« 夏のアニメ上映会その三。 | トップページ | DiMAGE A200をさわる その2。 »

念願のビデオを手に入れた(る)ぞ。

 「夏のアニメ上映会 その一」で、『ピンチクリフ・グランプリ』の前にアニメートなどで感心した映画にクレイ・アニメーションの『マーク・トゥエインの冒険』があると書きました。十年以上前に中古屋でLDで見つけて特に前情報もなく感慨もなく買って観たらこれが大当たり。大笑いしながら字幕版を見て、もう一度日本語音声で見てまた笑う。リップシンクロのすごさ、自在に変化する粘土のアニメート、シニカルな台詞、マーク・トゥエインの小説を絡めつつ不穏な空気をもりあげる音楽、そしてどこか説教臭くも真理に辿り着いて終わる展開(まあ米の作家だし『不思議な少年』の著者だし)、偶然LD買ってほんとによかったと思いましたね。
 それが前回書いたので久しぶりに検索してみたら……なんとDVDが出てました! 2年も前に(笑)

 『マーク・トゥエインの大冒険 トム・ソーヤとハックルベリィの不思議な旅』 1984年・米 2005年日本版DVD発売

 タイトル間違ってました。昔検索したけど、そりゃ簡単には出ないわけだ。
 1点かぎりの在庫って書いてあったので値引きはなかったけど、思わずポチっとな(あとで探したらネットで他に安いところありましたよ)。うう今月は出費が普段の二ヶ月分あっさり超えてるー……。

 監督はウィル・ヴィントン。日本では当時、レーズンが歌い踊るCMのアニメートで有名でした。たしかこれを含めた短編集もLDで出てたと思いますが、DVDは出てないようですね。残念ながらこのあと亡くなってしまい──後で調べたら生きてました。どこかで見た覚えがあるのですが、別人と間違えたか勘違いか、とにかく生存していてこのあとに新作もいくらかあるようです。ただいろいろあってスタジオを乗っ取られ、今はあまりメジャーな作品製作はしていないようですが──他にビデオはありません(本国ではどうか知りませんが)。今はクレイ・アニメーションといえば、アードマン・スタジオかなぁ。NHKで今年何本かやってたけど『ウォレスとグルミット』が今クレイ・アニメとしては日本で一番知られているでしょうね(あ、『ニャッキ』もあるか)。
 こちらにウィル・ヴィントンがボブ・ガーディナーと共に制作し、1974年にアカデミー賞短編アニメ賞をとった作品『月曜休館』がありました。

 『マーク・トゥエインの大冒険 トム・ソーヤーとハックルベリィの不思議な旅』
 トムとハックは、一人前の冒険がしたくて河を進んでセントルイスの町に。広場に人が集まってるので見に行くと、そこには大きくて変わった姿の飛行船と皆に演説している一人の男。男がしゃべってることはよくわからないけど、冒険の予感に飛行船に密かに忍び込む二人、そこに幼なじみでちょっと口うるさい女の子ベッキー(原作ではあこがれのガールフレンドだったはずなのに……)も注意するために乗り込みます。三人が言い争ってる間に飛行船は発進してしまい、三人はマーク・トゥエインの助手として働くことに。彼はハレー彗星を追いかける旅をしようとしていたのでした。トムは飛行船のしくみと操縦法を調べて逃げ出そうと画策し、ハックはどちらかというと一緒にいきたい様子、ベッキーはトゥエインにあこがれ純粋に旅を手伝おうとします。彼らは書斎から謎のエレベーターでトゥエインの持つ物語の世界に入り込んだり、いろんな物語をトゥエインから聞かされます。しかし船にはもう一人、謎の人物が乗っていて、陰で旅の邪魔をしてきます。果たしてトゥエインがハレー彗星を追いかけるのは何故か、謎の人物の関係は? 三人の子どもらは無事に家に帰ることができるのか?

 マーク・トゥエインの小説を知らなくても、十分楽しめます。まあ『トム・ソーヤーの冒険』くらいは知っていないとわからないシーンもありますが(インジャンジョーとかおばさん)、他の小説ネタはちょっとだけだったり、劇中でトゥエイン自身が要約して子どもらに語るようになっていますので、気にしなくてもよいでしょう。個人的におもしろかったのはアダムとイヴの話や神様になってちっちゃい人間らしきものを育てる仮面の話かな。特にアダムとイヴの話は爆笑できるシーンがいくつもありましたし(滝下りはもう最高!。最初は是非とも字幕版でオリジナル音声を聞くべき)、仮面の話はまことに恐ろしい話で。

 是非とも一度はご覧あれ。

|

« 夏のアニメ上映会その三。 | トップページ | DiMAGE A200をさわる その2。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 念願のビデオを手に入れた(る)ぞ。:

« 夏のアニメ上映会その三。 | トップページ | DiMAGE A200をさわる その2。 »