« AC クローズアップレンズNo.3 購入。 | トップページ | A200の解像度。 »

カメラバッグ購入。

 いまいちA200の純正カメラケースを使う気になれず、カメラバッグを購入しました(アップ忘れてたので、買ったのは9月19日ごろ)。
 純正は純正だけあってカメラにぴったりで使いやすそうではありますが、フード無し、または逆さまにはめた状態でピッタリなので、取り出してすぐ使うというわけにもいかず少し手間が入ります。バッテリーかCFカードなどを入れるミニポーチも付いてますが、ひっかけでどこか別に着ける形式でケースに付けるところはありません。室内ではそう気になりませんが、屋外でフード無しはちょっと。できればフード着けていてもそのまま入るバッグが理想(急ぎの場合はレンズキャップ無しで入れられればなおのことよい)なのでちょっと大きめ、ならば丈夫でバッテリーやフィルターも二三楽に入るにこしたことはなし、というわけでお店を廻ってみました。

 ただし田舎なものでたいして種類もなく、内部がやわらかい起毛状布である箱型バッグと逆三角タイプのバッグとに候補を搾りました。箱型はケンコーのアオスタデジタル・シリーズのもの。約1500円と安いし箱型でも車で移動するなら気にならないんですが、いかんせん外壁に緩衝材が入ってないようでひ弱、小型カメラで軽量とはいえラフに扱うと気にかかるようではちょっと。フタが外開きなのと内装はよかったのですが、外側のナイロンもちょっと弱そうで(PROシリーズとか丈夫なものもありますが、そちらは構造的に気に入らない)。
 逆三角のバッグは、基本ショルダーベルトで吊るすかウエストでベルトに通して、カメラを逆さに入れるタイプ。カメラに合わせた形なので割合小型で出し入れがしやすいのが利点。エツミのトライアングルIIがサイズもちょうどくらいで悪くなかったのですが、フタが二連のファスナーをまとめて引っ張り大きめに開けるというもので、出し入れの際に本体に傷が付きそうなのといざというとき雨がファスナーから染み込みそうなので却下。

 結局いくらか見た上で、同系統でカメラバッグ売り場でそこそこ幅を効かせていたLoweproというところのトップロードズーム1に決定。Pict1570_1_2
丈夫で撥水力も強そうなナイロン(内がビニールコーティングで防水はしっかりしてる)と緩衝材入で型崩れしにくい外壁、トップのフタには取っ手が付いていて手提げでも持ちやすく、ファスナーの引手も布やプラで延長されて引きやすく、前面のフィルター等のポケットも大きめで文句なく使いやすいです。こういう形状のものをガンホルダーとも呼ぶらしいですね。
Pict1571_1_2
 地味に便利なのは上フタが外側へ開くこと。ウエストベルトに装着できるバッグでは、内側に開くものが昔から多いですが、腰に付けたまま開くとなると本来薄いフタでないと邪魔になるのに、しっかりしたカメラバッグだと厚みがある、またはカバー状にフチのあるフタが多く使いづらそうなものが多かったです。TPZシリーズは外開きなのでウエストあたりで使う際にも便利。横にして置くと上開きになるのは使いにくいかもしれないけど。

Pict1568_1
 ただうちのA200を入れるには一回り大きいです(そもそも中程度のレンズ着けた一眼レフ用ですから)。フード付きでもまだ先があまってますし、上下はそこそこ左右は一眼レフと違い左片側が無い分かなり余ります。まあ余裕がある分バッテリーも中に入れたり、カメラ右に余裕を持たせてグリップストラップ付きでも取りやすかったりしますので、大は小を兼ねて悪くはないです。あと、二百円ほど値引きセール中でしたし。後でネットでトップロードズームミニ(短めのレンズ用で深さが浅い)ってのもあることを知りましたが、店頭にあればそっちでよかったかな。まあいずれ一眼レフサイズのカメラを手に入れても使えるからいっかー。

Pict1405_1
 とりあえず犬の散歩についでにひっかけていきました。といっても大人しく撮らせてくれるような犬ではないので、上手く撮れてませんが……。まだ暑い盛りの散歩、あっついのに行きたがるんだからしょうがないなぁもう。

|

« AC クローズアップレンズNo.3 購入。 | トップページ | A200の解像度。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラバッグ購入。:

« AC クローズアップレンズNo.3 購入。 | トップページ | A200の解像度。 »