« 我が家のお寝子さま。と白内障。 | トップページ | だから…ドリルは取れと…言ったんだ……。 »

最近買った漫画ほか。限定版。

 今日はたくさん本を買いました。もうすぐまた買うけどね。

 限定版漫画本をいくつかご紹介。
Pict3454_tr
 まず一つ目は日本橋ヨヲコ著、講談社刊『少女ファイト』第4巻特装版。
 高校を舞台にした、どこか傷をもつ少女たちのバレーボール漫画の第4巻。相変わらずキツい状況ながら、今回はわりと癒される展開で痛い展開はさほど無し。写真は左がカバー外した本体、上が特装版カバー(通常版と表紙が違います)、下がオマケ下敷き、右がオマケの「らくがきノート」。サイズ比較用に近場にあった単三電池とfigma長門。

 特装版のオマケは何かと思えば、黒曜谷(主人公らの通う高校)の推奨ノート、の「小田切学のらくがきノート」のA4複製(B5ノートの縮小版なんでしょう)。ちゃんとキャラの名前入りで、中を見ればこれもしっかりしたノートになってるのですが、最初数ページに主要メンバーの書き込みアリ(ツッコミあり)で隅っこにはパラパラアニメ、途中に少し書き込み、最終ページから逆向きに鉛筆画の小田切学が書描いたマンガあり。ええと、劇中、小田切学は漫画を描くのが趣味でもともと漫画描く肥やしにするため(あと主役の練と友達でいたいため)マネージャー志望でバレー部に入ったものの、今や新人選手としての毎日を送っているというキャラ。わりと絵が上手いかと思いきや……ああと小学から中学の漫画好きレベルでした(いやまあよくもこう特徴出して描けると思います)。パラパラアニメは先輩が描いたようでこれまた絵のレベルが違うという、結構凝った付録でした。ホントに落書きに使ってもかまわないけれど、使う奴はいないでしょう。
Pict3456_tr
 もう一つのオマケが同サイズの下敷き。単色系でベタ塗りのイラストが下敷きの質感とあいまってセル画調でなかなかいい感じ。裏は校章とバレー部のメンバーリスト。イラスト自体は単行本の口絵に使われているので、多分通常版を買っても見られます(パッケージでは下敷きは本とノートの間に挟まっていて見られません)。あとカバー外したのはなぜかといえば、本の表と裏がイラストの名前対照表になってたから。これでメインとサブのキャラ名はばっちり!(多分通常版もあるはず)

 あ、この第4巻、台詞に落丁あるそうです。詳しくは講談社のイブニングのサイトにてお知らせ。送料向こう持ちで交換してくれるそうですが、面倒なのでそのうち2刷以降の通常版買うか。

Pict3457_r
 限定版もう一冊はこなみかなた著、講談社刊の『チーズスイートホーム』第5巻限定版。猫好きにはたまらん漫画です。迷い込んだ山田家で、チーと名付けられて飼われ始めた子猫、前の4巻でペット禁止なのに飼っていたのがばれて引っ越し、新居での冒険が始まった……というところ。新しい友達もでき、前の友達の「クロいの」とも再会し、よかったね、という巻。というか今回巻末にアニメのことやら住んでる近所の地図やら載っていて、初めて舞台が物凄く狭い区域だということに気付きました。まあ子猫の行く範囲だから考えてみればそう広いわけもないんだけど、ママのいる家と物凄く近いのも驚き。なんであのあとロクに再会せんのだか。
Pict3459_r
 こちらのオマケは昔たまに見たボールペンの軸内に液体が入っていて、イラストのプレートがペンを傾けるとふわーっと移動する、フローティングペン。なんとデンマークのトップブランド「エスケセン社」製だそうな(ってよく知りませんが)。詳しくはこちらに
 検索すると日本で企業用に企画製作代行してくれるところがいくつかありました(上の説明ページもその一つ)。そのうちの一つレトロバンクでいくつか作られたものが紹介されていましたが、中でも「スーパーエッシャー展」で売られていたやつがかなりいい! 「スーパーエッシャー展」は一昨年の開催で今は買えないのが残念。
Pict3461_r
 『チーズスイートホーム』のペンはどこで企画したかは書かれてませんが、量が違うので(上記の会社等は400本からとか500本からとか製作可能)直接頼んだのかも。水色の本体で、「チー」と「クロいの」が散歩する様子になってます。奥の背景パネルは庭と噴水と壁(おそらく公園が背景)、手前のパネルは花で、フローターがチーたち。ペンを傾けると花の陰からチーたちが現れます。裏側はタイトルロゴ。メタルクリップには「MADE IN DENMARK」と上のサイトの説明によれば「E」だというマーク。本体上部や下部でなく、先のところを回すとペン先が出てきます。重さも手頃で使い勝手は悪くなさそうだし、今どき珍しく普通に使えるオマケですね。フローティングペンは950~1,000円程度で売られているようですので、値段もお安いほうですし(限定版は1,650円、通常版は890円。全編フルカラーなので薄いけれど高い)ペンは全く使わないというのでなければ、お得かも。ってamazon、もうないのか。今日は地元の本屋に早く行ったので助かったんだなー。

