« カメラバッグ購入。 | トップページ | ISO12233チャートとその使い方。 »

A200の解像度。

 今回はちっちゃな話。ホントささいなことなので、気にしなければスルーしてもいいよーな。高解像度コンデジ限定、デジタル一眼レフからは、どんぐりのせいくらべ。

 RAWで撮って現像ソフトなどで現像していますが、実際その違いがわかるのは色合いなどで解像度は二の次でした。色合い違いが目立ちすぎて、他に気が回らなかった、というか素人には特に精密なものでも撮影しない限り被写体によって判別する目安もわからず、まともに判別できないというのが最大の理由ですが。

 KonikaMinolta DiMAGE A200 の情報をつらつらと見てたら、老舗?の海外カメラレビューサイト dpreview.com のところで数ページに渡るレビューがあったのを見落としていました(ページめくるところに気付かず、単ページだと思ってた)。その中の実写データの中に解像度を計るチャートを写したのがありました。ISO12233解像度チャートというものがあって──正直まだそれぞれのチェックの方法がよくわからないので見た目で判断──それを見ると800万画素とはいえ、他のカメラと比べると多少解像度が低いのがわかります。同時代だとこんなもの。Nicon や CANON はともかく、Olympusも当時はかなりよかったんですね。

 たとえば昨今のカメラと比べると、A200のチャート画像がこちらで、PanasonicのDMC-FZ18の画像がこちら。FZ18のはあちらになかったので日本の ascii.jp のデジカメ・レビューから。細かいですが、中央左の縦線を見るとモアレの発生してるところが微妙にA200よりFZ18のほうが下で、これはつまり横の解像度はFZ18のほうがよいということなのかと(実際にはズーム倍率やら焦点距離、画像データの問題もあれば別サイトのデータなのでホントかどうか私には確定はできませんが目安としては間違ってないかな)。縦(横線)はそこまでかわらないようですが。
 実際FZ18と、同じ ascii のSP-560UZのレビューにあるチャート画像と比べると、FZ18の方がやはり解像度がよいように見えます(こちらならA200も多少勝ってるか)。560UZにある四隅の流れがFZ18では全くないのも凄い。ちなみにFZ18は広角での歪みもほぼありませんが、A200の広角は樽型の歪みがかなり出ます。先のチャート画像では Exif によれば35㎜換算で54㎜相当で撮っているので歪みはあまり見当たりません(FZ18の画像はほぼ広角端の28㎜)。レンズの違いとデジタル技術の違いでしょうが、FZ18は思いの外高解像度だし、どちらも優秀ということですね(Panasonic は輝度ノイズが他社より多いイメージがあったのですが、解像度では勝ってる?)。

 とまあそう思って多少がっかりしてたのですが、dpreview.comのレビューのページを進むとさらに驚きのデータが。ソフト別でRAW現像したJPEG画像データの比較ページがありまして、現像での解像度の違いがわかります。比較はカメラでのJPEG画像、DiMAGE ViewerでのJPEG画像、Adobe Camera Raw 2.4Beta の三種類ですが、上記二つと比べて最後の画像のシャープなこと。縮小画像ですら、あきらかに解像度が違います。JPEGの圧縮比率まではわかりませんが、原寸でみると水平解像度はFZ18を凌駕しています。……ということはカメラ本体や DiMAGE Viewer のJPEG化などソフトウェアでは現行機種には勝てないけれど、レンズやCCDの能力では全く劣るものではないということでしょうか。CCDサイズを考えれば当然ですが、逆にむしろ小さいCCDでこれだけ出すFZ18など最近の機種が凄いってことかもしれません。技術の進歩ですね(3年以上経ってるが)。CCDの大小ってだけじゃ性能差はわかりません。

 にしてもRAW現像ソフトで解像度に差が出るとは思わなかったので、驚きました。変わるのは色合いやエフェクトだけじゃなかったんですね。デジカメはデータの処理などソフトウェアの違いも出るということは知ってたけど、感覚的によくわかりました。サイトではRAW現像するなら Adobe Camera Raw がベターって書いてますが、現行のバージョンだとどうかわからないし、SILKYPIX 等との比較もないのでソフト間の違いはまだ不明。DigitalDarkroomの試用期間のうちに解像度がわかりやすいRAW写真撮っておけばよかったかな。まあうちのカメラデータでは自動補正が使い物にならない DigitalDarkroom は多分買わないけれど……。

 つらつらと思ったことを書いてきましたが、実際はここまで厳密な解像度の違いやら色合いの微妙な差やらが、いい写真を決定するものでもないので(等倍で切り出しでもしない限り)、考えすぎかもしれません。でもまあ細かい模様でモアレが発生するような写真やマクロ撮影などなら微妙に違うかもしれないし、添え付けの DiMAGE Viewerより便利な他のソフトの方が性能もいいっていうなら、標準に拘ることもありませんわな。懐に余裕ができたら他の現像ソフトを買ってみたいと思います。ノイズリダクションがない DiMAGE Viewer では高感度写真の現像はつらいし。でも現像ソフトって高いよねぇ……。

 オマケ。
Dscf0067_1
 FinePix1300で。3年前の若いころのヴィヴィこ。最大1280×960サイズからのトリミング。フルオートで全くなんのエフェクトも入っていないが、A200ではいまだにこういうシャッターチャンスに恵まれてません(大抵丸まって寝るので)。つか、うちのわんこ、撮ろうとカメラ向けるとみんな膝まで寄ってくるので撮れないんだけど。解像度がどうのといっても撮れなきゃ意味がないわけで、レビューサイトに踊らされる自分がアホらしくなってきますが、高解像度でシャープな毛先が撮りたい欲が出たのはこのカメラの解像度が低かったせいだからなぁ……。

|

« カメラバッグ購入。 | トップページ | ISO12233チャートとその使い方。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A200の解像度。:

« カメラバッグ購入。 | トップページ | ISO12233チャートとその使い方。 »