほうがそれに近いものがあるとも聞きます。今ロボットアニメなどでそういったものは皆無なんじゃないかな……。

投稿: やずみ | 2008/05/01 17:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから…ドリルは取れと…言ったんだ……。:

« 最近買った漫画ほか。限定版。 | トップページ | 最近買った漫画。谷 弘兒の新刊だっ。 »