« DiMAGE A200をさわる その2。 | トップページ | パンズ・ラビリンス(洋画) »

米Olympus、SP-560UZ発表。

 今年SP-550UZを発表し、10倍以上の超望遠コンデジでは飛び抜けた機能で(性能は……)驚かせたオリンパスが新機種を発表したそうです。まだアメリカでだけですが。

 米Olympus、顔検出を搭載した18倍ズーム機「SP-560UZ」

 記事にもありますけど、今日ちょっとオリンパスのサイト見たら現行カメラのページにSP-550UZがなかったのでおかしいなとは思ったのですが……まさかもう新機種が出るとは。

 ただ、見たところボディはそのまま。CCDが変わっていて710万画素から800万画素に、そのため画角などが多少変わっているようですが──レンズは変わらずCCDサイズも変わってないので画角は変わらないか──他にもソフトウェア的なものでちらほら変化した、マイナーバージョンアップみたいです。
 事前に知っていて対抗馬を作ったのかは知りませんが、もうすぐ出るFujiやPanaの新18倍ズーム機に見事な牽制ですね。顔認識機能も入ったというので、もしかしてFujiにOEMする際に(いえ本当にOEMかどうかわからないけど)マイナーバージョンアップすることに決めたのかも。顔認識機能は多分余所の会社のソフトを使ってるんでしょうけど(他のコンデジに乗ってるみたいなので)、画像処理エンジンも変わってるところがキモ。果たしてあの遅いAFやノイズの多い画質がどれだけ改善されているのか。個人的にはAF速度よりもとにかく画質がよくなっていれば、かなり魅力的な製品になると思います。

 以前コメントにも書きましたが、今現在コンデジでこれほど多機能でアクセサリも多く、オールマイティなカメラは他にありません。無いのはワイヤレスリモコンくらい。サイズや電動ズーム、大きさ(十分コンパクトだけど、ポケットサイズには勝てない)が気にならないなら、楽しむカメラとしてはかなりお薦め。まあ使い勝手と画質という最大の難関が待っていますが。

 デジカメついでに、今日はいぬ。
Ginger1114
 うちのジンジャー。まだまだ若いお嬢さんです。夜はこのイスで寝てます(ペット用ベッド置いたけど気に入らなかったようで)。フラッシュ炊いたので味気ない画に。でも焚かないと暗いし手振れ無しで撮るのは大変だったので。トリミング、縮小済。

|

« DiMAGE A200をさわる その2。 | トップページ | パンズ・ラビリンス(洋画) »

コメント

 SP-560UZ、ほとんど外観は同じですね。CCDも、ちょっとしか大きくなってないし。
 国内発売されてからの評判次第ですが、おっしゃるような性能の向上が見られないならちょっと……ですね。後継モデルが改悪──あるいは出ないとかなら、入手しておきたくなるかもしれませんが……(気の長い話だ)。

投稿: 翡翠 | 2007/08/29 23:04

 FujiのS8000fdが発売され、評判も上々のようですね。実際サンプル見たところ、同系機とは思えないほど画質がよいです。ソフトウェア等の出来のおかげでしょうけど、高感度でも実にノイズレス(ISO400以上でも色ノイズがほぼ乗ってないあたり、PanaのFZシリーズは足元にも及びません)。ただ店頭で触ってきた感じでは、動作などはほんの少しよくなったかなという感じで、FZ18にはやはり追いついていないようです。それでも画質の面や機能の面では優位にあると思われるので、OLYMPUSのSP-560UZが画質の面でどれだけブラッシュアップされているかが気になるところです(サンプルがまだ出てない)。

 S8000fdは顔認識は一世代前で簡易モードのおかげもあってお気楽に撮るという面ではFZ18のほうがよさそうですし(画の許容範囲次第だけど)、いくつかの機能がSP-550UZより削られているので(RAWで撮れない、リモコンがない)、SP-560UZの高感度画質やAF動作がよくなっていれば560UZのほうが便利でよいと思われます。

投稿: やずみ | 2007/09/13 21:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米Olympus、SP-560UZ発表。:

« DiMAGE A200をさわる その2。 | トップページ | パンズ・ラビリンス(洋画) »