« はじめてのBlu-ray。 | トップページ | 火事、その後。 »

となりが火事。うちも大変。

 元記事は3月2日。3月3日、少し訂正。

 日曜は風邪気味もあって、昼間から葛根湯飲んで家で寝ていたのですが、午後4時20分頃突然の電話。はてと出てみれば、なんか電話の向こうで母の祈ってる声が。店の母からでした(店と家は三四キロ離れてます)。親父が事故ったか店に車でもつっこんだかと思い「どうした?」と聞けば、

「となりが火事!はよう来て!」

 急いで支度して飛び出したものの、親父が昼過ぎに来て買い物に乗っていったので車がない。親父が乗ってきてたバイクはヘルメットも鍵も置いていってない。あわてて走りだし途中でタクシー拾って向ったら、現場100m先から通行止め。降りて走っていくともうもうと黒煙が上がってました。道は真っ直ぐなんだけど、店の手前で少しづつ曲がってるので、店が見えるあたりから人だかり。よくニュースで見るようなごうごうとあがる火柱つーのはありませんでしたが──これは私がきた時で、最初はかなり火の手が上がってたようです。細長い店の真ん中あたりの壁が焦げてました。隣の窓や壁の隙間から炎が上がっていたようで、ひび割れた窓が少し向こうとずれていたおかげで完全に割れず炎も入らなかったようできわどかったようです──かなりの火事で黒煙が立ち込めていました。うちの店もけぶってます。消防車は、前に二台、裏に一台、側にもう一台は確認、もう少しいたかも。パトカーも来てて立ち入り禁止テープで周囲を封鎖してました。

 うちの隣の店は八百屋青果店で、日曜はおやすみ。なんでも亭主だけが裏で寝ていてくつろいでいて他は留守だったそうですが。今のところ原因はまだ不明。新聞によれば亭主が煙に気がついて見ると隣の部屋は炎が上がってたそうで。火元は店側かその近辺らしいですが、全焼で主に真ん中から後ろがかなり酷い状況。前の店側は中は酷いけど壁のトタンは四五年前、うちの店を建て直したときに直してたせいか、焼け残ってました。
 母によると店の前でバイクに乗ったあんちゃんがオイデオイデしていたので出てみると「煙が出ゆう、火事やない?」。隣の閉まったシャッターの隙間から煙が出てたようで。あんちゃんに通報を頼んで、自分は急いで身内に電話したものの、私は寝ててなかなか出ないし親父は電話がつながらない。消防の水かかかることはわかってるので店の前に出してる品を店内に入れつつ、姉にようやくつながって、それから私につながって、私が親父に電話して──と私が店についたときはちょうどみんなそろいましたが、いや焦った焦った。

 その時は店の電気はまだついてるものの煙は酷く、二階と三階のベランダには消防士がいてなにやら消火作業してました。カメラは持ってくひまなかったのでそのときは写してません。ただ母によると、二階はうちの階段から上がって入ったものの、三階はベランダ側から入ったとか。見ると三階のベランダには架けはしごが。ってまさか──と思いましたが、ベランダ側からガラスを破り鍵を開けてうちに入り、三階からホースで消火してたらしいです。ちなみに隣は二階建て。まあ気持ちはわかるんですが、なんで三階だけ窓ガラス破って入るかな。うちはまったく燃えてないんだから、二階からそのまま三階へ上がって窓開けても全く問題なかったのにー。そらホース持ってるやつがベランダに上ってからの判断だったんだろうけどさ、そういうのって下から指示しないのかね。指示するならもう一人中を通って三階へ行けと指示せんかね? 確かに煙はもうもうとしてたけれど、うちの家の中は熱くもなく煙もなかったのですが……まあ熱で隣側の窓がビシバシひび入ってましたけどね。でそこから多少外の放水の水がはいってました。店の二階の倉庫はあまりにものが多いので消防士さんも消火につかえず(まあ燃えてる横の窓をいきなり開けても消火しづらいわな)散々だったかもしれませんが……私でもそりゃ三階から下へ放水しようとも思うでしょうが、正直物凄い煙が上がってたので裏(空き家があってちょうど上れる物干し場が)と前(アーケードがある)からのほうが放水しやすいでしょうに。


 で、消火後に行った三階のガラス窓がこれ。Pict3061_r

 いやー、ひどいね。普通開けること考えるならクレセント錠の横を割るだろうに、関係ない側の窓の正面や下をカチ割ろうとしてます。鍵を開けるより完全にガラスに穴あけて通るつもりだったんかね。ワイヤー入りの二重ガラス(防音対策)なのに簡単に開くわけない。一枚で済むところを二枚割り、やっと開けて侵入。まあごっちゃごちゃに物置いてる場所だけどぎりぎり通れたからよかった……が。隣側の窓を開けてそこから放水したようで、床が水浸し。放水はしてないと思うけど真ん中の部屋の窓、開けたままだったようで煙が入るのはともかく熱か火でカーテンの一部が溶けてたり、硬いホースで窓枠がこすられてたり。いや消火の為なのでそこらへんはしょうがないんですけどね、二階には人がいるんだし燃えてない家のガラス割ることはないよなぁ……いやまあ燃えなかったから言えることですが。