|

« 我が家のお寝子さま。と白内障。 | トップページ | だから…ドリルは取れと…言ったんだ……。 »

コメント

・・・私も読んでいます。「チーズスイート・ホーム」
(掲載紙立ち読みの時ですけどね(ひどいですねぇ(笑))
「ふくふくふにゃ~ん」がこの作家さんのとっかかりでした。

・・・当時私が実家にいた頃、(いまは妻の実家に”マスオさん”状態です。)飼い始めた子が「フク」という
・・・やずみさんが可愛がられてる子と同じ種類かな?・・・子でしておなじ名前だったので買ったことを思い出しました。
・・・まぁ結局その子は、数年前に去勢手術(オスでしたけどね)した後にどっかに居なくなっちゃいましたけど。

お世辞にも”可愛い”とは言えない面構えの「ふく」とおばあちゃんの話しですけど・・・ほのぼのしていましたねぇ。
「チーズ~」の「ちー」は可愛さ全開ですね。・・・猫マンガ描かせたら日本一じゃなかろか(大袈裟)・・・読むたんびに”か・・・飼いたい”と思いますが、今は無理。 チビ3人がそれなりに動物を大事にすることが解ってからでないと・・・。 いじり殺されちゃいますからね。(子どもっちゃ、ときとして残酷ですからね)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/04/25 13:08

 私も『ふくふくふにゃーん』読んだことありますが、連載は雑誌が雑誌なのでないです。『チーズスイートホーム』も当初立ち読みでしたが、なにかのきっかけに単行本も買い始めました。フルカラーなのでちとお高いんですよね。まあでも子猫飼った覚えのあるひとにはたまらんものがあります……にしても全然大きくならんな、チー。劇中時間、どれだけ経ってるのだ。

 あ、うちのサラこはアメリカンショートヘアとシャムの雑種で(親が血統書付きかどうかは失念)知り合いからもらわれてきました。兄弟内ではかなりアメショー模様だったほうですし(雑種のほうがうずまき模様がよく出るとか聞いたことも)、もともとアメショーも雑種が多いので気になりませんけど。そのせいかかなり凶暴。慣れた私でも、不用意に手とか足とか近づけると習性的に抱え込んでかみつき、後足蹴りもされます。一応甘咬みなんだろうけど(本気ならもっと深い咬み穴が開きます)そういう点では非常にきつい猫です。昔飼ってたシャムはシャムとは思えないほど温和でしたけどね(お腹触っても全く怒らない)。

 子供がいると動物いつ飼い始めるかは難しいですよね。小学生中頃からなら大丈夫だと思いますが、幼稚園とか低学年はどうだろう。大人の猫はまだ高いところに飛び乗って逃げられますけどね。近年はわんこ(子供のほう)に遊び相手にされて、かわいそうなくらい高所に飛び逃げてます。
 ただ今どきの子供は動物の毛のアレルギーになったりもしますから、大きくなっても飼えないこともありますね(うちの甥などは少しアレルギーあるので、犬猫のいる部屋に長居はできませんでした。最近はマシになったけど)。

投稿: やずみ | 2008/04/25 22:23

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近買った漫画ほか。限定版。:

« 我が家のお寝子さま。と白内障。 | トップページ | だから…ドリルは取れと…言ったんだ……。 »