« レゴでもインディ。 | トップページ | DiMAGE A200をさわる その1。 »

初めてのデジカメ(正確には二台目)。

 念願のデジカメを入手しました。今は亡き(いえ、会社はありますが事業部が……)コニカミノルタの DiMAGE A200。800万画素CCD、CCD手振れ補正機能、28mm(35mm銀塩カメラ換算)から200mmの7倍ズームGT APOレンズを持つ、ミノルタのハイエンドコンパクトデジタルカメラの末尾を飾った名機です。といっても三年以上前の機種ですけど。

 当時はそんなにデジカメに興味もなく(高かったし)まったく知らなかったのですが、デジカメが欲しくなってから見つけたとあるサイトで紹介されているページを見、また他のサイトでその写真を見て、そのころ欲しかった他のデジカメ(コンパクトの部類)に負けないどころかノイズの少なさに驚きました。それでもまだデザインなどは好みでなかったので他を物色していましたが、このサイズで欲しい条件を考えると、必ずトップクラスに入ってきます。結局、コンパクトデジカメ(以下コンデジ)でそこそこの能力を基準に我慢するところは我慢する、なにより画質と機能優先、一台だけ持つのではなくいざとなったら機能別に複数のデジカメを購入する、等覚悟を決めて、第一候補にしたのがこのA200でした。
 半月ほどヤフオクで探し、結局そこそこの値段ながら付属品が全部ついててワンオーナーという品をゲットしました。中古で結構使われているという話に不安はあったけれど、専用バッグはともかく、ワンオーナーと別売リモコンがついてきたのが決めてでした。リモコン別で探すの面倒で。

 昨日到着したところ、特に支障もなく(ファインダーの隅につまようじの先ほどのコーティングの剥がれらしきものがありますが、実用には問題無し)いい買い物だったと思います。

 本体は思ったよりもコンパクトで軽いです。もちろん普通のコンデジに比べれば明らかに大きく、現行商品でこれ以上の大きさといえばFuji FinePix S9100S6000fd、PanasonicのDMC-FZ50くらい。実際レベルでいえば競合するのはここらあたりで、それより下は少し違う気がします。最近流行りの18倍ズーム機などは割合大きめのコンデジですが、A200に比べるとまだ一回り小さいです。
 昔たまに見かけた大きめのレンズが存在感を主張するL字型のデザインで、Fujiがネオ一眼という呼称を使っていたタイプ。一般の掌上のコンデジとは一線を画して一眼に迫る能力(実際にはどうしても埋められない差はありますが)、そしてレンズ交換できない代わりにオールマイティでもフルオートで気楽にも撮れるデジカメの流れで出てきたものだと思います。

 その流れの最後の波だっただけに、あらゆる不満が解消とはいかないまでもかなりの性能を誇り、今でも画質と手頃さでは十分使えるカメラでしょう(元は高価なハイエンドですから)。ただ実機はこれが初めてなので、予測以上のアレな面も多々出てきそうです(つかもう出てきた。AFがあんなにうるさいとは思わなかった。常時カララララッって音が……そりゃムービー使えんわな。噂には聞いていたから覚悟の範囲内ですけどね)。いやね、ほんとレリーズかリモコンさえ使えれば、画質をそこそこあきらめて最近のデジカメにしてもよかったんですが……いやまったくなんでこうないものねだりというか、どこの機種にも数個問題があるのかしらねぇ。
 まあおいおい撮影しつつ慣れていけば、使えるところ使えないところが見えてくるでしょう。一眼レフカメラ買うまではどんなカメラでも一台でってわけにはいかないことは覚悟してるので、これから金のかかることでしょうなぁ。

 最後にさっき階下で撮ってきた一枚を。うちのねこ。暗いのと機能と距離感に慣れてなかったので、ノンフラッシュ、マクロ撮影でブレまくりですが、いい顔なのでー。びじんでしょ(親バカだのう)。
Sala_0001

|

« レゴでもインディ。 | トップページ | DiMAGE A200をさわる その1。 »

コメント

 おお、ついに入手されましたか。素晴らしい。
 猫ちゃん、端正な顔立ちですねぇ。つぶらな黒目──照明がきつくないから?──が素敵!

