« 念願のビデオを手に入れた(る)ぞ。 | トップページ | 米Olympus、SP-560UZ発表。 »

DiMAGE A200をさわる その2。

 DiMAGE A200を入手して約一週間経ちましたが、今だ夜に暗い居間で猫と犬しか撮ってません。このままではいかん、やはり昼間や照明をしっかりつけた状態での写真も撮らねばと思い、明るいうちに家にいたのでちょっとベランダから数枚家の周りを撮ってみました。

 夕方で暗くなってましたが(って明るいうちに入るのか?)、手持ちで撮影。


Sol_1134
せっかくの夕方なので、雲に隠れながら沈む夕日を。望遠端で余計な建物が入らないように撮りました……あとで見ると、太陽デカっ、結構綺麗。実際はちっさいしもっとあっさりめの色でしたが、こうして暗めにしてみるといい感じ。試しにSSを最高値(プログラムAEでの。1/1600)で撮っていたのですが、ISOは50、搾りは一番いいと言われてたF5.6で、本来よりも暗めになり明るいはずの夕焼けが薄暗く不気味な様相に。Sol_1134_up
暗くなって雲間から少し太陽の上部のカーブが見えてますね。こんなにはっきり丸く写るとは思いませんでした。
 ……にしてもこの写真、この雲、どっかで見たようなー。
 「水銀、コバルト、カドミウム~♪」
 ヘドラだーっ! ヘドラが来たーっ!

 いやヘドラの初期飛行形態のイメージ画に似てるなぁと。太陽の後光が丸い二つの目ン玉に見えて。
 笑いました。

 さて、カメラってものは金食い虫です。というと、普通は一眼レフだけのことのようにも思えますが、こういうミドルクラスのものを買ってもやっぱり金食い虫です。なまじフィルターが付くためにフィルターを購入、コンデジでもレンズが前に出ていてちょっと重い物では安物の三脚だとつらいので三脚を購入(大きいのは持ってるんだけど、小物のマクロ用に小さくてがっしりしたものを)、コンパクトフラッシュメモリーカード(以降CFカード)が一つ付いてきましたが512MBだったので、もひとつ2GBを購入。今月の出費、どうなってんだ……。
 カメラバッグも探すつもりでしたが、出費が多すぎたしせっかく一緒に純正ものが付いてきてるので使おうかと思います。カメラ本体にはちょうどいいけど、他のものが入れにくいのが玉にきず。外側にポケットがついてるとちょうどよかったんですが。

 フィルターは「Kenko PRO1 Digital PROTECTOR(W)」「Kenko PRO ND4(在庫がシルバー枠しかなかったので、仕方なくそれを)」。約4千円。
 購入したCFカードは「Sandisk Extrema III 2GB」。Amazonで税込送料込約8300円ほど。本体と一緒だったのがLexarのものだったので、今回はSanDisk。80倍速との違いは計ってないので不明。永久保証にソフトとハード(といってもPPらしきやわらかいもの)二種類のケースも付いてていい感じ。
 購入した三脚は「Velbon CX 460mini」。楽天で一番安いところで税込送料込で3800円。このクラスにしては脚もしっかりしていてクイックシュー付き、56㎝~22㎝までの高さ、それでいて0.8kgの重さという、本来はデスク上で使うのに適しているものですが、コタツ上に置いた小物を床に三脚置いて撮るのにもちょうどいいサイズです。脚先はゴムだけなので屋外のやわらかい地面では使いにくいかも。ベルボンは昔ビデオ用三脚買いまして、それ以来。雲台が交換できませんが一般の使い方では問題ないですね。このサイズでは一番しっかりしてるので多分一眼レフカメラでも十分使えます(レンズの重さ次第でバランスを取るアタッチメント等が必要)。

 Sala_0003
 今回の猫写真。以前撮った続きですが。
 これもISO200ですけど、縮小して見ると特に問題ないですね。最新機種のようにはいかなくても色ノイズがあまりないので、違和感覚えるほどじゃありません。空一面のように同じ色合いが続く背景だと厳しいかもしれませんが……。そのうちSONYのT5をまた借りてきて、同一条件で撮ってみます。

 次回は照明(蛍光灯ですが)も使ってマクロ撮影を試してみたいと思いますが、さて。

|

« 念願のビデオを手に入れた(る)ぞ。 | トップページ | 米Olympus、SP-560UZ発表。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DiMAGE A200をさわる その2。:

« 念願のビデオを手に入れた(る)ぞ。 | トップページ | 米Olympus、SP-560UZ発表。 »