« 残酷童話風味。『柩担ぎのクロ。』2巻発売中。 | トップページ | レゴでもインディ。 »

アニメギガ。

 NHKの衛星放送(BS2とBShi)で大体一月に一度、不定期で放送されている番組が『アニメギガ』です。
 アニメの制作者や声優で、話題に登るような著名人(あくまでファンの中では、なので、制作スタッフまで見ない人が知らなくても普通)を一人呼んでみっちりインタビューする、約40分の番組。

 なにせ一カ月に一度、不定期なもので今まで二回ほどしか見たことないのですが(先日の18日にもありましたが見損ねました。25日にBShiでやるけど見られない……)、今度第3回までがBS2で再放送されるそうです。ラインナップは、
 7/25水曜日(火曜深夜) 0:00~0:39 ゲスト:山寺宏一さん
 7/26木曜日(水曜深夜) 0:00~0:39 ゲスト:平野綾さん
 7/27金曜日(木曜深夜) 0:00~0:39 ゲスト:今敏さん

 8月5日~11日には「アニメギガ・スペシャル とことん!押井守」として、BS2で押井監督作品のアニメが放映されます。有名所である劇場版「攻殻機動隊」「うる星やつら」「パトレイバー」などはともかく、TV作品で演出した数話やOVAがラインナップにあるのは珍しいですね。今どきの若いファンには、名前すら知らないものもあるでしょうし、いい企画でしょうね。TV版「うる星やつら」では押井さんの脚本や演出をされた数話の中からリクエスト上位のものが放映されるとのことで、特集サイトで募集しています。こちらは古いファン向けかいな(笑)。
 ……個人的には、このリストの中なら、第1位は古いファンなら誰もが知ってる第87話「さよならの季節」しかありえない(次点なら押井うる星最終回の第129話「死闘!あたるVS面堂軍団!!」か)。情報でしか知らない若いファンならどれを選ぶでしょうかね。まあ今ではDVDもあるので、見たければレンタルでも普通に見られますけど。

 個人的に目玉といえそうなのは、第2夜「8月6日(月)午後11時~午前1時」の「一発貫太くん」、第5夜「8月9日(木)午後11時~午前1時」のOVA二本、最終第7夜「8月11日(土)午後10時~午前5時[生放送!]」でしょうか。テープのころだと大変ですが、今はHDDで録画してるのでなんとかなりそうです(空きを作っておかねば……)。

|

« 残酷童話風味。『柩担ぎのクロ。』2巻発売中。 | トップページ | レゴでもインディ。 »

コメント

 「とことん!押井守」、初日・最終日の全部、パトレイバー日のOVA以外、『天使の卵』とその本人解説、『オンリー・ユー』の本人解説を観ました。(ミーハーな選択ですね)
 初日ゲスト国生さゆりさんの、かなりまともなコメントには驚きました。ミーハーな(だけの)ナッキー──ただのオタクなアイドルかと思ったらJJモデルなのね──はものともせず、他のゲストにもため張ってましたね。

 『天使の卵』と『Avalon』は、初めて観ました。前者は今にいたって観たせいか、大して何も感じませんでした。後者は面白かったです。「ここで終わり?」という感じですが、『GHOST IN THE SHELL』や映画『パトレイバー2』より全然いい。

# 押井さんのレイアウトって、そんなにいいですかねぇ。分かんないなー。

投稿: 翡翠 | 2007/08/27 23:13

 私は今回、『オンリーユー』『GHOST IN THE SHELL』以外は一応全部観ました。まあいくつかは放映中にさらっと流しながら見ただけですが。『ビューティフルドリーマー』は放映中と録画編集中に、つい二回観ましたけど。

 『Avalon』は、リアルステージでの映像は好きでしたが、途中の展開と映像は……うーん。一番気に入ったのがあの少女だけ。ラストの笑みはなかなか。いかにも絵画っぽい映像(つまりはアニメに通じる見栄)だなぁと思いましたね。

 押井さんは謎掛けっぽい話、台詞で圧倒する演出などは変わりませんが、エンターテイメントだからこそウケたけど、シリアスにやるとわかりにくいだけな感じがして、最近はいま一つ。

投稿: やずみ | 2007/08/28 02:20

 『Avalon』のゴースト──少女役は、「適役が見つからなかったら兵藤まこを充てた」なる旨がWikipediaに書かれていますね。どんだけ兵藤さんを好きなんだ(笑)。
 『Avalon』も『イノセンス』も淡々としているシーンが、わたしには良かったです。状況説明のためのそういうシーンは苦手ですが、感情描写のためのそれは好き。

投稿: 翡翠 | 2007/08/28 23:07

>兵藤まこさん

 それは初耳。いやー、さすがに『Avalon』のころはどうだろう……と思いましたが、海外なら問題ないか。日本人若く見えるというし。

> 『Avalon』も『イノセンス』も淡々としているシーンが、わたしには良かったです。

 なるほど。そういう感じは確かに私も嫌いではありませんが──いえどちらかというと好きですけど。『去年マリエンバートで』のような──『Avalon』はともかく『イノセンス』はちょっと画面が邪魔な場合が多かったかなあ。『ビューティフルドリーマー』の深夜のキューベルワーゲンでの買い出しとか、アニメだからこそシンプルで必要以上の書き込みがない、必要なだけの画というものが欲しいです。実写のほうが背景を邪魔に感じないってのは皮肉だなぁ。

投稿: やずみ | 2007/08/29 00:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメギガ。:

« 残酷童話風味。『柩担ぎのクロ。』2巻発売中。 | トップページ | レゴでもインディ。 »