 わたしは遅ればせながら、「最近流行りの18倍ズーム機」──Olympus SP-550UZに興味が出てきました。まだ手を出せない値段ですけど。
 要求性能的には、廉価モデル(?)SP-510UZで充分なんでしょうけどね……。

投稿: 翡翠 | 2007/08/18 00:58

 猫、写真ブレまくりですけど、おほめの言葉ありがとうございます。フラッシュ焚かないとやっぱり暗くてブレちゃうかな。
 もうおばあちゃんですけど、座れば寄ってくる可愛いものです。かと思えば撫でてると不意に噛みにきたり、後脚のほうに手足を置いている間合いに入ったとたん猫キックする暴れん坊ですけど。ただ最近は犬が遊び相手と思ってしまってとにかくいればちょっかいかけるので、なかなか下に降りてこられません(普段は階段に箱を置いて二階に犬が上がらないようにしてるので、猫は二階か食卓のTVの上に避難してます)。

 SP-550UZは出るまで一押し、出てからがっかりというカメラでしたが、最近見てると画質とかAFの遅ささえ許容すれば物凄くオールマイティなカメラであると思うようになってきました。こればかりはもうすぐ出るPanaのFZ18やFujiのS8000でも、いえ一眼レフ以外はみんな多分勝てません。

 うちのA200と比べると二周りくらいコンパクトで軽いですけど、グリップは握りやすいです(ゴムが剥がれる不具合もあったそうですがちゃんと直してくれるそうで)。ワイヤードリモコンもあります(USB接続。このサイズでリモコンがあるのはこれだけ。マクロ撮影、スロー撮影には本来不可欠)。水中用ハウジングもあります(ライバル機はどれもありません)。28㎜の広角からの18倍ズームは、画質はともかくどうとでも使えます。マクロも寄れます。レンズもそこそこの明るさです。手振れ補正あります。そのままでは付きませんがアダプター付ければフィルターもつくはずです(サイズが大きくなるけども)。テレコン・ワイコンあります。画面サイズは小さくなるけど、15コマ/秒って高速連写は現行デジカメではこれだけ。シャッター半押し状態からも画像が残せるプリキャプチャーもこれだけ。動画も30fsで映せます(多分うちのほどはAFの音はやかましくないんじゃないかなー)。スローシャッター、バルブ、先幕・後幕シンクロあり(A200は後幕のみ)。オートブラケット撮影(一度押せば露出を少しずつずらした画像を複数撮れる)が5枚(殆どのカメラが3枚まで)。高感度撮影可能。やろうと思うと物凄くいろんな撮影ができます。

 ここのブログを見ると、感心するほかは無いほど。SP-550UZを使った実験の数々には驚きますよ。
 panoramaheadのブログ
 http://mitemiteblog.jp/panoramahead/


 個人的には画質がアレなんですけど、これも等倍で見なければ、A3なんかに印刷しなければ気にならないかもしれません。
 私はAFなどがキビキビしていて(前機種FZ8がそうだった)フィルターもそのまま使えるようになったFZ18のほうがデザイン含めて好みなんですが、一番気にかかるのがリモコンがないこと、SP-550UZの方が多機能なことがひっかかって(リモコンとプリキャプチャーはどこのカメラでも最低限欲しい機能ですね)。A200はワイヤレスで指向性がきついので使いづらいけど、静物のマクロ撮影時、使えないのと使えるのとでは大違いです。二三年前のカメラのいいところはリモコン使えるものが多かったことかな……(旅先での自分撮りが基本なので、ワイヤレスで前からのみってのが殆どだけど)。
 オリンパスは前機種でもたしかリモコンは使えたはずだし、水中ハウジングもあったと思うので、昔からオールマイティ指向だったんでしょう。

投稿: やずみ | 2007/08/18 02:13

 SP-550UZの機能は、デジカメWatchで関連記事を全て読みましたが、ほとんど理解できませんでした。ご紹介のウェブログもSP-550UZの記事はざっと目を通しましたが、ちょっと敷居が高かったかも……。
 って、別記事でお書きのようにSP-560UZが海外発表されちゃいましたね(後ほど……)。UZって、「Ultra Zoom」の略だったのね(笑)。

投稿: 翡翠 | 2007/08/27 23:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのデジカメ(正確には二台目)。:

« レゴでもインディ。 | トップページ | DiMAGE A200をさわる その1。 »