Pict3041_r
 大体6時ころには多分消火。隣は当然丸焦げで全焼。屋根や手前の壁は残ってましたが、裏は炭ですね。全損だから、火災保険入ってるだろうしあきらめもつくでしょうけど……。

 そんなわけで水浸しの床を拭くので疲れました。明日(もう今日だけど)はさらに片づけをしないと……。しかしまあ建て直して十年も経ってないけど、いい断熱材と壁でよかった。外壁はコンクリ板をスライドさせて作ってた気がしたけど全く燃えてません。燃えた壁側にPCがあったのが気になってましたが、消火中も電源入れっぱなしでしたがまったく問題なし(点けっぱなしで忘れられてた)。熱でやられたらどうしようかと(本体は買いなおせばいいが、データがね)。

|

« はじめてのBlu-ray。 | トップページ | 火事、その後。 »

コメント

・・・うわぁ、これは大変でしたね。(メールですから想いが伝わりにくいのが、すごく歯がゆいのですが・・・)
でも延焼しなかったから。 後かたづけが大変そうですけど・・・。
消防隊員も無茶しますね。 緊急事態ではあるでしょうけど・・・、 あれはちょっとひどいですよね。
保険会社さんに問い合わせてみたらどうでしょうね。
(それとも、もうされたかな?)
すごく心配です。(縁あってお知り合いになったわけですからね。)疲労と心労が重なってるでしょうけど、お体は気を付けてください。

ケースは違うのですが、私の前々の会社はよく空き巣に入られました。 あいつら無茶苦茶するもんなぁ。
後かたづけやら、鑑識やら、聴取やら・・・丸一日は仕事になりませんでした。(そう言うときに限って、重要な用事(契約やら、支払やら)があるんですよねぇ)
・・・といって犯人が捕まったとしても警察から連絡ないですしね。(それともまだ捕まってないのか)
・・・消防署も後で”ご協力ありがとうございました”くらいのことは・・・・・・・しないかなぁ。

とにかく・・・ほんとうにくれぐれもお体お気をつけください(ご家族の皆さんも)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/03/03 12:26

 栃木の海坊主様、どうもありがとうございます。

 まあ隣が全焼したことを考えれば、これくらいで済んだのは幸いといえます。本文に追加するつもりですが、実は隣のさらに隣、火元の南側の建物も一部焼けてまして、それにくらべれば中に火が入らなかったウチはラッキーだったと言ってもいいようです。
 ガラスは多分保険でなんとかなるので(カーテンは同じのあるかなぁ。レースのほうはどうとでもなるけど)、内部が燃えなかったのだから、それはそれでよかった……ことなんでしょう(パレアナまたはポリアンナ)。水に濡れた物も多分保険がちょっと出るだろうし、あとは後片付けと窓ガラスの交換がいつになるかですね……。カーテンや壁に煤と匂いが染みついてるので掃除もまだまだ終わりそうにないですね。

 今日は消防署や警察、保険会社依頼の鑑定人等入れ代わり立ち代わりやってきて(こっちの)説明を聞き、撮影していきました。さすがに鑑定人の人が一番写真撮ってましたが、鑑定人の人はコンデジで、警察などはフィルムみたいでしたね。
 消防署については、ちゃんと苦情や気のついたことへの対応、火事などで動揺したひとへのサポートなど後処理のために係の人が来てたのは感心。親父が窓ガラスのぶち割り方についてひとこと言ってました。

投稿: やずみ | 2008/03/03 22:43

 災難でしたね。ご愁傷様です。延焼を受けなかったのが、不幸中の幸いですけど……。
 しかし消防は、蹴破って隣家の室内を消火の足場にするんですね。驚きました。隣家を解体する、江戸の「火消し」よりはマシなのかもしれませんが……。

投稿: 翡翠 | 2008/03/04 00:12

・・・それなりの部門が、それなりの対応・処置していたようですね。(お父さん!言ったれ!)

・・・あとは、やずみさんの体調ですね。(イントロで風邪気味ってありましたからねぇ)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/03/04 10:16

 お二方、お心遣いまことにありがとうございます。

 まさに内部へ火が入らなかったのは不幸中の幸いです。中に火が入ってたら、当然内部にも放水、そうしたら品物への浸水は今の比ではなく、保険がどうあれ片づけとかシャレにならんかったでしょう。
 今の片づけがしんどいのは、日頃の不精というか、親父がなんでも放り込んでるのがいかんのです。通路は最低開けておけというに、倉庫の割れた窓ガラスまで行くこともできません。鑑定人さん、ご苦労さまでした。

 消防が消火の為に破れるところは破ってでもいくというのはわかります(『め組の大吾』参照)。当人には破らんでもいいところは勘弁してという感じですが(火元の南隣みたいに一枚だけならね)。火がつかなかったのはうちから放水したおかげかもしれませんので、多少品物が濡れたとてありがたいことですが、割るなら割るでガラス見て冷静に判断して割ってほしいものですね。


 あと体調はあんまりよくないですが、熱やら咳やら分かりやすい不調ではないのでしんどくても行かなくてはならんのです。年寄り働かせて寝てるわけにもいかんです(いや今日は二三時間寝てたけど)。体力ないねぇ。

投稿: やずみ | 2008/03/05 00:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: となりが火事。うちも大変。:

« はじめてのBlu-ray。 | トップページ | 火事、その後。 »